a talk : 2006年6月アーカイブ

2006年6月アーカイブ

蛇にピアスはもう読まない

|

蛇にピアス
蛇にピアス
金原 ひとみ (著)

先ほど飲んだ豆乳が咽返っているのか、
文庫化された"蛇にピアス"を読みながら、
通勤途中で吐き気が止まらない。

まじで、新宿駅で引き返して、
家に帰ろうかと思った。
しかし、読むことを止めるという方法で
それを回避することにした。


吐き気は四ツ谷駅に着いてからも止まらない。
何だかロックが聞きたくなった。
iPodの中を弄り、COMPLEXの最高のロックチューン、
CRASH COMPLEXIONを大音量で聞くことにした。
軽快なロックチューンを聞くことで、
蛇にピアスを読んだ不快感を中和する。
毒を以って毒を制するといったところだろうか。

南北線に乗り換えたところで、
同じくCOMPLEXのロックチューン、
DRAGON CRIME(East & West)を繰り返し聴いた。
落ち着いたギターリフの揺れを体全体で感じ、
会社に着く頃には吐き気は治まっていた。

二度と"蛇にピアス"を読むことはないだろう。


金原ひとみの"蛇にピアス"は
村上龍の"限りなく透明に近いブルー"
と比較されているみたいだね。
村上龍は一番好きな作家だけど、
"限りなく透明に近いブルー"は面白くない。
村上龍作品の中でも駄作中の駄作だと思っている。

この"蛇にピアス"は駄作な上に気持ちが悪い。
20ページしか読んでない僕がこんな批評をするのは、
大変失礼なことだと思うが、面白くない。


ただし、文学の様式とかディティールを紐解いて、
その素晴らしさに共感する人については
ある程度理解ができる。

村上龍の描写表現は細やかなそれを幾重にも重ねて、
見事なまでに読み手の想像力を刺激する。
インスタンスが発生した場合には、
その表現を縦に積み上げて、深いものにする。
といった印象がある。

それに対して、
金原ひとみの"蛇にピアス"の描写表現は、
細やかさに欠けるものの、素直でストレート。
淡々とした事実関係を平面に敷き詰めて、
詰め将棋のように読み手の想像力を征服する。

さっき、感情的に駄作と買いてしまったが、
描写表現がストレートすぎて、
オッサンには受け付けなかったということ。
"蛇にピアス"が放つ肉体的な痛さの表現に
詰まれてしまった僕は放棄するしかなかった。
つまり、逃げたということだけど...


村上龍や花村満月といった作家が好きな人は
一度、"蛇にピアス"にチャレンジして
みては如何でしょうか?

ついに、MUSEの新譜が発売です!!

MUSE
2006年6月28日 発売
ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ(初回限定盤)
ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ(初回限定盤)

マシューの変態的な感性が炸裂だ~。
3曲目のSupermassive Black Holeはどこか、
ノスタルジックでエロい感じ。
っていうか、これ弾きながら歌えるの?
7曲目のAssassinは以前までの延長線上に位置する曲かな。
8曲目のExo-Politicsはあまりなかったリズムだね。
9曲目のCity Of Delusionはダイナミックで繊細な曲だし。

アルバム全体を通してMUSEの大成長を覗えます。
ただ、今回のアルバムはこれまでの感じとは異なるので、
好き嫌いがハッキリすると思いますが...

いや~、こんなマニアックなアルバムを作るとは、
一皮ならぬ三皮ほど剥けてしまったね。
僕も仮性包茎から抜け出したい!

んで、MUSEを初めて聴くという人に、
お勧めしたい視聴の順番はこれ。


MUSE
セカンドアルバム
2001年7月17日 発売
Origin of Symmetry
Origin of Symmetry

MUSE
ファーストアルバム
1999年9月28日 発売
Showbiz
Showbiz

MUSE
サードアルバム
2003年9月30日 発売
Absolution
Absolution

そして、今作。
ちなみに、http://www.myspace.com/muse
にて全曲フル視聴が可能です。


icon
icon
LAN Tank(SOTO-HDLWU)
icon
またしても予兆が起きた…

前回、起動しなくなった時もそうなんだが、
iTunesからLANTANKを見つけられなくなる。
変だなぁ?と思ってLANTANKにアクセスしてみると、
接続できなくて、Pingも通らない。

HDDは回転している音はするが、
緑色のランプが点灯しているだけで、
赤色のランプは点灯しない。

術がないので、本体後ろの電源ボタンにて
電源を切ってみるが、電源が切れない。
仕方が無いので、電源タップから電源を絶つ。
前回、起動しなくなった時の初期現象と同じだ…
そして同じ行動で現象を回避してしまった。

この症状が数回(5、6回)続くとLANTANKが壊れると思う。

あー、怖い。。。
経験済みの現象でファイルの吸出し方法は確立したけど、
何度もこんな現象を起すようじゃ使い物にならん。


今回からは復旧方法というよりは、
ファイルシステムを壊さない方法でなんとかしたい。
ってことで、まずfsckについて調査してるんだけど。

とりあえず、
LANTANKの/etc/fstabのデフォルト設定を確認してみた。

LANTANK:/etc# more fstab
# /etc/fstab: static file system information.
#
# filesystem mountpoint type options dump pass
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/hda1 / ext3 defaults,errors=remount-ro 0 1
/dev/hda2 none swap sw 0 0
(省略)
/dev/md0 /share ext3 defaults,errors=remount-ro 0 1
※内容はブログに書く為に編集しています。


起動時のマウントオプション設定は以下。
options
defaults,errors=remount-ro

エラーが起こった時にはリードオンリーで再マウントする。


起動時にファイルシステムのチェックを実行する順序を
決めるオプション設定は以下。
pass
1

システム起動時にfsckチェックを行うか否かの指定。
「0」の場合はチェックしない。
ルートファイルシステムでチェックを行う場合は「1」を指定。
それ以外でチェックを行う場合は「2」を指定する。


fstabの設定に伴う細かな挙動について無知なので、
なんとも理解できないんだけど…
まず、pass設定を”1”と設定している個所が
「/」以外にも存在している。
デフォルトのままだけど、こんな設定で良いわけ?
「/share」については”2”に設定変更した方が良いのかな?

それと、passを”1”で設定しているということは、
システム起動時にfsckチェックを行うということだが、
fsckが正常に走っているのかが疑わしい。
毎回、起動するのがめちゃ早いし。。。

optionsで”errors=remount-ro”と設定してる状態で、
且つ、passに”1”と設定されている場合は、
”errors=remount-ro”が優先されるってことはないかな?
つまり、起動時にfsckチェックを行うがファイルに
問題があればそれを回復させるのではなく、
リードオンリーでマウントしようとするのではないか?
と思ったわけなんだけど、何も確信はありません。

この辺の疑問について、誰か教えて頂けると幸いです。


ついでなので、
tune2fsの起動オプションでも確認してみた。

tune2fs -l /dev/hda1

(省略)
Mount count: 14
Maximum mount count: 32
(省略)


となっているので32回マウントすれば、
e2fsckにてファイルチェックが行われそうだ。
とはいえ、これも確信はないが…

こまめにLANTANKの電源を切ってみようかな。
どのみち、電源を着けっ放しだと、
またアクセスできなくなりそうだしな。


っていうか、
fstabの設定よりもtune2fsの設定が優先されて、
毎起動時にfsckチェックは走らないとか?
もしかして、/etc/fstabのfsckに関する設定項目は
tune2fsで設定した内容を反映するってこと???

あー、わからん。
重ね重ね、良くわからん。

デジタル一眼ブーム到来?

|

GR-Dの性能も引き出せないくせに、
デジタル一眼が欲しくなった。

LUMIX DMC-L1 に魅力を感じるが値段が高い。
Nilkon D200 もなんだか良さげ。
Canon EOS 5D これもなんだか高いな。

やっぱ、カメラに手を出すべきじゃなかったかも…
ちまちま貯金して、いつか買おうかな。


先週末と今週末に下北沢~新宿界隈を
ぶらぶら歩いていたんだけど、
デジタル一眼を首からぶら下げている人を
多く見かけた。
ひょっとすると今までもそういう人を
見かけていたのかもしれないけど、
自分の興味がカメラに向かっているので、
つい目に付いてしまうのかもね。

うーん。。。
でも、やっぱ。
デジタル一眼ブームって到来してるよね?


GR-D 新代田駅
■RICOH GR DIGITAL


バスに乗り、新代田駅で降りた僕は、
下北沢駅の方向に向かってカメラを向けた。
ここの風景はもう10年は変化していない気がする。
東京で好きな駅の一つです。


GR-D 伊勢丹 新宿店
■RICOH GR DIGITAL


下北沢の歯医者を後にして新宿へ向かった。
伊勢丹でブルジョア気分に浸っていると、
クールな黒色のアクセサリーを発見したので、
散々迷った挙句に購入した。

アクセサリーとカメラって何処か似ている。
そんな気がする。

誰かの願いが叶うころ

|

宇多田ヒカル
2006年6月14日 発売
ULTRA BLUE
ULTRA BLUE

"誰かの願いが叶うころ"
この曲の歌詞が最高に好きだ。

誰かの願いが叶うころ あの子が泣いているよ
みんなの願いは同時には叶わない


もしかすると、
幸せの牌は決められた数だけしかなく、
世界中で皆が取り合っているのかもしれない。

何かを手にするということは誰かか何かを失い、
手にすれば手にする程、誰かの何かを誰かが
奪っているのかもしれない。

そんな想いで心が一杯になる曲です。


この曲が主題歌になっている映画といえば、
CASSHERNです。

CASSHERN
2004年10月23日 発売
CASSHERN
CASSHERN

子供の頃にテレビで見ていた"キャシャーン"とは、
別の作品と思ってもよい。
CASSHERNはかなり酷評されているんですが、
酷評する人の知識レベルを疑う。
確かに万人受けする映画ではないかもしれないが、
マトリックスやエバンゲリオンを面白いと感じる人は
CASSHERNを最高に評価するんじゃないのかな。

僕はCASSHERNという映画のカタルシスを感じたし、
細かなディテールも楽しめた。
一番好きな映画の一つとしてDVDを買いました。
まあ、一つ言うことがあるとすれば、
「全部盛り込み過ぎ!」ってことでしょうか。

伝えたいことを全部一つの作品で
表現しようとした感じが見受けられます。

まだ観たことの無い人は是非、一度は観て欲しい。


ついでなので、レミオロメンの新譜のレビュー。

レミオロメン
2006年5月17日
HORIZON
HORIZON

本作は前作のether[エーテル]を超えているか?
そんな話題で持ちきりの最新作がHORIZONです。

HORIZONをこの一ヶ月あまり聞き込んでみたが、
聴けば聴くほど薄っぺらく感じる作品だった。
個別の曲を聴いてみると完成度は高い。
本作からアレンジがよりゴージャスになって、
荒削りの部分が見えなくなっている。
その荒削りの部分にレミオロメンの良さを
感じていたファンは物足り無いのだろう。

アーティストとしての成熟度も増しているので、
荒削りの部分はどんどん無くなるはず。

アルバムとしての完成度が増した分、
レミオロメンの荒削りの良さが消えて、
感銘度も低い作品になってしまった。
そんなふうに感じる作品だった。


成熟度と完成度は必ずしも一致しないし、
完成度と感銘度も必ずしも一致しない。

彼らが持つ文学的な叙情を
もっと感じられる作品を期待したい。

忘れない様にarikawa.comを取得した時の
経緯を記録しておこうかな。
実際にドメイン売買を行ったのは、
2005年11月中旬~下旬にかけてです。

”arikawa.com”

このドメインを取得した動機っていうのは、
なんだったけな、忘れた…
僕が有川って名前であることは間違いない。
既存サイトの全面リニューアルを考えていた時に
レンタルサーバーと合わせてドメインも取得
するつもりだったと思う。

とにかく、$600ドルと言う金額で
arikawa.comが売られていた。

売られていたとはどういうことか?

arikawa.comにアクセスすると、
下記のページが表示された。

arikawa.comが売られていた画像

つまり、
「arikawa.comを$600で売りますよー」
ってことでしょ?
僕は憤りを強く感じた。

英語のページだから細かなニュアンスはわからんが、
外国人が日本人名+ドットコムを取得して他者へ
転売するなんぞ言語道断!!

調べてみたけど、別の日本人名+ドットコムも
結構外国人に取得されてるね。


大和魂に火がついたというか…
勝手に「有川」の代表者にでもなったというか…
とにかく、そういった類の気持ちが沸いた。

そして、この時期は突発性難聴という病気になって、
自暴自棄でだったことも大きな要因かもしれない。
海外のドメイン売買っていうと胡散臭く、
概ね詐偽にでも合うかの様なイメージがある。
むしろ、ドメイン売買詐欺にでも合って、
話のネタにでもなれば良いかなと思ったわけです。

こうやって無事にarikawa.comを手に入れていますので、
その時の経緯がこれからドメイン売買をする方の
参考になれば良いと思います。
なお、事前に以下の物を所有していると売買がスムーズです。

・クレジットカード
・DNS登録できるサーバー(レンタルサーバーでも可)


まず、arikawa.comトップページに記載されている
Your offer (US$)という項目に$600と記入せず、
$300と控えめの数字を記入した。
英語で値段交渉をやってのけるスキルなんてないが、
とにかく値切り交渉だけはしてみたい。

次の画面に進むと購入動機って項目があったので、
「私の名前は有川です。」を英語で書いた。
そして、以下のどのサービスを使用して購入するか
を選択してくれと書かれている。

・escrow.com
・sedo.com
・直接的な売買方法


なんだこれは?
ネット上で調べに調べましたところ。
海外とのドメイン売買には必須的なサービスだとわかる。

直接的な売買方法ってのは恐らく、
ドメイン所有者と直接決済にて購入する方法だろうな…
と直感的に理解できたので、これは無理。

escrow.comとsedo.comのサービスの信頼度については、
ネット上に手記などの資料がなくて困ったが、
sedo.comについては手数料の関係で見送ったと思う。

escrow.comを使用すると売買がスムーズです。
という文章がページ中に書かれていたので、
escrow.comを選択することにした。
相手の勧めるサービスで騙されるのも面白いし。

しばらくすると、ページ開設者からメールが来た。
ドメインの所有者は$600ドルで販売を希望している、
要求に答えられない場合はドメインの所有者に知らせてくれ。
といったニュアンスの内容だった。

ドメインの所有者に連絡しろといわれても、
WHOISで見る限りロシア在住の人なんだよな…
ここで解ったのがページ開設者もある種の仲介サービス者で、
ドメインを管理しつつ売買窓口を開いているみたい。


つまり、状況的にはこういうことかな。

ドメイン所有者(ロシア在住者)

ページ開設者(仲介者)

escrow.com(売買仲介サービス)

ドメイン購入希望者(僕)


あまり値切り交渉をして値段を吊り上げられても困るので、
思い切って、$600で購入することにした。
ちゅうか、$600が高いか安いかはその時の気分次第。
為替は円安トレンドでじゃんじゃん安くなるし、
金で買える満足がそこにあれば今すぐ買うべきだと思った。

$600で購入する旨のメールをページ開設者に送信すると、
escrow.comから所定のURLにてエスクローサービスを
開始する。といった内容の連絡メールが来た。
URLをクリックすると、arikawa.comが仲介商品として
記載された売買専用ページの一部が表示されている。
ただし、escrow.comに僕のアカウント登録が無いので
サービスを使えないみたいだ。


そういうことか…
なんとなく見えてきたぞ!
エスクローサービスってのはとても良いシステムだ。
簡単に概略を説明すると、
売買目的の両者の取引に必要な手順が区切られていて、
一つ一つのレイヤについてお互いが売買手順を正当に
コミットしない限り、決済されない仕組みだ。


ドメイン売買の売買レイヤは概ね以下の様に分かれている。

①売り手
→escrow.comにドメイン売買目的のページを作成する。
②買い手
→escrow.comにアカウントを作成する。
③買い手
→売り手が要求する金額をescrow.comにプールする。
④売り手
→レジストラよりドメインのロックを外す。
⑤買い手
→売り手が契約のレジストラにトランスファーを要求する。
⑥売り手
→買い手のトランスファー要求を許諾する。
⑦買い手
→DNSの変更を確認後、売買成立を許諾する。
⑧売り手
→escrow.comから代金を受け取る。

ちなみに、escrow.comは売買が成立した場合に
手数料を受け取ることができます。
(売買手数料は予め商品金額に上乗せして買い手へ請求)


というわけで、
僕はescrow.comにアカウントを作成した。
次にお金をプールする方法として、
カード決済と銀行振り込みを選択する項目が
あったのでカード決済を選択してカード番号を入力する。
入力桁数が合わないので一瞬だけ焦ったが、
海外のカード決済の場合は16桁のカード番号+3桁の番号
を入力する必要があるみたいだ。

19桁のカード番号を打った後、
何やら難しい英語のページが現れた。
どうやら、カードの両面を指定の番号宛に
FAXで送ってくれと書いてあるみたい。
どういうこと?

かなり不安になったので調べていると大体理解できた。
海外でのカード決済はカードの不正使用を防止する為に、
FAXなどでカード番号を確認する場合があるみたいだね。
とにかく、海外へのFAX送信も初めてのことなので、
国際番号の入力方法すらわからん。

いちいち調べながらの作業なので、
確信が持てずに不安になる。
海外とのやりとりの場合、相手と時差があるので、
その辺は否が応でも辛抱して待つしかない。


翌日、ページ開設者からこんな内容のメールが送信されて来た。

エスクローはあなたの支払いを保証しました。 私たちはドメイン名をアンロックしました。 Registrarに転送要求を開始してください。そうすれば、私たちはそれを確認するつもりです。あなたが2営業日以内に転送要求を開始しないなら、私たちはTucows Registrarを通してドメインをあなたの側に移すつもりです。(その場合、Tucows Registrarの中でドメインを所有できるでしょうが、あなたは60日間別のRegistrarにドメインを動かすことができないでしょう。)


なんとなく、現状が理解できた。
こちらから、トランスファー要求を出せば、
所有者側で要求を許諾するってことみたいです。

こちら側が指定するレジストラにトランスファー要求が
出されない場合はTucows内でドメインを所有できます。
でも、その後、他のレジストラに動かしたくても60日間は
動かすことができません。

僕がレンタルしているサーバーは「さくらインターネット」
さくらインターネットの親玉は「メルボルンIT」なので、
メルボルンITから要求を出せば良いのかな?と思ったが、
さくらインターネット側でやってくれるみたい。

ってことで、さくらインターネットの管理画面で、
トランスファー要求を出したら許諾された。
あわせて、名義変更依頼も出しておく。

そして、これが大事なんだけど、
ドメインをロックしておきましょう。
知らない奴からトランスファー要求が来て、
間違って許諾してしまう。
といったドメイン乗っ取り事故を防げます。

DNS情報の変更が行き渡るまで、
escrow.comの売買成立を許諾するつもりは無かったので、
DNS情報の更新を待っていた。
申請からDNS情報の更新まで3日ぐらいかかったけど、
無事に変更が確認できたので、売買成立の許諾をした。

晴れて、僕はarikawa.comに所有者になったわけです。
本当に大変面白い経験でした。

GR DIGITAL 白黒画像でお試し

|

GR DIGITALで白黒画像を撮ってみた。
まあ、当たり前の話かもしれないけれど、
RGBの各データを保持して白黒画像を生成する。
グレースケールでは無いってこと。

GR-D ブタの貯金箱
■RICOH GR DIGITAL


白黒画像も面白いね。
GRレンズってのは被写体の本質を誇張するのかな?
無機質であるはずのブタが主張してくる。

GR DIGITALは恐ろしく素人を楽しませてくれるカメラです。

 1  |  2  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ