a talk : 2006年12月アーカイブ

2006年12月アーカイブ

今年の反省と来年の抱負

|

僕

さてさて、日付を回って今日。
29日の出社が僕の仕事納めです。

ブログの更新も今年はこれで納めます。
とても充実してた一年でした。
今、TBSで放送している、
小田和正の「クリスマスの約束2006」を
見ながら書いてますが。
やっぱり、音楽って良いですね。
涙が溢れそうです…

今年、失ったものは音楽かもしれない、
その代わりに写真を手に入れました。
仕事にも力を注いだ気がします。

来年は音楽もちゃんとやりたい。
写真も沢山撮りたい。
仕事ももっと頑張りたい。


大きな目標を失っている僕だけど、
目の前にある小さな一つ一つの出来事に
全力で取り組む姿勢を持ちたいです。
そうすれば、次の欲望が見えてくる気がします。

来年は「前向き」な男でありたいです。
それでは、良いお年を!!

ちょっとしたオペレーション確認の為に、
「SONAR TALK」って曲を作りました。
良かったら聞いてください。

SONAR TALK

曲名:SONAR TALK
リリース日:2006年12月24日
作曲者:有川 晃貴


SONAR6にアップデートしてから、
音楽に対するモチベーションが上がってます。
イントロダクション的なインストの曲です。
この曲の9割はSONAR6だけで作成しています。
音の素材を何本か重ねてループさせました。
癖になる感じや期待感と対話感が伝われば、
良いなぁと思ってます。

ところで、この曲を使って、
誰かマッシュアップしませんか?
どんな感じでも良いのでリミックスとか、
ギター入れたりとか自由に使ってください。
宜しくお願いします!!

六本木は光りのモダン東京

|

六本木を歩いていると、
大都会の幻想を見ているみたいだ。
未来の東京が此処にはある。

gr-d_hikaruki_061223""
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_hikarumoji_061223
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_roppongihills_061223
■RICOH GR DIGITAL


六本木のイルミネーションを観るために、
沢山の人々が往来している。
東京の中のモダン東京を物珍しさ見物だろうか?

地方から来る東京見物人の様に、
東京から六本木見物に来ているんだろう。


六本木ヒルズが誕生してからの六本木は、
人は招き入れている感じがする。
だけど、訪れた人にもう一段上のステータスを
要求して突き返す様な気もするなぁ…


六本木は僕にとって、
まだまだ敷居が高い場所です。

iPod nano 2ndを買った

|

自分へのクリスマスプレゼントとして、
iPod nano 2ndを買った。容量は2G。
第2世代って言われてる奴ね。
色はシルバーです。

iPod nano 2nd

二年前に買ったiPod miniは電池が
充電できなくなって壊れた。
これも二年ぐらい持てば良いかね。

容量的に2Gじゃ少ないかな?と思ったけど、
iPod miniの時は6Gもあって、
余計な曲を持ち運んでも聴かなかったし…
2Gあれば十分かなと思ったわけです。
あと、2Gだと17,800円でお求め安いしね。

付属品は以下の物を買ってみた。
■ヘッドフォン
発売元:audio-technica
型番:ATH-C602
色:WH

■シリコンジャケット
発売元:POWER SUPPORT
型番:PNJ-21
色:ナチュラル


つうわけで、
音楽LIFEの再開です。

福山雅治「PHOTO STAGE」~記憶の箱庭~

福山雅治「PHOTO STAGE」~記憶の箱庭~
写真展会場:六本木ヒルズ52階
開催期間:2006年12月6日~2007年1月14日


クリスマスムード一色の今日。
福山雅治の写真展へ足を運んだ。

会場には老若男女のお客さん。
福山雅治の人気が不動である理由が良く解る。

自他共に認める福山オタの僕にとって、
福山雅治が被写体の写真については、
これまでも随分観てきたと思う。
しかし、今回の写真展は彼が撮った写真も並ぶ。
この間発売された写真集の
「f5.6のハロー 1/125のサヨナラ」は購入済み。
ただ、忙しさから封を開けてなかった。


今回この写真展を観て思ったこと。
福山雅治という人間は最高の被写体だと思う。
やはり、絵になる男だな…
美しい男のONとOFFの写真を観ていると、
努力することにモチベーションが沸く。

僕は福山雅治という男に惚れている。
ずっと惚れている。


でも、彼が撮る写真については良いとは思えない。
僕が写真を始めちゃったからそう思うのか?
それとも、もっと良い写真を沢山観ているからだろうか?
何れにせよドラマチックな写真を撮る人じゃないね。

彼の音楽、彼の声、彼の存在。
その全てが好きだけど。
写真家としての福山雅治には拍子抜けした。
植田正治を先生と語る福山雅治ではなく、
先生と呼ばれる福山雅治になってください。


それが、福山雅治を愛して止まない、
僕からの一言です。

コーヒーゼリーとか好き?
僕はあまり好んで食べる人ではないです。
ただ、これは美味しいですよー。

MEGMILK
クリーム&コーヒーゼリー

クリーム&コーヒーゼリー

香りはもちろん、苦味や渋みなど、バランスの良い本格的なコーヒーの風味にこだわったゼリー。まろやかな甘味のクリームとのベストハーモニーをお楽しみください。コーヒー本来のおいしさを引き立たせ、なめらかなクリームとのベストハーモニーを引き出す、絶妙なゼリーの食感にもこだわっています。


ちゅうか、MEGMILKかよ…
ブログ書く為に公式サイト検索して知った。
ま、美味しいので許そう。

コーヒーゼリーの上にクリームが満ちている。
普通、こういったデザートを食べる時は、
クリームとゼリーの配分を考えながら食べるよね?
でも、この「クリーム&コーヒーゼリー」は不思議です。
そういった配分感覚は無視して食べられます。

どういうこと?って思うでしょ。
なんか解らんのだけど、そういうこと。
なーんも考えずにスプーンでスクって行くと
コーヒーゼリーにクリームが落ちます。
最初から最後まで落ちて行きます。

最後、クリームが足り無いじゃん!
ってことにはなりません。
こういうのって不思議です。
是非、一度は食べて見る価値有り。

明治いちごミルクの懐かしさ

|

ちょっとした仕事の息抜き。
最近の僕のお気に入りはこれ。

明治乳業
明治いちごミルク

明治いちごミルク

生乳をたっぷり使用し、生乳本来のまろやかなコクとキレが楽しめる乳飲料ベースに、乳とよく合うと言われている「いちご果汁」を加えています。 牛乳の新しいおいしさを引き出し、新たな飲み方を提案いたします。


これさー、目から鱗だよ。
子供の頃にイチゴに牛乳と砂糖をかけて、
潰して食べたよね?その味。

懐かしさもあるけど、程好い甘さが良いです。
丁度、17時ぐらいの疲れ脳にガツンとお飲みください!

 1  |  2  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ