a talk : 2009年1月アーカイブ

2009年1月アーカイブ

電車で化粧をする女性が嫌いだ。
今、通勤に使っている路線は電車の中で、
化粧をする女性にやたらと出くわす。

前に使っていた路線ではあまり見かけなかったが、
どういうことだろうか…

向かいの席や離れた場所で化粧をされる分には、
良いのだけど、隣の席で始まったら強烈に気分が悪い。
ずっとここ一年ぐらい考えを整理していたけど、
なかなか、電車の中で化粧をされる側の気分を表現する
言葉が見つからないので困ったものだ。

朝の時間帯などは座って会社に行くことが多いのだけど、
となりの席が空いていた場合は、女性が座らないでくれと
願っている自分が居る。特に若い女性の電車での化粧率が
高い気がする。大体の場合、座席に座った直後にカバンを
ゴソゴソし始めて、気が付いたら化粧をしている場合が多い。


考え方の違いや気にするポイントは人それぞれだろうけど、
僕は電車で化粧をする女性が嫌いだ。

どうやってこの不愉快な思いを相手に伝えようか?と考えるけど、
それもなかなか見つからないよね。隣で化粧をしている女性を
じっくり見てみたり、咳払いをしてみたり。
そんなんじゃ、不愉快な思いも伝わらない。。。

何度かハッキリと伝えてみようかと思ったけど、
多分、「そんなの私の自由だろう?」と言われれば、それもそうか。
と思えてくるので、なかなか言えない。
「何か迷惑掛けてますか?」って話なら、実際は迷惑を掛けている。

女性にはわからないかもしれないが、化粧をされている横の人間は、
臭い上に、粉が飛んできて粉っぽい不愉快な思いをします。
逆に言えばその程度なのだけど、「この電車はお前の家か?家でやってこい!」
と声を荒立てた所で、きっとお互いの考えは平行線でしょうね。

自由と価値観の違い。難しいです。


で、本日もそんな女性の横で通勤したのですが、
何故そんなに僕は電車で化粧をする女性が嫌いなのだろう?
ともう一度ゆっくり考えてみました。

そうすると、自分の中にある考えの中で、
「人前で化粧をする=だらしない、みっともない」という考えが
あるみたいです。さっきの話ではないが、家でやってこいよ!
と思っているからだと思います。
その「だらしない、みっともない」という考えは、
”箸の持ち方が下手糞”だったり、”挨拶が出来ない”とか、
そういったマナーや躾が成って無い人と同じに感じているのかも。


恥の文化と言いますか…
恥の部分が大分、この社会には無くなった気がしますね。

いつもより早起きする生活

|

二週間ぐらい前からですが、
生活スタイルを変えています。


「いつもより早起きする生活」


以前、起きていた時間帯よりも、
一時間半ぐらい早起きをする毎日です。

で、早く起きているからといって、
会社に行く時刻はこれまでと同じです。
出社までの時間をゆったりと過ごしてます。
この贅沢な時間が何だか気に入ってしまい、
当分続けようかと思っています。


早く起きてゆっくりとした朝の時間を過ごすと、
イライラとかストレスが無くなる気がします。
髪や肌の状態も少し良くなった気もしますし、
夜も早めに就寝するので健康的ですね。


夜型を朝型に変えるって感じでも無いのですが、
しばらくはどんな効果が現れるか楽しみです。
飛躍的に効果が出なかったら、元に戻しますけどね。

audio-technica「ATH-C730M」を買ったので、
そのレビューとiPod nanoの設定を語っちゃいます。


これまでは、以下のヘッドフォンを使っていました。

発売元:audio-technica
型番:ATH-C602
色:WH


低音は弱かったのですが、中音域が鮮明に聴こえて、
iPod nanoのEQを”Rock”に設定すると好きな音になりました。
買い溜めしてまで、ずっと使っていましたが、
ラインアップから消え去ったので手に入りません。。。


そこで、「ATH-C602」の後継となる機種はどれだろう…
と探してみた所、以下のヘッドフォンが後継ですかね。
最近は、カナル型が主流だからでしょうか?
インナーイヤー型はあまり売られていませんね。


発売元:audio-technica
型番:ATH-C730M
色:WH

audio-technica ATH-C730M WH
ATH-C730M WH


「ATH-C602」に耳慣れた僕は「ATH-C730M」が篭って聴こえます。
低音が大きすぎて、中音域が鮮明に聴こえませんでした。
失敗したかなぁ…、と思いながら一週間程エージングをしましたが、
案外、耳慣れてくるものですね。。。
「ATH-C730M」はインナーイヤー型なのに、低音が際立ちます。
割とフラットに近い音作りなのかもしれません。

iPod nanoのEQを色々変えてみると、一つだけ好きな音になります。
その設定は”Spoken Word”って設定でした。
”Rock”や”Pop”だと、めちゃめちゃ篭った音になるので注意です。


では、”Spoken Word”って実際の周波数特性はどんなのだろ?
やっぱり、疑問に思うので以下のサイトで確認した。


[ iPodプリセットイコライザ周波数特性の実測 ]


やはり、中音域が持ち上がっている様ですね。
僕はギターが際立つ帯域が好きなのでこうなります。
なかなか、自分の気に入ったヘッドフォンには出会えませんが、
その都度自分の好きな環境を探すのも醍醐味です。


関連記事
iPod nano 2ndを買った

「関係の空気」「場の空気」を読んだ。
秋頃に購入したのに、やっと読み終えました。

この数年、思う所があり。村上龍が推薦しているなら!
ってことで、評判の良さげなこの書籍を買った。


「関係の空気」「場の空気」
冷泉 彰彦 (著)
「関係の空気」 「場の空気」
「関係の空気」 「場の空気」


村上龍が主催するJMMでエッセイを書いている著者だったので、
僕を成長させてくれる書籍になるのだろうと期待していた。
僕は村上龍が大好きで、JMMは発足当時から読んでいる。

だけど、この冷泉彰彦という著者が書いた本書は面白くない。
こんな面白くない書籍をチョイスしたショックはあったが、
最後まで読んでから結論づけようと思った。
だから、読み終えるのに時間を要してしまった。
文体やエピソード、その考えやアプローチについて、
共感できる部分も考えさせられる部分も少なかったからだ。

この「関係の空気」「場の空気」は書評が沢山書かれています。
大抵の方がとても面白いと書かれていて不思議です。
ひょっとしたら、僕には理解できない部分が多いのかなぁ…


本書は日本人のコミュニケーションの場の”雰囲気”を、
「空気」という言葉を使って紐解こうとし、改善を提言している。


僕もコミュニケーションには様々な取り組み方を実践しているが、
本書が語る方向性や「空気」の捕らえ方はあまりに短絡的で、薄っぺらい。
場が持つ「空気」っていうのは、もっと多様であると思う。
コミュニケーションの改善には「言葉」の改善だけでは、難しいだろう。
それに、「です・ます」を使って対等な関係性を目指そうと言っているが、
そんな小手先のテクニックでは良好な関係性は作れない。
ましてや、「空気」は操れないと思う。

昨今の日本が持つ雰囲気を考察し、コミュニケーションの改善を
試みたい方には薦めできない。
テクニカルな部分をもっと具体的に掘り下げて欲しいし、
今の日本のコミュニケーションは著者が知る環境よりも崩れている。
本書は時間を掛けて読む必要は無いと思う。


ただ、一つだけ、以下の部分は面白かった。

第5章 日本語をどうつかうか?
提案その一、ちゃんと語ることで日本語は伝わる
提案その二、失われた対等性を取り戻すために


なんか、具体的な事象を取り上げて、批評できれば良かったが、
上手く説明出来ませんね。僕が昨今の日本が持つ「空気」について、
まだ分析が出来ていないことが原因だと思います。
これから僕達が日本でコミュニケーションを取る際に、
今までの常識や経験が通じないケースが多く出るでしょう。


憂う気持ちで一杯ですが、憂いてばかりじゃ何も変わらない。
ここ数年は特に思う所がありますが、僕は僕が思う方法で、
「空気」を上手く操れる男になりたいです。

最近ツイてなさすぎ…

|

最近ツイてなさすぎ…
どうツイて無いかって?

それはもう、全部ですよ。
やることなすこと、全部がダメです。
おまけに体調も悪い。


そんな中。。。
youtubeを何気なく観ていると、
やしきたかじんの歌。

「東京」
「なめとんか」
「やっぱ好きやねん」


『たかじんnoばぁ〜』で聴いた以来やな…
少し年齢を重ねて、たかじんの歌の良さが、
より一層心に染みます。
やっぱ、たかじん最高にイイわ~。


鼻歌でも歌って気分を変えよう。

ZOZOのWINTER SALEで買いました

|

2009年冬のバーゲンは出足が遅れてしまい、
じっくり買い物ができませんでした。
お店ではある程度、目ぼしい商品をチェックしていたので、
改めて、ZOZOのWINTER SALEで買いました。

green label relaxing ニット


green label relaxing」のニットです。
店頭ではこれと同じ形の別色のパーカーが売っていました。
本当はそれが欲しかったのですが、売り切れです。残念。


YVES ANDRIEUX バッグ


SHIPS JET BLUEで取り扱っている、
YVES ANDRIEUX(イヴ・アンドリュー)のトートバッグです。
このバッグ、ハンドメイドの風合いがあるのですが、
販売価格が通常¥18,900とありえない金額です。
50%OFFで買いましたが、それでも高い気がします。
フランス製って所に為替差益分が乗っかっているのでしょうか?
YVES ANDRIEUX(イヴ・アンドリュー)は他のセレクトショップでも、
取り扱っているみたいですね。フランスでも人気なのかな。
勉強になりました。今後もチェックします。


リアルなお店で商品を確認できているなら、
ZOZOで、一括で購入しても良いかもしれませんね。
バーゲンは人が多くて辛いです。
ZOZOの場合もすぐに売り切れるので、気合が必要ですが…

効果的に使い分けられれば、安くてお好みの服が買えるかも。

2009年新春初売りに行った

|

2009年新春初売りに行った。
今シーズンの秋冬は一着も洋服を買っていません。
というか、最近はあまり洋服を買ってないです。

green label relaxing ニット


いつもの「green label relaxingで、ニットを購入しました。
バーゲンって、欲しいと思える商品が残ってないものですが、
今年は欲しいと思える服が多く残っていた印象です。
しかも、バーゲンの割引率が全品40%引きだった。
これは購買意欲の沸く数値ですね。


他にも「EDIFICE」や「nano・universe」も見ましたが、
欲しいと思える商品が残っていませんでした。残念…
やはり、バーゲンは初日に行くべきですね。

ところで、「URBAN RESEARCH」って、
凄い人気があるんですね。ビックリしました。
素敵な帽子を買いそうになりましたが、似合ってるか判断できず…
結局買いませんでした。また、チェックしてみます。


今日はこの一点だけしか買っていません。
ZOZOTOWNのバーゲンもやってるので、そっちで物色します。
慎重に節約モードです。

 1  |  2  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ