a talk : 2009年4月アーカイブ

2009年4月アーカイブ

布袋寅泰「GUITARHYTHM V」ツアー二日目。
2009年4月28日(火)の公演を観る為に、
新宿にある東京厚生年金会館へ行ってきました。

布袋寅泰 2009年4月28日 東京厚生年金会館


布袋寅泰 2009年4月28日 東京厚生年金会館


布袋寅泰 2009年4月28日 東京厚生年金会館


布袋寅泰のライブは「GUITARHYTHM Ⅱ~Ⅳ」まで行き、
1998年のフジロックで観たのを最後に遠ざかっていました。
今日、久しぶりにHOTEIのギターを持つ姿を観ましたけれど、
年齢相応のシルエットだった気がします。
観客も僕を含めた大半が30代~40代の良い大人でした。
高校生や大学生に愛される存在では無くなったのかもしれません。


さて、肝心のライブの感想ですが、、、
最初の方は「GUITARHYTHM V」の選曲が中心でした。
「GUITARHYTHM V」の曲は盛り上がりに欠けていたと思います。
やはり、往年のギタリズムシリーズを期待してしまうし、
「GUITARHYTHM V」の楽曲はまだ熟成が足りないのですよ。
また、何年かしたら「GUITARHYTHM V」の曲も盛り上がるはず。


前半戦ではテンションが上がりませんでしたが、一転。
CGのオープニングを挟んで各ギタリズムシリーズの楽曲が、
ギタリズムⅣ、ギタリズムⅢ、ギタリズムⅡ、ギタリズムへと…
時代を遡るかの様に次々と披露されました。


”まるでタイムマシンに乗っているような感覚”


そうですね…
この世にタイムマシンがあるとしたら、
それは音楽なのかもしれませんね。
僕は今日、そんな気持ちで一杯でした。
もう過去へは戻りたくは無いけれど、
あの日の気持ちを思い出したいなら音楽を聴けば良い。
いつでも過去にだったら行ける気がする。

肉体と精神は今のままで、過去の気持ちを取り戻せる。
音楽はそんなタイムマシンになります。
「SURRENDER」で涙が沸いてきて、「DIVING WITH MY CAR」で溢れた。
「LONELY★WILD」は少年の頃よりも現在に染みました…


そういえば、サイドギターのメンバーが居ませんでしたね。
ギターは布袋寅泰一人でした。
シーケンサーでギターを被せた楽曲もありますし、
エフェクターにその場でRECして被せた楽曲もありました。
テクノロジーの進歩と彼のテクニックの向上が垣間見れます。
エフェクターにその場でRECできる状況なんて、数年前までは、
技術的にも容量的にも難しかったですよね。
音源をメモリに書いて瞬時に呼び出せる現在のテクノロジーが、
ギタリスト布袋寅泰のテクニックに影響を与えています。


そして何よりも今回サイドギターを起用しなかったのは、
彼自身の「GUITARHYTHM」に対する想いからじゃないでしょうか?
「GUITARHYTHM」に対する敬意。そして、挑戦。
自分の奏でるギターの音で「GUITARHYTHM」シリーズを奏でたかった。
そんな思いがあったのかもしれませんね。
久しぶりに聴いた彼のギターサウンドは、弾くというよりも。
叩く、そぎ落とすといった形容が似合う鋭く深い音でした。


普段はライブ会場でグッツなどは買わないのですが、
今日は買ってしまいました。布袋模様のマフラータオルです。
色合いがオシャレだったのと、ライブを観終わった興奮で、
グッツ売り場に直行しちゃいました。それも良しだな。


以下、本日のセットリストの記録です。

01.GUITARHYTHM RETURNS
02.INTRO ~Welcome to G.V~
03.DECALOGUE
04.SCIENCE KILLED THE FUTURE
05.SUNSHINE OF YOUR LOVE
06.風の銀河へ
07.TiC TaC
08.VICIOUS BEAT CLASHERS
09.OPUS
10.天空のDIVA
11.アストロノーツ
12.TIME HAS COME
13.SERIOUS?
14.SURRENDER
15.MILK BAR PM11:00
16.UPSIDE-DOWN
17.さよならアンディ・ウォーホル
18.DIVING WITH MY CAR
19.ROCK 'N' ROSE
20.BEAT EMOTION
21.PRISONER
22.LEGEND OF FUTURE
23.C'MON EVERYBODY
24.GLORIOUS DAYS

ENCORE-1
01.薔薇と雨
02.MERRY-GO-ROUND
03.DANCING WITH THE MOONLIGHT

ENCORE-2
01.LONELY★WILD
02.FLY INTO YOUR DREAM

KIRIN「キリンフリー」ノンアルコールを飲んでみた。
CMで瑛太が美味しそうに飲んでますよね。

KIRIN FREE


この手のビールテイストの飲料って、
遊園地とかにありますよね。
周りがお酒を飲んでるのに飲めない辛さ…
そんな貴方にノンアルコールの「キリンフリー」です。
0.00%アルコール。つまりFREEなわけですな。


KIRIN FREE


飲んでみた感想は以下です。

・紅茶?の様な風味
・口に入れた瞬間はチリチリしてビールっぽい
・ノド越しが甘く感じる
・色は何だか若干濃い目
・炭酸は何だか弱め目


結局、ビールテイストっていうか、別の飲み物。
これをチョイスしてまで飲まなきゃいけない気持ちって、
ある意味、アルコール依存なのかもね。
ってことで、ビールを求めて飲むものではないかな。

映画「レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐」を観てきた。
ネットで事前予約して映画館に行くのが楽しいです。

レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐


先週テレビで「レッドクリフ PartⅠ」」を観ました。
これから、赤壁の戦い!って所で、終わってるもんだから…
気になって続きを観に行きましたよ。

レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐

丁度、赤壁の戦いから始まります。


僕は三国志の予備知識が殆どなかったので、
三国志を知ってる人のこの映画の賛否は良く解りません。
ただ、この映画は二部作で上手く纏まっていると思いました。
戦いのシーンはそれなりにダイナミックですし、
ジョン・ウー監督ならではの映像感というのを感じますね。

三国志に少し興味を持ちました。
少しづつ勉強してみたいなと思います。


なんか、大した感想を書けないでいますが…
その訳を考えていました。
その理由が解った気がします。。。

この映画、「レッドクリフ PartⅠ」「レッドクリフ PartⅡ」共にですね。
リン・チーリンていう、女優の妖艶さに全部持って行かれてます。
どんな迫力のあるシーンも知力溢れる奇策も、リン・チーリンが登場で、
ぐっと、画面がエロスになるっていうか…
こんな女優が出てくるんですね。ビックリです。

ある意味、台無しにしていると言うべきかもしれませんが、
リン・チーリンが演じる小喬を観るだけでも価値があります。


こういう顔、タイプじゃなかったけど、ハマりました。
日本人でいうと、、、葉月里緒菜っぽいですかね。
とにかく、エロスですよ。エロス。

モンテール「牛乳と卵のカスタード&ホイップシュー」が美味しい。
手軽に買えて、手頃なお値段で満足する洋菓子。

モンテール 牛乳と卵のカスタード&ホイップシュー


素材の風味豊かな2層仕立てのシュークリームです。自家炊きカスタードと、口どけの良いホイップクリームを、香ばしいパフにつめました。


僕はカスタードが好きじゃないので、
普段はシュークリームって普段は食べません。
だけど、この「牛乳と卵のカスタード&ホイップシュー」は、
ホイップクリームが沢山入っていて、サッパリしています。
結構、大きいので大人には胸焼けしてしまうかもしれませんが、
カスタードだけのシュークリームよりは良いと思います。

モンテールの洋菓子が置いているスーパーが近くにありまさら、
是非、一度食べて欲しいですね。
どこかのケーキ屋さんで値段の高いシュークリームを買うなら、
モンテールのシュークリームを食べてみては如何でしょう。


男だって、スイーツ好きなんですよ!!

映画「クローズ ZEROII」を観てきた。
大人になってもヤンキー映画ですか?

クローズ ZEROII


少し前ですが、テレビで「クローズ ZERO」を観ました。
文句無しに面白い作品だったので、続編に期待していた。
今日、その続編「クローズ ZEROII」が公開ってことで、
映画館に行きましたよ。

公開初日ってこともあり、座席は満席です。
何故、この時代にヤンキー映画ブームなのだろうか?
クローズ以外にも流行っている気配ありですよね。


こういう風潮って絶対良くないと思うんですけど、
観客を動員できるから、流行るんでしょうね。
観客が動員できる理由の中にも色々あると思いますが、
一つは「置いてきた青春」ってやつですかね。
昔やんちゃしてた世代の人が観て、懐かしむパターン。
もう一つは、「ミーハー気分」ですかね。
小栗旬や山田孝之など役者目当てのパターン。
あと一つ考えられるのは、「感じる熱い想い」ですかね。
この映画に失われた何かを感じるパターン。


僕はこの映画は人生や世の中その物だと感じました。
鈴蘭男子高校が持つ個の性質は会社や地域内にも存在し、
時に、一丸となって目標に向かう事を困難にしていたりもします。
また、小栗旬が演じるそのリーダー像も悩み苦しみながら、
人をまとめることの課題を投げかけている気もします。

一方、「クローズ ZEROII」で登場する鳳仙学園は、
統制の取れた集団で、一枚岩です。
そのリーダー像っていうのも明確に映し出されています。
また、この映画は人の慈悲っていうのもテーマかもしれません。
許したり、受け入れたりすることが強く描かれています。


大人が観て楽しめる映画であることは間違いないですね。
だから、大人には観て欲しいと思いますけど、、、
やっぱり、子供は観るべきじゃないと思います。

子供って影響されやすいですよ。時代は繰り返すと言いますが…
こういう作品に影響されて、人生を変えてします子供も居るでしょう。
子供って表面的な強さとかカッコ良さに憧れますよね。
この作品が持つ本当の良さは裏に隠れているとしたら、
表面にある暴力的な男の威勢って物に憧れてしまうかもしれません。


僕らの世代はこういうの沢山あったから、ダメですね。
できれば、こういうのは流行らない方が良い。
この映画は大人が楽しんでください。


ちなみに、「クローズ ZEROII」はイマイチでした。
やっぱ、初回作のインパクトには敵いませんよ。
岸谷五郎の役回りは「クローズ ZEROII」が良いですけどね。

RICOH GR DIGITAL2のセッティングについて、
最適な設定はなんだろう?なんて考えています。

RICHO GRD2


ずっと、GR DIGITAL2を使ってまして、
写真が意図した描写にならないことが多かった。
何度も同じ条件でトライできる状況なら、
撮り直せば良いのかもしれませんが、そうはいかない。

これまでは絞り優先モード中心にISOや露出設定を
マニュアルで合わしていましたが、止めました。
このGR DIGITAL2ってカメラはフルオートでバシバシ
シャッターを切って行くことに意義があるカメラなのかも。
しかも、フルオートの方が自分で設定した画像より良い…
これは瞬時にその瞬間に良い設定をGR DIGITAL2が
選んでくれるからだろう。。。
もっと言えば、GR DIGITAL2に合ったセッティングに
自らを合わせてくれると言っても良いかも知れない。


だから、フルオートで撮るのが良いんです!
「オート撮影モード」
「ISO:AUTO HI」
「ホワイトバランス:AUTO」

そして、好みの問題だが、コントラストを変更。
「画像設定:コントラスト最大」


露出だけはその場で調整しますが、
実際の撮影時はシャッターを軽快に押しまくります。
被写体の動きが大きい場合は「ISO:400」ぐらいで、
固定してしても良いでしょう。

これだけで、かなりGR DIGITAL2のパフォーマンスを
引き出せる様な気がしました。
この1、2年考えていた僕の写真撮影スタイルも
段々確立されて来た様にも思います。


何度もやり直したい”意図”ある写真とか、
一眼レフを使う時は細かく自分で設定して撮影しますけどね。
とにかく、シャッターを押したい瞬間に押せる行動力と、
オート設定があれば楽しい写真が撮れる気がする。

GLAY「SAY YOUR DREAM」って曲が良い。
NHKのトップランナーでTAKUROが出演していた。


GLAY
2009年3月4日 発売
SAY YOUR DREAM
SAY YOUR DREAM


この曲への思い入れやこれまでの人生について、
GLAYのリーダーTAKUROが語った。
TAKUROはメロディーメーカーであると同時に、
詩人ですよね。彼が書く詞は詩であり、ロマンスの塊です。

どうしても大人になり、社会人として生きていると、
捨てて行く物、無くして行く物が多いです。
それが、人の成長か?と問われれば、
それこそが成長だと言う人も居るかもしれません。
ただ、TAKUROはそうじゃない所で勝負しています。

そんな彼が「遺言」になりえると言ったこの曲。
「SAY YOUR DREAM」の歌詞の世界は美しい。


二部構成で綴る、10分を越える新作。
曲調がちょっと幼稚かなと思いきや、歌詞を眺めながら、
曲を聴くと何やら込み上げて来る物がありました。
僕は弱ってるのかな?とも思ったけど、どうやら違う。
今この年齢だから感じること、私生活が変わったから感じること、
様々な想いが交錯し、この曲は素晴らしいと思った。

GLAYを聴いて感動できるなんて、
まだまだ僕はピュアなんじゃないか?と胸を張れるね。


幼さとか未熟さとか乗り越えながらも成長し、
それでも潔い心や不純な心は残して置きたい。
なんて、思いましたね。核となる気持ちは忘れない。

 1  |  2  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ