a talk : 2009年9月アーカイブ

2009年9月アーカイブ

福山雅治「WE’RE BROS.TOUR 2009 道標」代々木に行ってきた。
最終日一つ前の2009年9月26日(土)の代々木第一体育館公演です。

WE’RE BROS.TOUR 2009 道標 代々木第一体育館


WE’RE BROS.TOUR 2009 道標 代々木第一体育館


僕はこれまで「こんなこと」や「あんなこと」で福山雅治の
ライブレポートを書いてきました。

今回、この代々木体育館でのライブ鑑賞が初めてだったことや、
福山雅治のライブで初めてアリーナだったことなどで、
少し緊張していたと思います。


今日の東京はまだ少し夏の香りが残り、軽く汗ばむ陽気。
夏は終わったとはいえ、とても熱く良いライブを経験しました。
諸手を上げて満足というわけではありませんが、素晴らしかったです。
アリーナだったからかもしれませんが、音が良かったです。
反射音が感じられなかったのがビックリでした。

それに、映像が綺麗でしたね。これまで大画面というと、
白い幕なのが常識でしたが、技術革新ですかね。あれは何でしょ…
液晶ではないと思いますが何かわかりません。


序盤、「milktea」で鳥肌が立った。
「ながれ星」や「最愛」を歌ってきた過程があって、
同じ女性目線の曲である「milktea」の表現力が
福山雅治の中で変化したという感じ。びっくりした。


そして、僕は以前にアルバム「残響」が素晴らしい
書きましたが、やはりライブでも素晴らしかった。


「survivor」で更に鳥肌が立った。東京に住んでいる多くの人に
この「survivor」の曲が持つ光景は心に突き刺さると思います。
音色が持つせつなさとアレンジが持つ情感も最高です。

そして、「phantom」は深いですね。ライブ会場を包み込む様な、
福山雅治が持つ心の奥底、闇に触れた気がします。

「ながれ星」ですが、ストーリー仕立ての映像が良かったです。
こういうのが無くても「ながれ星」という曲には、情景が浮かびます。
あえて、具現化しなくても良いのじゃ?とも思いましたが、
映像は皆が浮かべる情景とそんなに遠くはない気がしました。


「稲佐山メドレー」ということで長崎時代を懐古する曲が続きます。
僕は「Good Luck」が聴けて良かったです。
この曲を歌う福山雅治の声が好きなんですよ。。。
キー感が合っているのでしょうか?艶やかで、力強い声で歌います。

そして、今回のライブで印象が変わった曲と言えば、
「旅人」でしょうか。サビは好きですが、
Aメロがサザンのメロディーに似ていて嫌いでした。
でも、こんなにも前向きな曲だったんだ。と改めて知りました。
ライブ会場を包み込む高揚感と合わせて言葉が入りました。

ライブ後半に向けてアップテンポな曲が続きましたが、
アイドルチックな演出が僕は嫌いです。どうにかして欲しい。
でも、「RED×BLUE」は相変わらず踊れますね。
アレンジがこれまでに無い感じでした。


「明日の☆SHOW」「道標 」で本編は一度終了する。
すげー、もう軽く二時間は過ぎてる…

僕はこのライブの凄さを改めて感じていた。
まず、完成度がとても高い。もちろんツアー終了間近なので、
完成度は高くてあたり前なのだけど、福山雅治の楽曲の良さ、
福山雅治の想いみたいなモノがちゃんと伝わるライブだった。


そして、アンコールです。
「KISSして」は本来はもっとロックな感じだけどね。
お客さんも含めて何か、ちょっとライトな感じで嫌だった。
「最愛」は本当に良い曲ですね。好きです。
ただ、この曲を歌っている福山雅治の立ち姿が疲れていた。
簡単に言うと、格好良く無かったです。
もう少し、序盤に毅然とした感じで歌って欲しかったかも。


最後の最後で「東京にもあったんだ」の弾き語り。
何度か演奏が危うい感じでしたし、テンポも揺れていた。
珍しいな…、何かが違っていた。
凄く感情を入れて歌っている。こんなにも感情が入った
「東京にもあったんだ」は滅多に聴けないかもしれない。


さて、この日の代々木第一体育館は、
終始、大きな中断も無くテンポ良く3時間を楽曲の披露に
費やされましたが、やはりこれが良いですよね!
曲を聴くテンションが途切れることもなく、楽しめます。
今後はツアーはしゃべり無し、おちゃらけ無しを希望します。

そして、何よりお客さんが盛り上がっていましたしね。
代々木でご一緒できた皆さんに感謝します。
ライブを皆で参加し、作っているんだな。と実感できました。
ありがとうございました。


WE’RE BROS.TOUR 2009 道標 代々木第一体育館


で、上空から飛んできた銀テープと飛行機をキャッチしました。
こういうの別に欲しくないですけど。テンションは上がります。
良い思い出になりました。


以下、たぶん本日のセットリストだと思います。

01. 群青 ~ultramarine~
02. ON AND ON
03. HELLO
04. それがすべてさ
05. IT'S ONLY LOVE
06. milk tea
07. survivor
08. phantom
09. 幸福論
10. ながれ星
11. 稲佐山メドレー
  Fellow
  蜜柑色の夏休み
  Good Luck
  遠くへ
12. 旅人
13. vs.(Instrumental)
14. Peach!
15. Gang★
16. RED×BLUE
17. 追憶の雨の中
18. 化身
19. 想 -new love new world-
20. 明日の☆SHOW
21. 道標

アンコール
22. KISSして
23. 18 ~eighteen~
24. 最愛

Wアンコール
25. 東京にもあったんだ

久しぶりに新宿のルミネエストB2Fをぶらぶら歩いていた。
そしたら、SHIPS JET BLUEが出店していた。

ルミネエスト新宿B2F SHIPS JET BLUE


SHIPS JET BLUE単体でのお店って良い展開だと思う。
なんだかんだで、SHIPS JET BLUEは趣向が明確に
トレンドに即しているので、纏まっていた方が良い。

お店は若干、堅苦しい印象を持ったので、
もう少しラフな感じのレイアウトの方が良いかも。
高級感みたいなものを出したいのかな?
場所柄的にも学生よりは社会人向けな気がするが、
真意は良く解りません、

今日は平日夜の新宿をぶらぶらしましたが、
良いですね。平日夜の新宿が好きです。
ちょっと世話しない感じと明日から週末ってことで、
ちょっと抜けた感じが良いです。


ということで、SHIPS JET BLUEで買いました。


SHIPS JET BLUE シャツ 長袖Tシャツ


薄い黄色の長袖Tシャツです。
ここ何年かプリントされてる長袖Tシャツがお気に入りです。
これは綿100%の素材なんですが、物によっては、
レーヨンが入っているのがあったりして良いんですよね。
だらしなくもあり、モード感もありってな感じです。

洋服屋さんに入ると欲しくなるので、控えます。
服飾費削らなきゃ。。。

DOMKE(ドンケ)がbpr BEAMSとコラボしてた。
オシャレなカメラバッグを探している方に朗報です。

DOMKE bpr BEAMS F-3X


DOMKE bpr BEAMS F-2


形や仕様はDOMKE(ドンケ)そのものですが、
bpr BEAMSのロゴが入っているので満足?
行く人も居るかもしれません。

値段はちょっとお高いですが、カジュアルな洋服に
DOMKE(ドンケ)は合うと思います。


んー、リアル店舗で商品を確認しましたが、
僕の場合は購入する気になれませんでした。
でも。このカメラバッグならタウンユースでも、
本格的な野山でもどちらでも対応できそうですね。
一個、買っておいても損はないかもしれません。

現在、リアル店舗にはあると思いますが、
ネットでお求めの場合は「BEAMS」からどうぞ。

丹野 章「撮る自由―肖像権の霧を晴らす」を読んだ。
ハービー・山口氏から薦めて頂いた本です。


丹野 章 (著)
2009年6月 発売
撮る自由
撮る自由


さて、写真を撮る行為というのは何でしょう?
写真を撮る行為それ自体は個人の目的でありますので、
なんら制限されるものでは無い。

要するに、本書が述べる自由の根底は撮る行為に制限はされない。
とのことだと思います。見える範囲は基本的に撮影可能。
但し、人物を撮影する場合はマナーが必要だね。
というのが本筋です。これらは明快に文章化されていますので、
写真家と言える僕ではないですが、共感できます。


ただ、本書にも明確に提言できていない、肝心の事。
それは公表についてですね。
写真を撮る行為は制限されるべきでもないし、肖像権の盾も弱い。
しかしながら、公表するとなると別ですよね。
僕の様なブログを主体に公表している人間は撮る行為=ブログへ。
という流れがごく自然です。
こうなってくると話は難しく、行き詰まります。

街中で個人の顔が特定出来る様なスナップ写真を撮り、
Webにアップした場合。肖像権というのはどうなるのだろうか?
もし、本人が肖像権を盾に掲載の中止を求めた場合は、
やはり中止するのだろうと思うけど、それは正しいのだろうか?

トレンドとか、風潮というのは、時代を追って変わります。
時代を追って変わるというのは、技術的な革新が大きいですかね。
技術が変わるとライフスタイルが変化するので、意識や法律の
改革が後手に回ってしまいます。
2009年現在ではその過渡期だと言えるかもしれません。


個人的な感覚ではこういった写真を撮り、公開する過程が、
どんどん窮屈になって行く世の中になるのだと思っています。
というのは、巨大マスや雑誌、展覧会などの範囲での写真公開と、
WEBでの写真公開では圧倒的にWEBが不利だからです。
不利というのは、一目に触れる母数の可能性というわけではなく、
コピーされて行くという不利さです。

今やPCやインターネットが詳しくない人でも、WEBに公開された
画像は誰でもコピー可能で抹消することを知っています。

コピーする行為そのものの恐怖や法律的な観点では無く、
コピーされることで、WEBに公開された画像は永遠に無くならない。
ということを心の何処かで危惧するのだと思います。


だから、撮られる側は警戒する。
何処の誰かが勝手に自分の写真を撮影し、WEBに公開した。
ある時、その写真は誰かのPCで閲覧された。
もうその時点で誰かのPCにコピーされていることになります。
撮影される側にとって不本意な写真の場合。
WEBに公開された時点で無限にコピーされる恐怖にさらされます。

仮にそのWEBを誰一人、閲覧することが無いかもしれませんが、
そんなことは撮られる側の心情には関係のないこと。


こう考えて行くと、やはり肖像権になるのか何なのか解らないけど、
写真を撮って、公開するというプロセスそのものに影響を与えますね。
僕は人を撮りたいのですが、なかなかそれに踏み込めません。
理由はこれまで述べた問題がクリアでないからです。

それは、芸術活動を行う者としてはとても愚の答えかもしれないけど、
今の僕にはダイナミックに心を解き放たれる法的な事例なり、
風潮なり、トレンドが必要なのかもしれません。


だから、まずはモデルを使用して撮影することを始め様かと思います。
こういった問題をディスカッションできる場があれば良いですね。

サンセヴィエリア科の観葉植物を買ってみた。
インテリアで良く見かける植物ですね。

サンセヴィエリア科 フツーラ グリーン


PC部屋があるものの全然使ってないので、
模様替えでもして過ごしやすい環境に整えたいと思います。
クールな感じの部屋なので、とりあえず観葉植物ですかね。

新宿にあるJungle COLLECTIONで、
「サンセヴィエリア科 フツーラ グリーン」を買った。
とても小さな鉢植えにちょこっと植えてあるだけの商品です。
机の上は色々な物が増えるだろうからスペース確保の為、
小さい観葉植物で十分かなと。

本当は、「コーヒーの木」が良かったのだけど、
週に二度はお水をあげてくださいね。との事で止めた。
この「サンセヴィエリア科 フツーラ グリーン」は、
月に一度の水遣りと適度な日光で良いとの事です。


手間かからない方が良いよね。
枯らせたら、なんか寂しいじゃん。

2009年秋に着るインナーを買いました。
洋服を買うのは久しぶりですね。


SHIPS JET BLUE シャツ 長袖Tシャツ

SHIPS JET BLUEで黒白チェック柄の長袖シャツと、
ピンクっぽい色の長袖Tシャツを買いました。
チェック柄のシャツの方は最近多いガーゼ生地です。
長袖Tシャツの方はアメリカンな柄ですが、
こういうの持ってないので新鮮だったので買いました。


UNITED ARROWS カットソー


ユナイテッドアローズで深紫色したボーダーのカットソーを買いました。
ユナイテッドアローズの商品を買うのは久しぶりです。
ボーダーは沢山持っていますが、定番品ってことで。


最近は、洋服へのモチベーションが下がっています。
金銭面的にキツってのありますが、お店に行くのが面倒…
洋服屋さんには頻繁に顔を出さないとトレンド変化とかを
感じる力が無くなりますね。。。


ちゃんと身なりのことは考えたい。

写真家「ハービー・山口」氏にお会いしました。
リコー主催のワークショップで作品にアドバイスを
頂くという企画に参加。


ワークショップ ハービー・山口


定刻より少し早めに銀座にRICOH RING CUBEに到着。
エレベータで9Fまで上がり、受付を済ませた。
フロアの一角に用意されたスペースに長い机が二つ。
その端っこに「ハービー・山口」氏はすでに座っていた。

年齢の割りに精力的なオーラを感じるものの、
嫌味のある感じではなく、とても穏やかな雰囲気を感じた。


10名がそれぞれ順番に自分の作品(ポートフォリオ)を
「ハービー・山口」氏に見て貰いながらアドバイスを頂く。
僕はくじ引きの結果、3番目に順番が回ってきた。

用意していったポートフォリオは「miraclefinder」の一部抜粋。
写真だけで表現しているわけでは無いので、
受けないだろうな、と思ったが案の定受けなかった。

写真と文章がまだ未熟である為に、双方で補っている感じ。
「ハービー・山口」氏からはもう少し写真、文章を個別に鍛えて、
もっと高い位置で融合しなくてはダメだという趣旨を頂きました。
また、僕のポートフォリオをみて、以下の意見を頂きました。

・とても君の几帳面さが出ている
・もっと楽に堅苦しくなく遊びを持ってみては?
・心を大きく持てるようになるのが大事


とのことでした、正確は完全に言い当てられてますね。。。
丸で占い師の様ですが、こういったメンタル面のアドバイスを
おっしゃったのは僕にだけでした。
何か大きく欠落した物でも感じられたのでしょうか。


「ハービー・山口」氏にお会いしたら聞きたかった事が、
三つ程ありました。
その答えが他の方へのアドバイスの中に含まれていたり、
質問させて頂いしました。

僕が聞きたかったのは以下の三点。


・ポートレートを撮る際の向き合い方、スタンスなど。
→まず褒める、犬がいたら犬を褒める。撮る前のコミュニケーションが大事。

・インターネットや書籍など公開する場合の肖像権や被写体へのフォロー。
→色々な判例はあるが、参考にしてもらいたい書籍が「撮る自由
→写真を撮る為に相手に事前に了解を得る場合が多い。
→作品として公開する写真は公開する旨の了解までは取ってない。
→フィリップ・ロルカ・デコルシアの判例のお話など。

・道具が手に馴染んでマンネリが生じた場合の対処方法など。
→時間が無くて聞けなかった。残念。


また、他の方の作品のアドバイスを聞きながら、
メモしたことを以下に記載しておきます。

・表現対象をできるだけ限定し狭くする
・写真の構成を考える
・テーマを絞り込む
・興味や分野を絞り込む
・上にスペースを空けると希望が表現される
・下にスペースを空けるとリアリティが表現される


「ハービー・山口」氏ならではな語録。

・ライブ会場などで写真を撮る時は音は聴こえてこない
・撮らされてしまっているな
(鮮やかだが、なんら主張の無い花の写真見て)


ちなみに、今回のワークショップに来ていた人が、
「ハービー・山口」氏から写真集にしよう。
って、お話にまで発展している人が居ました。
その方の写真はとてもコンセプトが明確で、
写真の技術や色再現性の技術が凄かったです。


僕ももっと上達したいなと思います。

 1  |  2  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ