a talk : atalk: 2006年5月アーカイブ

atalk: 2006年5月アーカイブ

アマゾンが注文をキャンセル

|

久しぶりに頭に来た!
アマゾンが勝手にCDの注文をキャンセルしやがった。

発売元での生産数に限りがあり、商品の確保が非常に困難であることが判明いたしましたため、誠に勝手ながらお客様のご注文よりキャンセルさせていただきました。


アホかボケ。
こんな屈辱はプレイにもならんっちゅうねん。
こっちは発売日の一ヶ月程前から
注文入れてるのにどういうことよ?

そもそも、発売日がとっくに過ぎてるのに何度も
発送日を順延されて、サポートに問い合わせたら
決まりきったテンプレートで返信してくるしよー。
挙句の果てにキャンセルってどういうことよ?
キャンセルするならせめて発売日当日にしてくれよ。
発売日に確保できてなかったら自分で買いに行くやん。

根本的な疑問だけど、アマゾンって事前注文が
予定枚数として在庫抑えないわけ?
初回限定だったので、焦りに焦ったっちゅうねん。
発売日からかなり日数が過ぎてるから、探したがな。
まあ、結局は初回限定が買えたから良かったけど。


さて、ここからは冷静に。。。
配送予定日に関することや商品キャンセルのこととか、
きっと利用規約にその旨のことが書かれているんだろうね。
まあ、そんなことは読まずとも想像がつく話。

で、そんな商売方法で良いのか?
もっとさ、消費者の立場で物を売って欲しいよね。
アマゾンって小売を飛ばして利益を得ているわけだから、
商品の入荷に関しては弱いのかな…
タワーレコードとかの小売は予約枚数とか、
販売予定枚数とかある程度の経験とデータを持っているから、
「品物が確保できなくて、売れません」ってことは殆ど無い。

まあ、反省すべきは僕の方かもしれないので、
今後は絶対に欲しいCDはタワーレコードで予約して買います。

とはいえ、アマゾンは素晴らしい所も沢山あり、
ネット事業のモデリングを作成してくれているので、
積極的には使いませんが、今後もたまに使いたいと思います。
アフィリエイトで画像とかたっぷり使用させて頂きます。


合理的なシステムは了解しました。
抽象的な言い方だけど日本の消費者は販売者に
「n/f」な対応を求めていると思います。
もう少し血の通った販売戦略をお願いします。

今年の前半戦を総括してみた

|

5月も終わりに近づいてきたので、
少し早いが今年の前半戦を総括してみよう。

体調→○
おしゃれ度→×
SEX→×
オナニー→○
Web作成→◎
レコーディング→▲
教養→×


総合的な満足度はかなり高いとはいえ、
弱かった部分を補いながら後半戦に繋ぎたい。
さて、補う為には6月をどう過ごせば良いのか?

おしゃれ度→×
ん~、感覚がサラリーマン化しているので、
おしゃれとか言ってもオッサン的なアイテムを
好んでチョイスする様になってるな。
解決方法としては街に出るしかないと思う。
肌で感じる街感みたいなものが不足気味。
引き篭もらずに街に出よう!

SEX→×
こればかりは、もう良いです。
腰を動かすのが面倒なので、誰か口でしてください。
解決策無し。

レコーディング→▲
Blogを作り出すまでは一通りレコーディングをした。
後はボーカルのレコーディングが5曲程あり、
ピアノアレンジが必要な曲が数曲ある。
今年の春にはリリースしたかったけど、
昨年は体を壊し気味だったので叶わなかった。
早く次のアルバムをリリースしてライブをしたい。
今からアレンジ頑張ります。

教養→×
強要ならほぼ毎日しているが、
教養って言葉を意識したのはこの間のこと。
NHKで「東大の教養」って番組を放送していた。
爆笑問題が東京大学の教授や学生と共に教養とは?
をディスカッションする。
この番組は再放送がきっとあるので、必ず見て欲しい。
そして、こういう番組こそYouTubeに上げてくれ!
教養を考え、語る好意そのものが教養になっている。
そんな都合の良い番組です。

個と己の違いを考えている

|

個と己の違いを考えている。

個は名詞。
己は代名詞。

どっちも一人称かな。

個っていうと、無機質な体を想像する。
己っていうと、何だか体温や臭みを感じる。


最近は書店に行くと胡散臭い、自己啓発的な
読み物がとても目に付くね。
その書物の多くは、発信源となる自分の物言いや
態度について説いている物が多い。
しかし、本当に大切なのは発信方法じゃなくて、
受信方法じゃないだろうか?

個として聞き手に回ることが上等テクニックとされがちだけど、
話している側は相手に己として聞き手に回ることを望んでいる。
主観や思い込みや好き嫌いの無い人は居ないわけで、
フラットな物の聞き方なんて存在しない。
その辺を考えると個としてスマートに聞くなんてのは難しい。

やっぱ己として相手の話に耳を傾けてみるべき、
吸収しよう、学ぼう、理解しようとする己の聞き方が望ましい。


結局は話し上手より、聞き上手の方がモテるでしょ。
きっとそうだ。。。
聞き上手、聞き上手、聞き上手。
三回呟いてみた…

ん~、適当なBlogばかり書いていて、
何が聞き上手だ!と客観視する僕である。

世界一美しい男

|

世界一美しい男と言ったら、
誰が何と言おうとデビットボウイなわけです。
多分、ゲイではないんだろうけど、
僕は美しい男が大好きです。

今日は恥ずかしながら、
初めてYouTubeにアクセスしました。
記念に貼り付けてみよう!


David Bowie - Heroes (live)

いつか、”美しい男”談義でもしましょうか。

ちなみに、YouTubeの動画はデフォルトで、
横425ピクセル×縦350ピクセルに設定してあります。
この大きさだと3カラムの固定幅仕様のBlogでは、
デザインが崩れる場合があります。

これでは”美しく”ないってことで、
単純に対比を保ちながら、
横320ピクセル×縦264ピクセルに変更してみた。

丁度、フルサイズの半分ってことなら、
横320ピクセル×縦240ピクセルで画質も美しく見えるはず?
でも、YouTubeの動画はタグでサイズ固定されない…

明示的に横320ピクセル×縦240ピクセルで指定すると、
何故か小さな辺の対比に引っ張られてしまって、
横291ピクセル×縦240ピクセルの動画になります。
それにしても、24ピクセルの誤差は何なんだ?
まったく、わからん…

たった24ピクセルの誤差が”美しさ”に大きく影響する。
”美”とはそういう世界なのかも知れない。

Blogを変更してみた

|

様子見だな。
Pingサーバーも設定してない。

Blogって絶対パスで書く方が良いね…
日付アーカイブは階層がもぐるから、
画像が表示されてない。

なおすのメンドウなので今度やろう。
とにかく、ねむい。。。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ