ゲド戦記を観た感想でも - a talk

ゲド戦記を観た感想でも

|

スタジオジブリのゲド戦記を観てきたので、
感想でも書きます。

ゲド戦記
ゲド戦記
スタジオジブリ

ゲド戦記の原作を過去に読んでいるわけでもなく、
予備知識がまったく無い状態で映画を観た。
感想は端的に言って、面白くなかった。
ゲド戦記のストーリー展開の不自然さや窮屈感が、
観る者をその世界へ引き込まない。

ゲド戦記は宮崎駿監督の長男である
宮崎吾朗の初監督作品です。
この映画は限られた時間の中で、
とても沢山のテーマが詰め込まれている。
伝えたい事を全部盛り込みたかったんだろうな…
しかし、そのテーマも目新しい物はなく拍子抜けをした。
メッセージ性については十分に伝わって来たけど、
それも今更感が否めないメッセージだった。

この映画で説明不足だと思うことは、
主人公アレンが持つ心の闇のこと。
その心の闇を抱いた経緯や過程について、
もう少し突っ込んで説明してくれると、
テルーやハイタカとの出会いによって変化した、
アレンの心が更に伝わって来るのかもしれない。


映画という限られた時間の中で、
表現するには無理があったんじゃないか?
そう思わせる作品ですね。
”現代の世情を主人公の成長や言葉を介して観客に訴える”
という意味では成功なのかもしれないですが…

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ