アートディレクター「森本千絵」に感化され - a talk

アートディレクター「森本千絵」に感化され

| | コメント(1)

この間、ご存知NHKのトップランナーを観ていましたら、
アートディレクターの森本千絵って人が出ていました。
放送日は2009年1月26日の深夜だったかな。

アートディレクター 森本千絵


森本千絵、この人のアートセンスは勿論のこと、
人柄と信念に感化されました。
同年代の人間なのですが、凄すぎますね。
彼女が経験してきたことやその環境は、
僕がこれからエンジニアとして仕事をしていては、
何年経っても追いつけない境地にいるな。と思います。

彼女は学生時代に、とあることに気が付くのです。
パソコンの前で作品を作っているだけでは、良い物は生まれない!
もっと沢山の人の意思が入った作品を作らなくては…
そして、コミュニケーション能力が必要だと。。。
人と一緒に作品を作り、人を動かすことを学ばなくては!


森本千絵という人は博報堂のアートディレクターでした。
若くしてディレクターに抜擢され、活躍してきた人なのですが、
人を巻き込む力とか人との対話を最優先にしています。
広告という媒体を介してアートを表現しているのですが、
絶対に一人では出来ない仕事を成し遂げる力に満ち溢れています。


こういう人って、エンジニアには見かけないですね…


人から評価され揉まれて勝ち残ってきた感性と精神力。
人と人との関係性から生まれる仕事の大切さ知っている。


そんな気持ちを持った人はエンジニアには育ち難いのかも。
物作りという分野では同じなのに不思議ですね。
僕達が考え方や仕事のあり方を変えて行かない限りは、
森本千絵には勝てないと思います。悔しいですが…


僕はこの番組を見終わった後、
何となく自分の人生や仕事について考えました。
彼女が経験してきたこと、環境と考え方と結果と将来。
ずっと開いて行く気がします…
僕には圧倒的に機会がありません。


どうにかしなくては、僕も負けてはいられない。
この一週間はそんなことばかり考えていました。

コメント(1)

今更ながらのコメントでごめんなさい。
そして、はじめまして。
唐突に参入してすみません。

私も森本千絵さんに感化された一人です。
2009年放送の「トップランナー」は見ていませんでしたが、今月初めに放送された同じくNHK「スタジオ・パーク」を偶然見て、ものすごい衝撃を受けました。
以来、森本千絵さんの信念・仕事に対する姿勢・人を惹きつけつつも人と人とをつなぐそのエネルギーが、頭から離れません。
著書『うたう作品集』も早速購入し、読んだり、人にも紹介したりしています。

「森本千絵」で検索していて、ここにもたどり着きました。
あなた様はエンジニアとのことで、ご自分の仕事と千絵さんの仕事を比較しておられますが、私は、本職としてはカウンセラー、あとNPOの活動にも携わっています。
私も自分の仕事や活動について、大いにふり返らされ、また触発されました。
千絵さんみたいに、人と人をつなぎ、人を幸せにする仕事をしていきたいです!

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ