映画「レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐」を観てきた - a talk

映画「レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐」を観てきた

|

映画「レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐」を観てきた。
ネットで事前予約して映画館に行くのが楽しいです。

レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐


先週テレビで「レッドクリフ PartⅠ」」を観ました。
これから、赤壁の戦い!って所で、終わってるもんだから…
気になって続きを観に行きましたよ。

レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐

丁度、赤壁の戦いから始まります。


僕は三国志の予備知識が殆どなかったので、
三国志を知ってる人のこの映画の賛否は良く解りません。
ただ、この映画は二部作で上手く纏まっていると思いました。
戦いのシーンはそれなりにダイナミックですし、
ジョン・ウー監督ならではの映像感というのを感じますね。

三国志に少し興味を持ちました。
少しづつ勉強してみたいなと思います。


なんか、大した感想を書けないでいますが…
その訳を考えていました。
その理由が解った気がします。。。

この映画、「レッドクリフ PartⅠ」「レッドクリフ PartⅡ」共にですね。
リン・チーリンていう、女優の妖艶さに全部持って行かれてます。
どんな迫力のあるシーンも知力溢れる奇策も、リン・チーリンが登場で、
ぐっと、画面がエロスになるっていうか…
こんな女優が出てくるんですね。ビックリです。

ある意味、台無しにしていると言うべきかもしれませんが、
リン・チーリンが演じる小喬を観るだけでも価値があります。


こういう顔、タイプじゃなかったけど、ハマりました。
日本人でいうと、、、葉月里緒菜っぽいですかね。
とにかく、エロスですよ。エロス。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ