映画「GOEMON」がとても面白い - a talk

映画「GOEMON」がとても面白い

|

映画「GOEMON」がとても面白い。
ガツンと来ました。良い映画ですね!!

感想でも書いてみたいと思います。

GOEMON


「GOEMON」の監督と言えば、あの紀里谷監督の作品です。
前作の「CASSHERN」はその世界観とマニアックさとメッセージ性に、
うな垂れてしまう程に感動し、DVDも買いました。
「CASSHERN」はこれでもかってぐらいにメッセージが盛り込まれていて、
そこまで全部盛り込まなくても、違う作品にしてそれは伝えれば?
って思うこともありましたが…、僕は紀里谷監督のカタルシスが、
とても心に染みる体質みたいです。。。

そんな紀里谷監督が「GOEMON」を完成させたわけです。
前評判など一切の予備知識を入れずに映画館に行った。


「GOEMON」のCGは前作よりもビビッドですね。
目が慣れるまでは、おもちゃの様でした。
演出はアニメ的であり、ゲーム的な映像感だと思います。
ただ、次第にこの作品が持つテーマや人間模様に引き込まれます。
戦うということ、身を守るということ、宿命や友情。嫉妬や謀略。
江口洋介が演じる五右衛門を中心に様々なテーマを描いています。

今回の「GOEMON」も伝えたい事をそんなに全部盛り込むの?
っていう程にメッセージが詰まっていますが、
不思議と押し付けがましい事もなく、さらりと物語が胸に入ります。


あえて、言うなら最後の山場ですかね。
これぞ紀里谷監督の演出!って感じのシーンがあります。
五右衛門がクドく押し付けがましい演出です。
でも、あれはあれ以外には演出方法はないでしょうね。
伝える為にワザとあんな方法を取っているのでしょう。
凄く良いです。グイグイ心に入ってきました。

そして、以外だったのが最後のエンドロールの曲でした。
この映画の余韻を引きづりながら、聴こえて来た曲。
「Violet UK」ってYOSHIKIプロデュースですよね。
この映画の最後に相応しい良い曲でした。


僕は映画館を後にし、考え事ばかりしています。
何が残せるだろうか?、何を伝えられるだろうか?
紀里谷監督の「GOEMON」を是非みなさんも観て欲しい。
もしよければ、まずは「CASSHERN」を観てから、
「GOEMON」を観に行って欲しい。

そこには普遍的なテーマと紀里谷監督のメッセージが、
沢山詰まっています。


CASSHERN
2004年10月23日 発売
みんなアニメが好きだった
CASSHERN

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ