マイケルジャクソン「THIS IS IT」を観てきた - a talk

マイケルジャクソン「THIS IS IT」を観てきた

|

マイケルジャクソン「THIS IS IT」を観てきた。
映画でマイケルジャクソンの最後の勇姿を確認したい。

マイケルジャクソン THIS IS IT


マイケルジャクソンの音楽は鼓動と何か関係性があるのだろうか?
心拍数とリズムが上手くシンクロして体の芯から踊りたくなる。
こういうの理屈じゃないよ。と思いたいが、きっと理屈なんだろう。
マイケルジャクソンは頭の奥に鳴っている音を忠実に再現しようとし、
体に刻まれているリズムを表現することに情熱を燃やしている。

彼は、「KING OF POP」と呼ばれているが、この映画はその由来を
感じること、確認するのに十分過ぎる程情報が詰まっていた。


僕はマイケルジャクソンを多く語れる程の知識が無い為、
その辺はファンの方にお任せすることにして、素直な感想を
書いてみたいと思います。


エンターテインメントの世界に賭する人間の熱き想いや、
情熱を感じる作品であることはもちろんだけど。
僕は「THIS IS IT」の序盤を観ている時から自分が恥ずかしくなった。
ここまで本気で、物事を作り上げる時に情熱を燃やせているだろうか。
マイケルジャクソンを取り巻く人々は皆、プロフェッショナルで、
とても緊張感ある仕事の中に己を賭している。
僕達だって、日々の暮らしの中で仕事や趣味や恋愛の中で、
これ程までに自己を高めることが出来ているだろうか?


そして、マイケルジャクソン本人はストイックなだけでは無い。
彼ほどセルフプロデュースが完璧な人間も居ないんじゃないか?
と思わせるぐらいに、自分の表現に対する客観性を持っている。
要するにどうすれば、自分を格好良く見せることができるのか、
それを自分自身が一番知っているということ。

だから、他のアーティストとのコミュニケーションがブレない。
ブレないから、周りに納得行くまで説明する。
意識が合わない場合は自分の説明が悪いかの様に、
一生懸命、言葉やしぐさを変えて意識を刷り合わせて行く。


こういう姿勢に僕は仕事上のマネージメント有り方を考えた。
きっとマイケルジャクソンは形の無い物を形にしてきた過程で、
何が伝わり、何が伝わってないのか、即座に判断できるのだろう。
コミュニケーションのあり方としてこの映画は勉強になる。

また、ケニーオルテガ監督は、負けじと素晴らしい人間だと思った。
マイケルを気遣い、マイケルを引き出し、マイケルを守る姿勢。
人をマネージメントし、プロデュースすることは導くことなのでは?
と思えるぐらい、マイケルジャクソンを上手に導いている。


そんなマイケル達の姿勢を観て、思う所が他にもあった。
マイケルジャクソンは死ぬ直前までの彼自身を取り巻く状況、
風評にかなり悩んでいても可笑しくはないよね?
自分を知り、人に自分を見せて行ける人間は人に何かを
言われたりすることが苦痛なはずだ。

マイケルジャクソンはコンプレックスの塊が生きていた様な人。
僕は勝手にそう思っていますが、遠くは外れていないでしょう。
自分を悩み、自分に苦しみ、自分を愛し、人に伝えたかった。
どんなに成功を収めても、満たされなることのないモノを抱えて、
コンプレックスの解消と芸術への取り組みに一生を費やした。

僕達は「THIS IS IT」を観ることで彼の真意を探ることが出来る。
内面の脆さや外見の変化などは忘れてしまうほどの芸術への
取り組み方に平伏するだろう。それが彼の答えなんだ。
是非、DVDとかじゃなくて、映画館で観て欲しい。
大音量で、彼が作り出す世界を堪能して欲しい。
僕はそう思います。


それにしても、バックバンドの女性ギタリストが格好良い。
彼女の名前は「Orianthi(オリアンティ)」という。
この手のギタリストってリードを弾かせれば上手なんだけど、
カッティングを弾いた時に躍動感が無かったりする。
だけど、Orianthiはどちらも上手いのです。

この容姿が抜群で、セクシーな女性ギタリストは注目です。


で、ここからは余談です。
僕がマイケルジャクソンの音楽にちゃんと触れたのは、
1995年だと思う、ジャネットと二人でSCREAMという曲を出した。
このPVがとても近代的なモノで、音楽も時代に合っていた。
初めて買った洋楽のCDはジャネットのRHYTHM NATIONだが、
マイケルジャクソンの曲はちゃんと手にしたことが無かった。
当時、東京の深夜番組は音楽で溢れていて、
音楽バブルの時代とも言える。
そんなテレビ番組からは、マイケルも溢れていた。

僕はこの時、マイケルジャクソンのベストアルバムを買う。


マイケルジャクソン
1995年6月20日 発売
HISTORY
HISTORY


マイケルジャクソンの表面を知るのには十分なアルバムです。
興味のある方は入門としてお薦めしますね。
あと、「We are The World」のメイキングビデオを観て欲しいな。
シンディーローパーが全部美味しい所を持っていった挙句。
最後にマイケルジャクソンが締めるといった傑作です。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ