映画「コクリコ坂から」を観てきた - a talk

映画「コクリコ坂から」を観てきた

|

映画「コクリコ坂から」を観てきた。
スタジオジブリの宮崎吾朗監督の最新作です。
感想でも書いてみます。


コクリコ坂から


1963年、東京オリンピックを前にした横浜が、ストーリーの舞台。
前半から、中盤にかけて、ずっと主人公の海と俊にまつわる学生生活や、
60年代の生活様式に焦点が当てられたシーンが続いた。

事前情報で、団塊の世代の人がとても懐かしく楽しんで観れる作品だと
いうことを聞いていたので、なるほど納得だった。
でも、前半から中盤にかけて、あまりにもそういったシーンばかりだったので、
間延びした感じでこの映画、大丈夫だろうか?と心配になった。


主人公の海や俊がを含めた学生がカルチェラタンの存続を掛けて、
討論し、行動を起こして行く。しっかりした若者像で描かれている為、
始めは大学生か?と思ったが、高校生の設定だった。
昔の人は今と10歳ぐらい精神年齢が違うということを聞くことがあるが、
このアニメで描かれている高校生の討論や言動は今の大学生でも
なかなか居ないかもしれない。

議論をし主張をし、自らの信念や活動を学問と共に展開して行ける
若者が今の時代には居るだろうか?
大きな時代の変化と良き日本像を垣間見たようなシーンが多かった。


中盤以降は海と俊の問題に焦点があたる。
正直、僕はこんな残酷で悲惨な恋愛のシーンがジブリアニメにあってよいのか?
と憤ったほどだ。「コクリコ坂から」はジブリアニメの中で一番嫌いなアニメに
なりそうだった。

ちなみに、僕がジブリアニメで一番嫌いなシーンは「魔女の宅急便」にある。
おばあちゃんが孫が好物だからといって、大切に焼いたニシンのパイを届ける。
それを受け取る孫が、「私このパイ嫌いなのよね」と言うシーン。
このシーンはあまりに残酷だけれど人間そのものを映し出す完璧なシーンだ。


そんな、シーンよりも海と俊の生い立ちと出会いは残酷ではないだろうか?
兄弟であるかもしれないことが分かった俊は海を避けるようになる。
「嫌いになったのなら、はっきりそう言って」と海は俊に言った。
こんなことが言える、海はある意味強い。

兄弟であるかもしれないことを告げられた海が寝込むシーンも、
とても精神的なリアルさがあるのではないだろうか?


この映画の凄さは60年代の情景描写でも時代背景でもない。
海と俊が持っているリアルな人間像。精神像なのかもしれない。


物語は終盤、ハッピーな形へと進んで行く。
ジブリアニメだから、ジブリアニメらしいスピード感と展開で、
観る者の心の変化、希望と共に終わりへと向かう。


僕は良い映画を観たと思った。良い大人のジブリアニメだった。
中盤から終盤のハッピーな展開はひょっとすると、まったく別の
結末があっても良いかもしれない。そんな結末も許せると思えた。

でも、ジブリアニメがジブリアニメらしく終わるなら、本編の通りだろう。


また、いつか「コクリコ坂から」をもう一度観たいな。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ