a talk : entame: 2010年1月アーカイブ

entame: 2010年1月アーカイブ

映画「サヨナライツカ」を観ました。
中山美穂が12年ぶりの主演ということで話題です。

サヨナライツカ 中山美穂


なんとなく、テレビCMの影響だろうか。
この「サヨナライツカ」が気になって仕方が無かった。
いつもの映画館で一番良い席で鑑賞した。


前半はとても話が強引すぎたので、ハズレかな?
と思ったけど、中盤から後半にかけての話の展開で、
僕は「サヨナライツカ」の世界にドップリ嵌り込んだ。

映画を酷評されている方がとても多い気持ちも分からなくない。
原作を読んでいる人は大事なシーンが抜けていると言い、
まっすぐで誠実な人はこの恋愛に共感はしない。


僕は、この映画をみていて、きっとこのシーンは原作では、
補足されている事実があるのだろうな。とか、登場人物の
説明されていない背景がある程度想像できたので、
感情移入ができたのかもしれない。


男目線で作られている映画である以上、都合が良い話だ。
だけど、良い話だし、良い映画だと思う。
25年経っても会いたいと思える関係ってなんだろう?
今を一緒に生きることだけが愛の形ではない。
違う未来を歩んだその先に交わる想いがあるのなら、
それも愛の形なのではないだろうか?


そんな、とても切ないロマンチック溢れる想い。
時間を越えた愛の世界を感じられます。
ちなみに、中山美穂の濡れ場は大したことが無いです。
むしろ、西島秀俊の肉体美の方が僕はクラクラしました。
筋トレしようかな。そんな感じです。


この映画、是非、観に行って欲しいですね。
僕は二度と観ないと思いますけど。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ