a talk : entameアーカイブ

entameの最近のブログ記事

マイケルジャクソン「THIS IS IT」を観てきた。
映画でマイケルジャクソンの最後の勇姿を確認したい。

マイケルジャクソン THIS IS IT


マイケルジャクソンの音楽は鼓動と何か関係性があるのだろうか?
心拍数とリズムが上手くシンクロして体の芯から踊りたくなる。
こういうの理屈じゃないよ。と思いたいが、きっと理屈なんだろう。
マイケルジャクソンは頭の奥に鳴っている音を忠実に再現しようとし、
体に刻まれているリズムを表現することに情熱を燃やしている。

彼は、「KING OF POP」と呼ばれているが、この映画はその由来を
感じること、確認するのに十分過ぎる程情報が詰まっていた。


僕はマイケルジャクソンを多く語れる程の知識が無い為、
その辺はファンの方にお任せすることにして、素直な感想を
書いてみたいと思います。


エンターテインメントの世界に賭する人間の熱き想いや、
情熱を感じる作品であることはもちろんだけど。
僕は「THIS IS IT」の序盤を観ている時から自分が恥ずかしくなった。
ここまで本気で、物事を作り上げる時に情熱を燃やせているだろうか。
マイケルジャクソンを取り巻く人々は皆、プロフェッショナルで、
とても緊張感ある仕事の中に己を賭している。
僕達だって、日々の暮らしの中で仕事や趣味や恋愛の中で、
これ程までに自己を高めることが出来ているだろうか?


そして、マイケルジャクソン本人はストイックなだけでは無い。
彼ほどセルフプロデュースが完璧な人間も居ないんじゃないか?
と思わせるぐらいに、自分の表現に対する客観性を持っている。
要するにどうすれば、自分を格好良く見せることができるのか、
それを自分自身が一番知っているということ。

だから、他のアーティストとのコミュニケーションがブレない。
ブレないから、周りに納得行くまで説明する。
意識が合わない場合は自分の説明が悪いかの様に、
一生懸命、言葉やしぐさを変えて意識を刷り合わせて行く。


こういう姿勢に僕は仕事上のマネージメント有り方を考えた。
きっとマイケルジャクソンは形の無い物を形にしてきた過程で、
何が伝わり、何が伝わってないのか、即座に判断できるのだろう。
コミュニケーションのあり方としてこの映画は勉強になる。

また、ケニーオルテガ監督は、負けじと素晴らしい人間だと思った。
マイケルを気遣い、マイケルを引き出し、マイケルを守る姿勢。
人をマネージメントし、プロデュースすることは導くことなのでは?
と思えるぐらい、マイケルジャクソンを上手に導いている。


そんなマイケル達の姿勢を観て、思う所が他にもあった。
マイケルジャクソンは死ぬ直前までの彼自身を取り巻く状況、
風評にかなり悩んでいても可笑しくはないよね?
自分を知り、人に自分を見せて行ける人間は人に何かを
言われたりすることが苦痛なはずだ。

マイケルジャクソンはコンプレックスの塊が生きていた様な人。
僕は勝手にそう思っていますが、遠くは外れていないでしょう。
自分を悩み、自分に苦しみ、自分を愛し、人に伝えたかった。
どんなに成功を収めても、満たされなることのないモノを抱えて、
コンプレックスの解消と芸術への取り組みに一生を費やした。

僕達は「THIS IS IT」を観ることで彼の真意を探ることが出来る。
内面の脆さや外見の変化などは忘れてしまうほどの芸術への
取り組み方に平伏するだろう。それが彼の答えなんだ。
是非、DVDとかじゃなくて、映画館で観て欲しい。
大音量で、彼が作り出す世界を堪能して欲しい。
僕はそう思います。


それにしても、バックバンドの女性ギタリストが格好良い。
彼女の名前は「Orianthi(オリアンティ)」という。
この手のギタリストってリードを弾かせれば上手なんだけど、
カッティングを弾いた時に躍動感が無かったりする。
だけど、Orianthiはどちらも上手いのです。

この容姿が抜群で、セクシーな女性ギタリストは注目です。


で、ここからは余談です。
僕がマイケルジャクソンの音楽にちゃんと触れたのは、
1995年だと思う、ジャネットと二人でSCREAMという曲を出した。
このPVがとても近代的なモノで、音楽も時代に合っていた。
初めて買った洋楽のCDはジャネットのRHYTHM NATIONだが、
マイケルジャクソンの曲はちゃんと手にしたことが無かった。
当時、東京の深夜番組は音楽で溢れていて、
音楽バブルの時代とも言える。
そんなテレビ番組からは、マイケルも溢れていた。

僕はこの時、マイケルジャクソンのベストアルバムを買う。


マイケルジャクソン
1995年6月20日 発売
HISTORY
HISTORY


マイケルジャクソンの表面を知るのには十分なアルバムです。
興味のある方は入門としてお薦めしますね。
あと、「We are The World」のメイキングビデオを観て欲しいな。
シンディーローパーが全部美味しい所を持っていった挙句。
最後にマイケルジャクソンが締めるといった傑作です。

丹野 章「撮る自由―肖像権の霧を晴らす」を読んだ。
ハービー・山口氏から薦めて頂いた本です。


丹野 章 (著)
2009年6月 発売
撮る自由
撮る自由


さて、写真を撮る行為というのは何でしょう?
写真を撮る行為それ自体は個人の目的でありますので、
なんら制限されるものでは無い。

要するに、本書が述べる自由の根底は撮る行為に制限はされない。
とのことだと思います。見える範囲は基本的に撮影可能。
但し、人物を撮影する場合はマナーが必要だね。
というのが本筋です。これらは明快に文章化されていますので、
写真家と言える僕ではないですが、共感できます。


ただ、本書にも明確に提言できていない、肝心の事。
それは公表についてですね。
写真を撮る行為は制限されるべきでもないし、肖像権の盾も弱い。
しかしながら、公表するとなると別ですよね。
僕の様なブログを主体に公表している人間は撮る行為=ブログへ。
という流れがごく自然です。
こうなってくると話は難しく、行き詰まります。

街中で個人の顔が特定出来る様なスナップ写真を撮り、
Webにアップした場合。肖像権というのはどうなるのだろうか?
もし、本人が肖像権を盾に掲載の中止を求めた場合は、
やはり中止するのだろうと思うけど、それは正しいのだろうか?

トレンドとか、風潮というのは、時代を追って変わります。
時代を追って変わるというのは、技術的な革新が大きいですかね。
技術が変わるとライフスタイルが変化するので、意識や法律の
改革が後手に回ってしまいます。
2009年現在ではその過渡期だと言えるかもしれません。


個人的な感覚ではこういった写真を撮り、公開する過程が、
どんどん窮屈になって行く世の中になるのだと思っています。
というのは、巨大マスや雑誌、展覧会などの範囲での写真公開と、
WEBでの写真公開では圧倒的にWEBが不利だからです。
不利というのは、一目に触れる母数の可能性というわけではなく、
コピーされて行くという不利さです。

今やPCやインターネットが詳しくない人でも、WEBに公開された
画像は誰でもコピー可能で抹消することを知っています。

コピーする行為そのものの恐怖や法律的な観点では無く、
コピーされることで、WEBに公開された画像は永遠に無くならない。
ということを心の何処かで危惧するのだと思います。


だから、撮られる側は警戒する。
何処の誰かが勝手に自分の写真を撮影し、WEBに公開した。
ある時、その写真は誰かのPCで閲覧された。
もうその時点で誰かのPCにコピーされていることになります。
撮影される側にとって不本意な写真の場合。
WEBに公開された時点で無限にコピーされる恐怖にさらされます。

仮にそのWEBを誰一人、閲覧することが無いかもしれませんが、
そんなことは撮られる側の心情には関係のないこと。


こう考えて行くと、やはり肖像権になるのか何なのか解らないけど、
写真を撮って、公開するというプロセスそのものに影響を与えますね。
僕は人を撮りたいのですが、なかなかそれに踏み込めません。
理由はこれまで述べた問題がクリアでないからです。

それは、芸術活動を行う者としてはとても愚の答えかもしれないけど、
今の僕にはダイナミックに心を解き放たれる法的な事例なり、
風潮なり、トレンドが必要なのかもしれません。


だから、まずはモデルを使用して撮影することを始め様かと思います。
こういった問題をディスカッションできる場があれば良いですね。

一川誠「大人の時間はなぜ短いのか」を読んでみた。
普遍的とも言えるこのテーマへの関心が増すばかりです。


一川 誠 (著)
2008年9月17日 発売
大人の時間はなぜ短いのか
大人の時間はなぜ短いのか


冗談抜きで、大人の時間はなぜ短いのか?を悩んでいます。
時間感覚が加齢と共に変わることへの反逆の為に、
まずは何故、大人の時間はなぜ短いのか?を学ばなくていけない。
そんな切実な思いから、この本を買ってみましたが。
何やら難しいことばかり書いていて面白くありません…

そういうことが知りたいんじゃないんだけどなぁ。
という項目がずっと続きまして、、、
第五章ぐらいから読めば、少し面白い仮説が出てきます。


身体的代謝によって心的時計の進み方が変わることは、様々な要因で時間の長さの感じ方が変わることに関連している。


なるほどね。代謝ですか…
考えてもみなかった。

身体的代謝が落ちると、心的時計の進み方が遅くなる。
したがって、1分、1時間、1日、1年が心的時計よりも早く進むとのこと。
つまり、実感として1分、1時間、1日、1年が経つのはまだ先と感じる為に、
時間が早く進んだと感じられるとの考え方らしい。


どうでしょう。単純な代謝だけの話で言えば、落ちてますよね。
だけど、かなりキープもしていますので、そう単純でもないですね。
季節感とか時間間隔を10年ぐらい前の感覚に戻したいと思ってます。

やれること、やっていることの母数が増えている分だけ、
時間の使い方に余裕が無くなっています。
何をすれば季節を感じ、時間を長く感じる生活になるのか?
時間の感じ方は人それぞれなので、僕の中で感じ方が変われば、
全てが変わったことになります。
ちょっと哲学的になって行きそうですが、挑戦です。


本当の意味で若返るって、こういうことかもしれない。
大切な時間との向き合い方を戻してみたい。

「他人に軽く扱われない技法」に爆笑した。
目を引くタイトルに期待が膨らむわけですが…


内藤 誼人(著)
2009年4月21日 発売
他人に軽く扱われない技法
他人に軽く扱われない技法


これを読んで実践しようとしたり、納得する人が居たら、
それこそが、「他人に軽く扱われる人」だと思うけどね。
批判的な感想を書いても何も生まれないと思いつつ、
意見だけ書いてしまうわけですが。。。

一つ一つはそういった一面もあるかもしれないケースが、
沢山紹介されていて、ある意味、面白いです。


この本を読みながら、自分の考えを再考したり、
見つめ直すきっかけにするのは良いかもしれません。
しかし、活字の本を読んでいて爆笑したの初めてかも。
この本を読んで爆笑できる人こそが、
「他人に軽く扱われない人」になる一歩かもしれません。


アマゾンのレビュー見ていたら買わなかったよ。
本の値段分は笑ったので良しとしたい。

NHK「出社が楽しい経済学」の単行本です。
今年の初め頃にNHK教育テレビで放送していた、
『出社が楽しい経済学』のテキスト。


吉本 佳生(編集)
2009年1月 発売
出社が楽しい経済学
出社が楽しい経済学


この「出社が楽しい経済学」って番組は面白かったです。
経済学に出てくる経済用語を解り易くドラマ仕立てで、
教えてくれました。
経済をちゃんと勉強したことの無い僕は、
番組の影響で経済学に興味を持ち始めています。

このテキストは番組で解説されていた内容が、
書かれていますので、
経済学と言っても何から学んで良いのやら?
って人にはピッタリだと思います。


絶対にお薦めです!

NHK「佐野元春のザ・ソングライターズ」が凄い。
何が凄いって、とてつもなくマニアックです。

佐野元春のザ・ソングライターズ

「ザ・ソングライターズ」は、シンガーソングライターの佐野元春さんがホスト役を務め、日本のソングライターたちをゲストに招いて、「歌詞」すなわち音楽における言葉をテーマに探求してゆく番組です。会場は、佐野さんの母校である立教大学の教室。音楽・言葉表現を志す学生たちを招き、ゲストのソングライターと学生との対話も番組の中に織り込んでゆきます。NHK教育テレビで、2009年7月から9月にかけての夜11時台に、12回シリーズで放送予定。


小田和正の回を「Vol.1」、「Vol.2」と観て、佐野元春の天然さに驚いた。
ゲストの小田和正が知性の人であるならば、佐野元春は感性の人。
ロマンスの中に生きていて、妄想と現実を行き来している人だと思った。

この「THE SONGWRITERS」という番組は佐野元春が、
アーティストを呼んで、創作に対する具体的なメソッドを解き明かす番組。
もの作りに携わっている全ての人に観て欲しい番組です。


で、佐野元春が天然で面白いなぁ。と思っていたが、、、
恐るべしは、さだまさしです。さだまさしは奥深い。
佐野元春が小物に思える程、文学的且つ、具体的です。
具体的とはどういうことか?

文学的だったり、情緒的なものって、多くは具体性に欠けるんですよね。
たとえば、佐野元春は天然ですが、それは感性を重視しているから、
そういう場合は言葉や曲が生まれた原資っていうのを明らかに出来なかったり、
あやふやなままが良いと片付けたりしがちです。


しかし、さだまさしはまったく違うアプローチなんです。
とてもロマンチックで、古典的且つ、ギミック溢れる日本語を多用しますが、
その言葉を選択した意味や、引用元がとても明快なんですよね…

何故、その言葉を使ったのか?
何故、その言葉に導かれたのか?
その言葉が印象付けるモノは何なのか?
その言葉で伝えたい事の本質は何なのか?

その、何?を全て明快に答える事が出来るのです。


僕はこのブログでも何度も語っていますが、作品の結論や意向を
オーディエンスに預けてしまうアーティストは好きじゃありません。
そう言った意味では、さだまさしは凄いです。
作品の本質を語る事ができて、その本質が聴者に届く為の努力をします。
決して、独り善がりの主張ではないと言う事ですね。

人を知り、人を考え、人に語りかける努力の末に、
さだまさしの作品は生まれいるのでしょう。


佐野元春がこの番組を製作するにあたり、
どれだけの準備をして臨んでいるのだろうか?
この番組を観て感じて欲しいです。

良い番組ですね。佐野元春ありがとう!!

勝間和代「起きていることはすべて正しい」と語る。
何故か、無視ができない言葉だと思った。


勝間 和代(著)
2008年11月29日 発売
起きていることはすべて正しい
起きていることはすべて正しい


最近、勝間和代がグイグイきてますね。
テレビのインタビューや討論番組などを観ていて、
理由は解らないけれど、とても気になる女性です。
客観的なデータを用いて、合理性をとことん追求する。
こうすれば、こうなる。こうだから、こうなるはず。
妥協が感じられない自己追求はとてもストイックです。


「起きていることはすべて正しい」という言葉。
この言葉は聞き流すことが出来ない言葉に感じたので、
読んでみようと思いました。
符号化されたこの言葉の真実が理解したかった。
もっと言えば、「起きていることはすべて正しい」と思いたい。
だから、この本を手にして買ってみたわけです。


この本は彼女が語る生き方のフレームワークが詰まっています。
だけど、読み辛い上に、面白味が全く無かったです。
何故、勝間和代に興味が沸いたのだろうか?という根本的なことを、
もう一度、思い浮かべて見たくなりました。
そうすると、一つ思い浮かぶことがありましたよ。
僕は勝間和代のあの話し方が気になっているのかも…
彼女の語り方が、どことなく苛立ち半分で気になります。
話の内容よりも話し方に興味をを持った気がします。


丁度、この前もテレビでユニクロの社長にインタビューをしている
勝間和代を見ましたが、インタビューが上手くありませんでした。
なんとなく、ユニクロの社長も話しづらそうに見受けられたし…
彼女の話し方は自己満足なんですよね、相手の言葉を誘う話し方、
明らかな誘導尋問。呼吸の繋ぎ方、休符の取り方。
どれを取っても上手ではありません。
職業人として上手くないのではなく、人間力として欠けている感じ。
会話の不器用さが際立つ人です。

だけど、話の内容の密度は濃いわけです。
話が上手じゃないのに内容は濃いという、ギャップが面白い。
そんな彼女の微妙なバランスが受けているのかもしれない。
この本の内容その物はそれほど面白く無いのではなく、
彼女が話し下手であることを象徴する様な文章で、
大分損をしているんだろうな。と思いました。


読み手に伝わらなければ、伝えなくては意味がありません。
自己追求をするのであれば、まず。
話し方や人との接し方も追求してみればどうでしょう。
そんな勝間和代から僕も学びたいと思います。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ