a talk : entameアーカイブ

entameの最近のブログ記事

「関係の空気」「場の空気」を読んだ。
秋頃に購入したのに、やっと読み終えました。

この数年、思う所があり。村上龍が推薦しているなら!
ってことで、評判の良さげなこの書籍を買った。


「関係の空気」「場の空気」
冷泉 彰彦 (著)
「関係の空気」 「場の空気」
「関係の空気」 「場の空気」


村上龍が主催するJMMでエッセイを書いている著者だったので、
僕を成長させてくれる書籍になるのだろうと期待していた。
僕は村上龍が大好きで、JMMは発足当時から読んでいる。

だけど、この冷泉彰彦という著者が書いた本書は面白くない。
こんな面白くない書籍をチョイスしたショックはあったが、
最後まで読んでから結論づけようと思った。
だから、読み終えるのに時間を要してしまった。
文体やエピソード、その考えやアプローチについて、
共感できる部分も考えさせられる部分も少なかったからだ。

この「関係の空気」「場の空気」は書評が沢山書かれています。
大抵の方がとても面白いと書かれていて不思議です。
ひょっとしたら、僕には理解できない部分が多いのかなぁ…


本書は日本人のコミュニケーションの場の”雰囲気”を、
「空気」という言葉を使って紐解こうとし、改善を提言している。


僕もコミュニケーションには様々な取り組み方を実践しているが、
本書が語る方向性や「空気」の捕らえ方はあまりに短絡的で、薄っぺらい。
場が持つ「空気」っていうのは、もっと多様であると思う。
コミュニケーションの改善には「言葉」の改善だけでは、難しいだろう。
それに、「です・ます」を使って対等な関係性を目指そうと言っているが、
そんな小手先のテクニックでは良好な関係性は作れない。
ましてや、「空気」は操れないと思う。

昨今の日本が持つ雰囲気を考察し、コミュニケーションの改善を
試みたい方には薦めできない。
テクニカルな部分をもっと具体的に掘り下げて欲しいし、
今の日本のコミュニケーションは著者が知る環境よりも崩れている。
本書は時間を掛けて読む必要は無いと思う。


ただ、一つだけ、以下の部分は面白かった。

第5章 日本語をどうつかうか?
提案その一、ちゃんと語ることで日本語は伝わる
提案その二、失われた対等性を取り戻すために


なんか、具体的な事象を取り上げて、批評できれば良かったが、
上手く説明出来ませんね。僕が昨今の日本が持つ「空気」について、
まだ分析が出来ていないことが原因だと思います。
これから僕達が日本でコミュニケーションを取る際に、
今までの常識や経験が通じないケースが多く出るでしょう。


憂う気持ちで一杯ですが、憂いてばかりじゃ何も変わらない。
ここ数年は特に思う所がありますが、僕は僕が思う方法で、
「空気」を上手く操れる男になりたいです。

「容疑者Xの献身」を観てきました。
特に前評判とか聞いてなかったので、
フラットな気持ちで映画を鑑賞しました。

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身


「容疑者Xの献身」は福山雅治ファンの僕しては、
一応、チェックを入れておきたい映画。
公開から随分経ちましたので、空いてるかな?
ってことで、映画館に行きました。

僕は福山雅治ファンだけど、役者をやる福山雅治は、
好きじゃなかったりする。だって、上手じゃないでしょ?
何か表情が固かったり、素人目で見てもちょっと…
だから、「役者:福山雅治」には興味はないのです。


フジテレビで放送していた「ガリレオ」も毎週観ていましたが、
やはり、「役者:福山雅治」はその作品の良さを生かしきれてない。
そして、「ガリレオ」自体も中途半端な立ち位置の作品だなぁ…
シリアスな感じでミステリーっぽい方向性の方が良かったと思う。
どっちかって言うと、少し緩い感じのドラマだったでしょ?
かと言って、古畑任三郎ほど手が込んでいるわけでもないし、
踊る大走査線ほど、感動を呼べる作品でもない。

そんな印象を「ガリレオ」を観て感じていました。
東野圭吾さんの原作を読んでいたわけじゃないので、
余計にドラマ「ガリレオ」の中途半端さだけが残った形だった。


しかし、今回、この「容疑者Xの献身」を観てその思いは消えた。
この「容疑者Xの献身」は物語のアプローチが違うと思う。
音楽で例えるなら、「ガリレオ」は長調(メジャー調)で、
「容疑者Xの献身」は短調(マイナー調)な気がする。

スクリーンを通しての感覚なので、テレビのそれとは、
若干印象も違うのだろうけど、明らかにシリアスな作りになっている。
福山雅治の演技力が増しているのもそうだが、ストーリーが良い。
そして何よりも、堤真一の迫真の演技に引き込まれて行く。
物語は堤真一を中心に進み、松雪泰子と共に展開して広がる。

いわば、福山雅治は堤真一を手助けする脇役の様なものかもしれない。


だからといって、堤真一の映画か?と言えば、
そうでも無い様な気がする。
福山雅治だとか、柴崎コウだとか堤真一だとか、松雪泰子だとか。
そういったキャストの存在を気にしないで、
フラットな気持ちで観て欲しい映画かもしれない。

とても良い、素晴らしい映画だと思いました。

2008年9月07日、TOKYO MX(20:00~20:55)
で放送していた「花田紀凱 ザ・インタビュー」を観た。
この番組は何気に好きで、結構観ています。
特に今回の放送は釘付けになった。


第24回目ゲスト 八杉康夫さん(「戦艦大和」最期の乗組員)


ってことでこの人の話は今まで聞いたこと無かったんだけど、
凄い良い話をされます。戦艦大和の乗務員として戦地へ向かい、
その最後を共にし、挙句の果てには広島の原爆投下直後に
広島の復興作業も経験します。

戦争の儚さの向こうに見える、人としての尊厳。
僕は八杉康夫さんのお話を聞き入ってしまった。
この方は本もお出しになってますね。
今度、読んでみようかと思います。


戦艦大和 最後の乗組員の遺言
八杉 康夫 (著)
戦艦大和 最後の乗組員の遺言
戦艦大和 最後の乗組員の遺言


僕は鹿児島の祖母の戦争体験を聞く度に、
昔の日本人は凄いなぁ…、と感慨深く感じます。
戦争には一人一人、命を賭けた物語がありまよね…
沢山の日本人の死の上に成り立って、
僕達は生きているんだと再認識します。

命を賭けた実体験を聞いていると、
僕ら自身の甘さや、社会性の欠如など、
色々考えさせられる部分が多いです。

人は一人では生きて行けない。
誰かに支えられて生きているんだ。
と、時折で良いので確認しながら生きて行きたい。
そう思います。。。


それにしても、こういった語りべとなる人が、
今後もどんどん少なくなるのですね。
僕らは孫の世代なのですよ。

次の世代にどう伝えれば良いですか?

「しくみ」マネー術

|

たまたま立ち寄った本屋さんで、
「しくみ」マネー術って本が目に入った。
少し目を通して、すぐに買いました。


「しくみ」マネー術
竹川 美奈子 (著)
「しくみ」マネー術
「しくみ」マネー術


内容紹介
「少しずつお金を貯めているはずなのに、貯蓄が全然増えていない……」「投資に興味はあるが、何から始めたらいいのかわからない」「公的年金だけでは心もとないと考えている」。本書ではそんなお金の悩みや不安を解決します。
大切なのは、お金の流れを「しくみ化」してしまうこと、そして「低コスト」「資産と時間の分散」「長期運用」という投資の基本に立ち戻ること、です。
給料をもらうと自動的に貯蓄や投資にお金が流れる「しくみ」さえつくってしまえば、あとは手間いらずでお金は確実にどんどん増えていくのです。
「意志が弱いから」「飽きっぽい性格だから」といってあきらめる必要はありません。
資産形成をする上で大切なのは意志の強さや忍耐力ではありません。
収入を貯蓄や投資に回していくための「しくみ」づくりなのです。


そろそろ真剣にお金の運用に着手しようと思っています。
きっかけは会社で始まった「確定拠出年金」でした。
僕は利率によって運用益を得る。って感覚が薄い。
ずっと低金利時代を生きてきたからかもしれないなぁ。。。

「確定拠出年金」が始まる時に受けた説明があまりにも
解りやすく、僕にとってはセンセーショナルだったので、
個人的にお金の運用を始めることにした。


この著書に以下の三つがポイントと書いてある。
「支出コントロール力」「稼ぎ力」「運用力」

我が家はこれまで、収入と支出に関しては計画的な予算制度で、
お金のIN/OUTを管理してきました。
つまり、「支出コントロール力」は身についています。
「稼ぎ力」これはもう、僕が頑張るしかないですね。(笑)
で、完全に足りない力が「運用力」です。

この著書はそんな僕達にテクニカルな手引きを、
解りやすく簡単に説明してくれています。


少し目を通すだけで、
「あー、これこれ!これが欲しかったんだ」って思いました。
10年後、20年後に視野を向けてみようと思います。
「しくみ」マネー術。なかなか読み応えある書籍ですよ!

「宮崎あおい」と写真の関係

|

Webをボケーっと見ていたら、
「宮崎あおい」という女性の名前が目に入りました。
なんだか聞いたことある名前だなぁ…
と思ってオフィシャルサイトに飛びました。


AOI MIYAZAKI official web - 宮﨑あおい


おー、カッコ良い写真が沢山あるよ!
こういうの撮りたいなぁ。

な~んて思いながら、
彼女について調べていた。
ウィキペディアによると写真が趣味らしい。

写真が趣味で、NikonFM3A(シルバーボディ)を愛用。常用レンズはAi Nikkor 45mmF2.8P(どちらも発売終了)。DVD「OLARE」「foto por favor」が契機となった。ストラップは、自分で麻ひもを編んでつくったものを使用している。(宮崎あおいファンである香椎由宇も同じシルバーモデルを使用していると自分の番組で話していた。また、黒川芽以も宮崎あおいがシルバーモデルを使用しているのを見て、ブラックモデルを購入したとニコンのHPにあるインタビューで語っている。)なお、ポラでも写真を撮っていて、PolaroidのSX-70を愛用している。また、こうした写真愛好家である一面から、オリンパスのデジタル一眼レフカメラ、E-410/510のイメージキャラクターに起用されている。


ちゅうか、「NANA」に出てた娘だね。。。
気がつかないなんて、おっさんだな。

宮崎あおい 写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」
宮崎あおい 写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」


良い写真だなぁ…


被写体としての「宮崎あおい」はもちろんのこと、
この写真集の感じ好きだな。
だけど、値段が高くて買えないやー。
で、いろいろ調べていたけど。

「マグナス・ウナー」(撮影)ロンドンを拠点に、パリ、ミラノ、ニューヨークなど、世界中のファッション業界で活躍。ファッション・カメラマンでありながら、被写体の内面をも映し出す独自の技術、感性を活かし、作品に展開される彼ならではの世界観に注目が集まっている。雑誌を中心に、CDジャケット、広告など、幅広く活動。


マグナス・ウナーって誰?
海外では有名なフォトグラファーなのかな?


被写体としての「宮崎あおい」だけでなく、
彼女自身が撮る写真もなかなか楽しみです。

あおいのフォトログ - 公式フォトログ
彼女が撮った写真ブログです。


宮崎あおい 祈り
宮崎あおい 祈り
彼女が撮った写真も収録です。


なお、「光」と祈りについては、
ここでも写真のサンプルが見られます。

福山雅治「PHOTO STAGE」~記憶の箱庭~

福山雅治「PHOTO STAGE」~記憶の箱庭~
写真展会場:六本木ヒルズ52階
開催期間:2006年12月6日~2007年1月14日


クリスマスムード一色の今日。
福山雅治の写真展へ足を運んだ。

会場には老若男女のお客さん。
福山雅治の人気が不動である理由が良く解る。

自他共に認める福山オタの僕にとって、
福山雅治が被写体の写真については、
これまでも随分観てきたと思う。
しかし、今回の写真展は彼が撮った写真も並ぶ。
この間発売された写真集の
「f5.6のハロー 1/125のサヨナラ」は購入済み。
ただ、忙しさから封を開けてなかった。


今回この写真展を観て思ったこと。
福山雅治という人間は最高の被写体だと思う。
やはり、絵になる男だな…
美しい男のONとOFFの写真を観ていると、
努力することにモチベーションが沸く。

僕は福山雅治という男に惚れている。
ずっと惚れている。


でも、彼が撮る写真については良いとは思えない。
僕が写真を始めちゃったからそう思うのか?
それとも、もっと良い写真を沢山観ているからだろうか?
何れにせよドラマチックな写真を撮る人じゃないね。

彼の音楽、彼の声、彼の存在。
その全てが好きだけど。
写真家としての福山雅治には拍子抜けした。
植田正治を先生と語る福山雅治ではなく、
先生と呼ばれる福山雅治になってください。


それが、福山雅治を愛して止まない、
僕からの一言です。

生誕100年記念 ダリ回顧展

|

上野の森美術館にシュールレアリズムの雄、
サルバドール・ダリの展覧会を観に行った。

生誕100年記念 ダリ回顧展
生誕100年記念 ダリ回顧展
サルバドール・ダリ

ダリと言えば、「記憶の固執」が有名だが、
今回のダリ回顧展には「記憶の固執の崩壊」
という作品が展示されている。

まず、美術館に行ってみて思ったことは、
もう少し入場者の整理をして欲しい!
そこにある芸術と対峙する時、一定の覚悟と
一定の緊張感と何より集中力を使うと思う。
また、そういった覚悟でそこにある芸術と
向き合いたいと思うのは当然だと思う。

だが、人が多すぎたりマナーが気になったりで、
そこにあるダリの世界に集中できなかった。
とても残念だった…
ちゃんとダリの作品と向き合いたい人は、
平日に行くことをお勧めします。


さて、ダリの作品を目にして感じたこと。

二次元であるはずのキャンパスを三次元に変え、
縦軸と横軸の世界に奥行きを与えた不思議な世界は、
観る者の視覚を刺激します。
視覚を刺激した後に訪れるのは、その哲学性。
ダリの作品には一枚のキャンパスの中に主題を構成する
副題が沢山散りばめられています。
その一つ一つを僕らは僕らなりに解釈して、
ダリの作品に益々陶酔して行くのだろう。


本当に贅沢な時間とは創造物を
鑑賞している時なのかもしれない。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ