CITIZEN(シチズン) ATTESAを買いました - a talk

CITIZEN(シチズン) ATTESAを買いました

|

CITIZEN(シチズン) ATTESAを買いました。
型番は「ATP53-3033」って時計ですね。

CITIZEN(シチズン) 腕時計 ATTESA アテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ 電波時計 ATP53-3033 メンズ
CITIZEN(シチズン) 腕時計 ATTESA アテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ 電波時計 ATP53-3033 メンズ


購入の決め手となった、この商品の特徴は以下の二点です。


「エコ・ドライブ」光をエネルギーに変換

「エコ・ドライブ」とは光を電気エネルギーに変換して動く時計の仕組みのことをいいます。光が当たることで電気を発生させるソーラーセルを内蔵し、セルが光を受けることで発電、時計を動かすのです。また、余った電気エネルギーは二次電池に蓄えられます。電池交換の必要がない、そして、使用される二次電池に有害な金属を含まない、さらに、製造過程で有害物質を使用しないなど、その名前のとおり、エコロジーの観点からも非常に高い評価を得ており、時計としては初めて「エコマーク商品」に認定されました。


「電波時計」自動的に時刻やカレンダーを修正

その誤差は10万年に1秒という正確さをもつ“原子時計”をもとに送信される標準電波を受信し、自動的に時刻を修正する電波時計。おおたかどや山標準電波送信所(福島局)と、はがね山標準電波送信所(九州局)の2ヵ所から送信される電波を受信し、日本全国どこでも正確な時刻を得ることができるものです。いち早くこの技術開発に取り組んできたシチズンは、1993年にファーストモデルを発売し、これまで薄型、小型化、多機能など、新機軸を備えたムーブメントを発表してきました。


その他、細かい機能が沢山あるので、説明しませんが、
この時計の魅力は止まらない、狂わない。の二つでしょう。
所謂、「止まらない時計」と言っても過言ではありません。

僕は春夏にしか時計をしないのだけど、何故か時計が欲しくなった。
CITIZEN(シチズン) というブランドが気になったのは、
福山雅治が広告イメージになっていたから、というのもありますし、
篠原涼子なんかも広告イメージとして起用されています。

そもそも、CITIZEN(シチズン) というブランド自体僕は殆ど知りません。
ただ、まあ時計好きの方にはイケてないブランドイメージなのでしょう。


そばにあった、「PMP56-3052」とどちらを買おうか迷いましたが、
惚れたら、「ATP53-3033」がもう欲しくて仕方無いわけです。
デザイン的にはカジュアルなクロノグラフで定番といえば定番。
ちょっと、古臭いイメージだけど、細かなディテールは今時っぽい作り。
メカニカルな印象を与え、高そうな時計にも見えます。


手帳に時計にカメラ。あとはペンを買うだけですね。
男のツールとしてこだわりのある。良い品々に囲まれて、
仕事や勉強に励みたいと思ってます。


ATP53-3033


あと、これは余談ですけど、今日、秋葉原のヨドバシカメラで買いました。
3Fの時計売り場には沢山の時計が置いてありますけど、
CITIZEN(シチズン)のブースが一番人気があって、人で一杯でした。
企業イメージが広告効果で上がったんじゃないでしょうか?

多分、そうだと思いますよ。凄いですね。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ