a talk : fashion: 2008年10月アーカイブ

fashion: 2008年10月アーカイブ

SAZABY「トートバッグ L(2way)」を買った。
すごい奮発したので、大事に使わなきゃ…

SAZABY トートバッグ L(2way)


クロコが波打つウォッシャブルレザー

ほどよくルーズな雰囲気を漂わせるトート&ショルダー。強くて軽いホースレザーで仕立てたバッグを製品洗いし、パフ加工で使い込んだようなヴィンテージ感を演出した。全体に施したテクスチャーはスモールクロコの型押し。ナチュラルな色味にひとひねりのアクセントを加えている。riri社製のファスナーなど細部へのこだわりも抜かりない。


僕のブログを読んでくれている方は、
そういえば、あいつはカバンを買わないよな。
って疑問をお持ちの方も居たり居なかったりでしょうね。
僕はカバンは男の盾だと思っているので、
一度、買うと何年も買い換えないんですよ。

で、四年前に買った、SAZABYのカバンがボロボロに
なってきたので、最近流行りの?
トート&ショルダーな、皮製のカバンを購入してみました。
なんだかオシャレ!!

やっぱSAZABYはカッコ良いカバンが置いてますよね。
定期的にチェックはしてるのですが、今期物のラインナップの
「MEN'S PRODUCTS AUTUMN 2008」は特に良いです。

そういえば、メッセンジャーバッグが結構良かったですよ。
あのメッセンジャーバッグは上質なカメラバッグになるかもしれません。
開けやすくて、バッグと体を固定するベルトも付いています。
撮影時にカバンが横へ、ズリ落ちない感じになります。


そう、当初はカメラバッグになりそうなカバンを探して、
須田帆布」や「BAGGY PORT(バギーポート)」
探していたのですが、方向性がズレてきて…
結局は街で使えるカバンを選んじゃいました。


このSAZABY「トートバッグ L(2way)」に一眼を入れて持ち歩けるか?
無理だな。。。カメラバックになるカバンをもう一度探します。

洋服を選ぶ基準が変わってきた。
そう感じることが多い。

おそらく、自分に「似合う」「似合わない」が、
選択肢の中の一つに加わったのだと思う。
なーんだ?今まで似合うか似合わないかの基準は無かったのか?
と言われるかもしれないけど、ほぼ無かったと思う。
意識したこと無いので、きっとそうだと思う。


洋服を買う時や、朝、クローゼットから洋服を選ぶ時。
自分に似あう物を選ぶというよりは、カッコ良いからとか、
素材感が合うとか、色合いが良いとか、シルエットが好きとか、
そういったことを総合的に判断して選んでいる。

もちろん、自分の体系に合わない場合もあるのだが、
それは自分の体をダイエットなりして、服に合わせる。

そんな感じだから、似合うとか似合わないとか考えたことなかった。
では、何故似合うか似合わないかの基準が加わったのか?


きっとこれまでの判断基準から、加齢による身体の変化が加わり、
そして、「保守的」な思考も加わることで変化したのではないかと思う。

加齢による身体の変化とは、やっぱ体系ですかね。
いくら努力しても肉の付き方が下へ落ちてくるので、
これまで出ていたシルエットが同じ洋服を着ても出ないです。

もうひとつ、「保守的」な思考っていうのは、TPOを越えた何か。
TPOってのは皆さんある程度考えて洋服選びをすると思うのですが、
それを越えた「常識」とか「安定感」とかを求めるわけです。
たとえば、会社に着て行くのに周りと浮かないだろうか?とか。
TPOを越えた何かが意識で働くのです。で、ダサくなって行く。


何故、若い頃あんなにもオシャレだったはずの皆さんが、
歳を重ねると、 一往にダサくなるんだろう?
そう疑問に思ってました。
きっと金銭的な問題では無いだろうな…
と想像はしていましたが、これも理由の一つでしょうね。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ