a talk : fashionアーカイブ

fashionの最近のブログ記事

2010年新春初売りに行った

|

2010年新春初売りに行った。
洋服代を抑え始めてから欲求不満です。

UNITED ARROWS ジャケット


バーゲン初日の新宿のUNITED ARROWSは凄まじい人の多さでした。
午前11:30頃にお店に行くと行列が出来ていた。
基本的に40%OFFということで、どれもこれもお買い得ですね。
前から欲しかった定番品。キルティングジャケットを買いました。
お会計の時まで並ばされた。人が凄くて他の商品が見られなかった…


green label relaxing ニット


green label relaxing ニット


久しぶりに「green label relaxingに行くと、
案外人が少なめだったので、ゆっくり見られた。
ボーダー系のニットを二着買った。
僕はボーダーばかり買ってしまう癖をどうにかしたい。
でも、こちらも40%OFFということで凄い安い。
またまた、お会計の時に並んだ。


服飾に情熱を燃やす大人が増えていると思う。
かつての若者が立派なおっさんおばはんになり、
バーゲンという舞台に上がってきている気がしてならない。
逆を言えば、服飾に携わる産業はまだまだ伸びるんじゃ?
国民総オシャレさん計画的な勢いで大人が服を買っている。
ZOZOTOWNは年末年始でテレビCMにまで手を出しました。凄い!!

あと、新宿三丁目にH&Mが出来てるんですね。
少し店内を見て周りましたが、居心地が悪く退店。


久しぶりに新宿の熱気を感じられて楽しかった。
前はバーゲンに否定的だったのですが、
初日に限っては商品も沢山置いていますし良いですね。

GLOBAL WORKでベルトを買ってみた。
普段は入らないお店なんだけど、安いよね。

GLOBAL WORK ベルト


パッチワークっぽい編み込みがしてあるベルト。
一目惚れして買っちゃった。1,600円ぐらい。

何が良いって、日本製って書いてあるんだけど本当か?
モノのデザインと質感はいいんだよね。
で、こういうベルトってギュっと絞まらないと思うんだけど、
これは編みこみ方がボコボコしているので、
リング状の金具に上手く食い込んでくれます。


GLOBAL WORKって郊外だと良く見かけるお店ですよね。
フラっと入って正解だったかもしれません。

ユニクロ「+J」でカシミヤセーターを買ってみた。
季節物ということで、値下げしてますね。

ユニクロ +J カシミヤストレッチVネックセーター


ユニクロ「+J」の出してくる商品が気になって仕方がない。
以前に買ったフード付きのダウンジャケットとは別に、
新作としてまた¥9,990のダウンジャケットを発売してきた。
欲しいじゃないか…、でも売ってなかった。
オンラインストアの方で次の機会を狙います。


お目当ての品はもう一つあって、値下げされた、
「カシミヤストレッチVネックセーター」です。
ピンクが凄い目を引くのですが、着回しが難しいので、
グっと堪えてブルーを買いました。
値下げ前は¥12,000でしたかね?¥7,990で買えます。

カシミヤですし、着心地も良さそうなのでお得だと思います。


それにしても、ユニクロ「+J」の商品は一期一会ですね。
今度買おう、とか思ってたら二度と買えない状況です。
ネット販売の方も、もうちょっと考えてから…
と思って待っていると、すぐに商品が無くなってしまします。


プレミヤ感と値段設定が絶妙で、商売が上手だなぁ。

CITIZEN(シチズン) ATTESAを買いました。
型番は「ATP53-3033」って時計ですね。

CITIZEN(シチズン) 腕時計 ATTESA アテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ 電波時計 ATP53-3033 メンズ
CITIZEN(シチズン) 腕時計 ATTESA アテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ 電波時計 ATP53-3033 メンズ


購入の決め手となった、この商品の特徴は以下の二点です。


「エコ・ドライブ」光をエネルギーに変換

「エコ・ドライブ」とは光を電気エネルギーに変換して動く時計の仕組みのことをいいます。光が当たることで電気を発生させるソーラーセルを内蔵し、セルが光を受けることで発電、時計を動かすのです。また、余った電気エネルギーは二次電池に蓄えられます。電池交換の必要がない、そして、使用される二次電池に有害な金属を含まない、さらに、製造過程で有害物質を使用しないなど、その名前のとおり、エコロジーの観点からも非常に高い評価を得ており、時計としては初めて「エコマーク商品」に認定されました。


「電波時計」自動的に時刻やカレンダーを修正

その誤差は10万年に1秒という正確さをもつ“原子時計”をもとに送信される標準電波を受信し、自動的に時刻を修正する電波時計。おおたかどや山標準電波送信所(福島局)と、はがね山標準電波送信所(九州局)の2ヵ所から送信される電波を受信し、日本全国どこでも正確な時刻を得ることができるものです。いち早くこの技術開発に取り組んできたシチズンは、1993年にファーストモデルを発売し、これまで薄型、小型化、多機能など、新機軸を備えたムーブメントを発表してきました。


その他、細かい機能が沢山あるので、説明しませんが、
この時計の魅力は止まらない、狂わない。の二つでしょう。
所謂、「止まらない時計」と言っても過言ではありません。

僕は春夏にしか時計をしないのだけど、何故か時計が欲しくなった。
CITIZEN(シチズン) というブランドが気になったのは、
福山雅治が広告イメージになっていたから、というのもありますし、
篠原涼子なんかも広告イメージとして起用されています。

そもそも、CITIZEN(シチズン) というブランド自体僕は殆ど知りません。
ただ、まあ時計好きの方にはイケてないブランドイメージなのでしょう。


そばにあった、「PMP56-3052」とどちらを買おうか迷いましたが、
惚れたら、「ATP53-3033」がもう欲しくて仕方無いわけです。
デザイン的にはカジュアルなクロノグラフで定番といえば定番。
ちょっと、古臭いイメージだけど、細かなディテールは今時っぽい作り。
メカニカルな印象を与え、高そうな時計にも見えます。


手帳に時計にカメラ。あとはペンを買うだけですね。
男のツールとしてこだわりのある。良い品々に囲まれて、
仕事や勉強に励みたいと思ってます。


ATP53-3033


あと、これは余談ですけど、今日、秋葉原のヨドバシカメラで買いました。
3Fの時計売り場には沢山の時計が置いてありますけど、
CITIZEN(シチズン)のブースが一番人気があって、人で一杯でした。
企業イメージが広告効果で上がったんじゃないでしょうか?

多分、そうだと思いますよ。凄いですね。

EDIFICEでコートとニットを購入

|

EDIFICEでコートとニットを購入。
新宿エディフィスの店内はお客で賑っていた。

EDIFICE コート


EDIFICEはぐいぐい来てますね。
バーゲンでも無いのに、店内が人で溢れています。
5年間着ていた、Pコートを買い換えようとお店にやってきましたが、
エディフィスのコートって案外お手頃な価格なのですね。

コートってこの時期に買ってしまわないと、バーゲンなんかでは、
もう、カッコ良いのは売ってませんので、ダメです。
エディフィスにはイメージ通りのPコートが売ってるだろう?
と思ってましたが、やっぱりありました。一目惚れです。
着丈は短く、身体にフィットしますが、柔らかな素材です。
裏地も入っていますので、着心地も良いです。

エディフィスでコートを買うと5万円ぐらいするのかな?
と予算を取っておいたのですが、半額程度で買えました。


EDIFICE ニット


オリジナル商品を二点以上買うと、10%割引だったので、
ニットも購入しました。ボーダーばかり選んでしまう…


この間、随分と洋服を捨てたので、冬服に関しては
買いなおしの期間に入りそうです。

予算がないので、安くて良い商品を探します。
お店開拓もして行かないとですね。

ユニクロ「+J」が格好良いんです。
これは、仕掛けて来たな!!って感じです。

ユニクロ +J


久々に郊外のユニクロに入ってみると、
何やら、ユニクロらしからぬシルエットの服がある。
何だこれ?すげーーー、カッコ良い。

「+J」という別ブランドの洋服が置いてありました。
ダウンジャケットとかジーンズとか、色々あって、
しかも洋服がちゃんとデザインされてる。


どうやら、これですね。ジルサンダーとのコラボ。
ニュースで知ってはいたけれど、このクオリティですか。
ユニクロはあなどれませんな。。。

ユニクロの商品は品質は良いわけですが、
薄利多売ですので、万人受けするデザインで、
作らなくてはなりません。
要するに、型紙が一般的なんですね。


だけど、ジルサンダーが作る型紙にユニクロの素材。
悪い訳がありませんね。
これで、ファッションに拘る一定の客層も取り込めそうですね。
ユニクロって面白い会社だな…

興味ある方は是非、ユニクロ「+J」は必見です。

SAC'S BARってカバン屋が穴場的で良い。
僕の生活範囲内はSAC'S BARが何件かありますが、
穴場的で良いんです。

SAC'S BAR


カメラを持って出掛ける時に肩掛けのカバンが欲しいな。
と、「PORTER BEAT ウェストバッグ S」を探していました。
都内の有力店舗では売り切れ、ネット上でも売り切れが多く、
在庫を持っているお店が探せなかった。

そんなある日、「そういえば、ここにもカバン屋あったな」と
ぶらりと入ってみると。フツーに置いてた!!


なんてことない、結構穴場じゃないか。
陳列も綺麗だし、新作から定番商品まで取り揃えている。
郊外のお店でも都内と変わらない商品展開なのだけども、
気にも留めてなかった僕の方が良くなかったみたい。

定番ブランドの商品は、都内で探すよりも楽ですね。


東京デリカという会社が運営していまして、
ネット通販なども数多く手掛けているみたいです。

東京デリカオンラインショップ
SAC'S BARのブログ


これからは、チェックしてみたいと思います。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ