SUMMER SONIC 2006に行ってきた - a talk

SUMMER SONIC 2006に行ってきた

|

SUMMER SONIC 2006/TOKYO 8.13 SUN
に行ってきました。

SUMMER SONIC 2006

チケットは高いし、
夏フェスを満喫できる程、
もう若くはないけれど…

MUSEが新譜を出してから初来日!
ってこともあり、夕方から会場入り。
案の定、混沌としてるな…
どんなフェスも絶対にトイレの数が少ない。
ウンチ、したいっちゅうねん。

まあいいや、
MUSEとLINKIN PARKだけ観て帰るし。


つうわけで、MUSEが登場!
ギターにKAOSS PADみたいなのが付いてたな、
擦ると宇宙に飛んで行きそうな音がしてた。
それに、自分で弾いた音をサンプリングして
歌ってた曲もあったと思う。
KT Tunstallとかイギリス方面では流行ってるのかね。
んで、Supermassive Black Holeは弾きながら歌ってた。
やっぱマシューは凄すぎる。

MUSEは来日するたびに観に行ってるんだけど、
ライブパフォーマンスがタイトになった気がする。
もちろん良い意味でタイトってこと。
荒削りのパフォーマンスから一皮剥けて安定した感じ。
新譜と同様にすべてにおいて成長しているんだと思った。

それにやっぱオシャレさんだよね。
テーパードなジーンズって世界的に流行ってるんだな。
日本の若者だけかと思ったけど、違った。
MUSEはファッション性も含めて全部がカッコ良い。


んで、次はLINKIN PARKが登場!
といっても僕は一枚も持ってなかったりする。
理由はないけど、たまたま持ってない。
凄い人気あるんだね。
オーディエンスはノリノリだった。

演奏力とかパフォーマンスとか、
めちゃめちゃ完成度が高くてビックリした。
こういうハードな音楽やってる人達って、
何でも繁雑だと思ったら大間違い。
計算された構成や音作り、
見せるってことに妥協は感じられない。

この手のフェスでトリを務めるアーティストって、
皆さん共通点があると思う。
CDで聴いているかのごとく演奏が完璧。
そして、めちゃめちゃゴージャス。

世界を相手に音楽を奏でる人達ってのは、
出音はもちろんのこと、意識が違うんだろうな…
と思ったわけです。


それにしても、
若者が沢山いる空間は新鮮で良い。
やっぱ僕はリーマンにどっぷりだなと思った。
学生だけじゃなく、
リーマンな人も沢山いたかもしれない。
でも音楽が好きな連中ってアンテナが敏感だから、
みんなカッコ良いよな…

音楽と会場の空気感とオーディエンス達を
存分に満喫できた一日でした。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ