GLAY feat.KYOSUKE HIMUROの感想 - a talk

GLAY feat.KYOSUKE HIMUROの感想

|

Answerをだいぶ聞き込んだので、
ちょろっとコメントを。

GLAY feat.KYOSUKE HIMURO
2006年8月2日 発売

ANSWER
ANSWER

これ、同一キーで歌っていることに
若干の無理を感じるけど、
氷室ロックの低めの声もなかなか美しいね。
TERUとのアンサンブルはそれほど美しくない。
でも、TERUの感無量さは伝わってきて良い。
氷室ロックと共演することを叶えてしまった、
GLAYに対しては再評価に値する。


この楽曲の何が気持ち良さに通じるのだろう?
いろいろ考えてみた。
まず、ドラムの音のチューニングがすごく合っている。
TERUと氷室ロックの声の周波数帯とバスドラの音が
すっごい合っていて気持ちが良い。
で、ビート系の曲なのにバスドラの音が若干大きめ。
だからこの曲はボーカルとバスドラで弾む感じが
強調されてカッコ良く仕上がっている。
また、裏で入っているピコピコ音もそれを助けている。

んで、興奮するべきポイントは歌詞にある。
それは何処だよ?と問われたら、あそこです。
"カナリヤ~の~♪"って箇所。
GLAYというかTAKUROの歌詞の世界には、
カナリヤって言葉が出てくる時があり、それが象徴的。

だけど、そのカナリヤって言葉を氷室ロックが
言葉に出して歌ったということがまた感慨深い。

トレモロって言葉を使ったあたりも、
考え抜かれた歌詞だと思った。


とにかく、聴いてみる価値ありの曲です。
僕たち世代の人間ならちょっとは興奮できるはず!

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ