福山雅治「十七年モノ」ツアーの初日 - a talk

福山雅治「十七年モノ」ツアーの初日

| | コメント(1)

さいたまスーパーアリーナまで、
福山雅治のライブ初日に行って来ました。
ツアータイトルが、
「WE'RE BROS.TOUR 2007」十七年モノ
ってだけあって懐かしい曲やりました!

福山雅治「WE'RE BROS.TOUR 2007」十七年モノ

福山雅治のファン層はやっぱ女性メインですな。
ライブ会場にいる男性は1割ぐらいでしょうか。
僕みたいな男なのに福山オタっているの?

まず、鳥肌モノだったのは序盤。
「IN THE CITY」のイントロが鳴った時だった。
あれ?思いのほか会場の反応薄くねぇ?
おいおい、「IN THE CITY」だぞ!

「IN THE CITY」は「Calling」というアルバムに入ってます。
僕は「Calling」というアルバムを高校生の時に聞き、
この曲を聴いて東京って冷たい街なんだろうか…と、
まだ見ぬ東京に思いを馳せていたものです。
ステージ背面には大スクリーンで東京のネオン映像。
まさに、この曲のイメージにピッタリです。

そして続いて、「Cool」の妖艶なリズム。
「Cool」は「BOOTS」というアルバムに入っている。
「IN THE CITY」しかり、「Cool」しかり会場の反応薄い…
アルバムの片隅にある曲なので忘れてる?
それとも、どちらの曲もマイナー調なので嫌い?

なんだよこいつら、ガッカリだ!!
ちゃんとアルバム聴いて出直して来い。

前々から思ってたんだけど、
「Peach!!」とか「HEAVEN」って福山雅治の
イメージを落としてない?
昔みたいに魂のある曲でもないし、
最近みたいに大人びた感じでもない。
内容が無いっていうか何て言うか…
カッコ良くないよね。
こういう曲の方が盛り上がってる感じだし。
福山雅治には安っぽくなって欲しくない。


愚痴はその辺だけかな。
新曲の「東京にもあったんだ」って曲は
凄い良い曲です。ちょろっと泣けました。
あと、CMで流れている曲も新境地だね。
ちょっとラップっぽいAメロから耳に残るサビ。
Dメロでさらっと変化をつけるあたりが憎い。

で、僕的に最強に嬉しかったのは、
ギター一本で弾き語りの「MELODY」です。
この曲を聴くと涙が出そうになります。
丁度、この曲で福山雅治にどっぷりハマリました。
あの頃の僕は今の僕をどう思うだろうか?
何か大きなモノを捨ててしまった気がします。
感慨深く聴くことが出来た。

とにかく福山雅治は美しく男らしくファンに対して
優しい男だと再認識しました。
20日(土)もさいたまスーパーアリーナまで
福山雅治を観に行きます。
少しセットリストが変わると嬉しいんだけどな。


ライブの詳細は「ゆーこ☆の音楽にっき」さんが、
詳しく書かれています。

コメント(1)

トラバありがとうございます。
初日ってホントは好きじゃなかったのですが、
やっぱり初日は面白いな~と思いました。
アタシも明日参戦します。明日は高い場所からの
参加となりますので、また違った角度から楽しめ
ればいいな~と思ってます。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ