MUSEの来日公演に行ってきた - a talk

MUSEの来日公演に行ってきた

|

昨日(3月12日)はMUSEのライブを観るために、
東京国際フォーラム ホールAまで行ってきた。

MUSE 2007/3/12(月) 東京国際フォーラム ホールA

サマソニ06'以来のMUSEの来日です。
かなり気だるい前座のバンド演奏が30分程あり、
少しテンションが下がってしまった。

東京国際フォーラム ホールA
ってのは座席があります。
スタンディングじゃない環境のMUSEでは、
今一、”こっち”もノリきれない。
座席の場所が2階席だったんだけど、
音がこもったりビビったりハウったりで、
お世辞にも音が良いとは言えなかった。
PAミキサーには頑張って欲しい。


仕事のストレスぶっ飛ばせ!!ってことで、
マシューの神憑り的なギタープレーを
観て聴くことだけに集中してみた。
毎度毎度のことながら、
あのギタープレーと歌声は宗教的だよ。
精神世界の投影というか、混沌と静寂が
同居した捻れた空間を作り出している。
まるで、「ムンクの叫び」を音で表現している感じ。
叫ぶムンク。空が赤いことへのAnswer。
そして、対比した紺色の静寂。

今回は最新アルバムを中心としたセットリストなので、
ドラマティック且つ繊細で広大な世界観でした。
宇宙をモチーフにしている所も意味ありげですね。
これまでの内なる精神世界から飛び出して、
外へ溢れ出た感じなんでしょうか?
マシュー自身の成長とMUSE全体の成長を感じます。

サマソニ06'の時も書いたけど、
Supermassive Black Holeはあのリフを
歌いながら弾いています。
歌を唄ったりギターを弾いたりする人なら、
この曲の難しさが理解できるはず。


公演時間が長めだったと思う。
アンコールが2回もあった。
MUSEってアンコールとかやるんだねぇ…
今までの来日公演はやってないから、
何かとても有り難い気持ちだった。
Plug in Babyは一番盛り上がったね。
キャッチーでポップで最高です。


で、僕的に色々感慨深かったのは、
Knights Of Cydoniaって曲です。
この曲さ、本人達の思い入れも強いのかな?
お客さんもこの曲が好きみたいだね。

ライブで聴くまでは特に気にしてた曲でも無く…
あのライブ最後の盛り上がりは凄いな。
確かに曲の構成とかサビのオーバーダビングとか
緩急のある所とかMUSE色満載だね。
まさにMUSEってバンドが重ねたキャリアの上で
出来上がった曲だと思う。
で、Knights Of Cydoniaのサビのフレーズが、
何かに似ているなぁ…、って考えていた。


お経の一節に似てない?


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ