氷室京介「TOUR 2008 JUST MOVIN’ ON」武道館初日 - a talk

氷室京介「TOUR 2008 JUST MOVIN’ ON」武道館初日

|

2008年9月1日(月) 日本武道館まで、
氷室京介のライブに行ってきました。
KYOSUKE HIMURO 20th anniversary TOUR 2008
JUST MOVIN’ ON -MORAL~PRESENT-

と題されたツアータイトルの日本武道館の初日公演です。

氷室京介 2008年9月1日 日本武道館


前回、さいたまスーパーアリーナのレポートを書きましたが、
何故、またライブに行ったのかと言いますと…
このライブの後、ずっと「NATIVE STRANGER」の歌詞が、
頭から離れなかったから。

具体的には以下の部分

~なぜここにいまがあるかを 知りたい


この部分が頭から離れない。。。ずっと離れない…
作詞はヒムロックが書いたわけじゃないけれど、
ライブに行くまではあまり好きじゃなかった曲に惹かれる。
そんなこともあるのだろうと思う。


だから、もう一度行って、確かめたかった。
”なぜここにいまがあるかを知りたかった”のかもしれない。


今日のヒムロックは何かが違っていた。
とても元気で、お茶目で、よくしゃべる。。。
そして、ライブ自体もとても良いライブだったと思う。
おそらく、他の方もレポートしていると思うのだけど、
こんなに良いライブは久々に観たと思う。

お客さんのノリ、アーティストのテンション。会場が時間を追うごとに
化学反応を起こして、異様な雰囲気に包まれていた気がする。
やっぱりライブは演者とお客が双方で作り出す物だと感じた。

ただねぇ、2階スタンドのX列という普段開放しない席だったので、
音は良くなかったですね。篭った感じで聞き取りづらい個所もあった。
でも、良いさ。こんなに良いライブを観せられては文句も無い。


今回はセットリストも凄まじく良かったと思う。
「CLOUDY HEART」はやっぱり心に染みますね。
過去からの想いみたいなモノが、曲と共に甦りましたよ。
「魂を抱いてくれ」はアコースティックの弾き語りでしたが、
氷室京介らしいギターの音色ですね。
コードストロークにテンションを織り交ぜた音色。
一弦と二弦の響かせ方が案外上手だったので驚いた。
ずっと生で聴きたかった「SUMMER GAME」も聴けた。

またいつか、氷室京介のライブに行きたいな。
そう思います。


【セットリスト】

1.NATIVE STRANGER
2.SWEET REVOLUTION
3.WILD ROMANCE
4.Girls Be Glamorous
5.Claudia
6.CRIME OF LOVE
7.MISTY~微妙に~
8.Be Yourself
9.DIAMOND DUST
10.STAY
11.SQUALL
12.HEAT
13.季節が君だけを変える
14.Marionette
15.Keep the Faith
16.Say Something
17.WILD AT NIGHT
18.IMAGE DOWN

EN1
19.魂を抱いてくれ(アコースティック)
20.DEAR ALGERNON(アコースティック)
21.RAINY BLUE(アコースティック)
22.LOVER'S DAY
23.CLOUDY HEART
24.VIRGIN BEAT
25.LOVE&GAME
26.JEALOUSYを眠らせて
27.SUMMER GAME
28.ANGEL


関連記事
氷室京介「TOUR 2008 JUST MOVIN’ ON」の初日

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ