Perfume First Tour 『GAME』を観て思うこと - a talk

Perfume First Tour 『GAME』を観て思うこと

|

Perfume First Tour 『GAME』を観て思うこと。
このDVDを観終えて、パフュームについて色々思います。

Perfume
2008年10月15日 発売
Perfume First Tour 『GAME』
Perfume First Tour 『GAME』


すでにこのDVDを観終えた皆さんは、どう思ってるだろう?
知りたかったので、色々なBLOGを読まさせて頂きました。
素晴らしい感想を書かれている方が多いので、
僕が内容について、改めて書く必要も無いなと思います。

あっ、ちょっと変わってる所と言えば、副音声ですかね。
全編に渡り入っているわけじゃ無いですけど、良い企画でした。
Perfume First Tour 『GAME』は素晴らしく高揚感のある内容で、
近年のPerfume人気の訳がこの盤に収録されています。
どうせなら、Blu-rayで出してよ!と思いますけどね。


ここ数年、中田ヤスタカのサウンドに虜になっていて、
その過程でPerfumeもハマっていたわけですが…
Perfume First Tour 『GAME』を観て思ったことを、
僕なりに、ちょっと違った視点を通して書いてみますね。


Perfume First Tour 『GAME』を観終えた僕は、
感動と高揚する気持ちの中、こう思いました。


あらら、出切ったな…


実力と人気がピークに達したな。そう思うわけです。
レミオロメンが「蒼の世界」を出した時も同じ感覚を受けました。
何か一つ終わってしまった感覚。その後は…
これからは飽きられて行く存在に変わるということです。

僕は比較的長く、日本のデジタルミュージックシーンを
追いかけて来た方だと思いますが、
ピークに達した状態から、次への変革が必要だと思います。
こういうデジタルポップな音楽は特にそうですが、
新しいジャンルが中々、創出できない音楽なのです。
そんな中、中田ヤスタカという新たなジャンルが出てきたのですが、
Perfumeというジャンルでもないわけです。

どういう事かというと、Perfumeという素材は中田ヤスタカが
Perfumeのダンスに合う音楽を作っているわけです。
いわば、Perfumeというグループに縛られている形ですよね。
ここで問題が発生します。Perfumeというグループに縛られている
ってことは、Perfumeっぽい音楽を続けるのか?ってことです。


ピークに来たPerfumeのイメージを裏切らない音楽を作るのか?
それとも、これまでのPerfumeを大きく裏切る音楽を作るのか?
そこにPerfumeの今後の運命が委ねられている気がします。
中田ヤスタカはcapsule (カプセル) というユニットを持っていますが、
このユニットは彼の軸なので、ダイナミックに変化して行きます。
時代の最先端を意識したサウンドを作って提供しています。

Perfumeにそれが出来るだろうか?
このままアッパーでポップなエレクトロミュージックを続けるのだろうか?
そこに次のPerfumeが向かう道が隠されている気がします。
あのYMOだってピークを迎えてマニアックな路線に走ったし、
underworldはダークな音楽をやっていたのに、ポップに転向した。

どこかで、音楽性の転換期を迎えて成長して行くのだと思います。


個人的には次は、Perfumeにダークでインサイドな曲を演じて欲しい。
重くてノイジーなディストーションサウンドでも良い。
中田ヤスタカが持つ振れ幅を最大限に利用することで、
次のステップを獲得して欲しいな。そう思うわけです。


随分、生意気な事を書いてしまったと思うけど、
Perfumeってピンクレディーに似ているな…、って思うのです。
飽きられないアーティストに成るには、次が大事。
そう思いませんか?まだまだ僕達を驚かせてください。
11月の日本武道館公演は観に行くことが出来ないけれど、
実力も人気もシーンも最高潮に成熟したPerfumeがそこに居るでしょう。


関連記事
capsuleというか中田ヤスタカという現象
Perfumeという三人組がキテます
「LIAR GAME」のサウンドトラックが良い

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ