福山雅治が歌う「KISSして」の魅力 - a talk

福山雅治が歌う「KISSして」の魅力

|

福山雅治が歌う「KISSして」の魅力。
さて、先日は福山雅治の「化身」が発売されました。


福山雅治
2009年5月20日 発売
化身
化身


「化身」については、はっきり言って何の魅力もない曲です。
疾走感や福山雅治が持つ声の良さが全然出てないです。
まあ。結局はどうでも良い曲ってことですが…
このシングルに入っているKOH+で柴崎コウに提供した、
「KISSして」のセルフカバー音源が何とも良いのです。

これ、多分、福山雅治が自らの弱みを強みに変えた、
初めての作品かもしれません。


というのはですね。。。
福山雅治自身もラジオで語っていたことがありますが、
声質からして、ロックは合わないんですよ。
少し篭った抜けの悪い声なので、ロックなオケには負けるのです。
声が負けてしまって、聴く人の心に入らない。
そんな事実があるわけです。

しかし!この福山雅治版の「KISSして」はロック調。
バリバリのロック調なのに福山雅治の声や歌唱が躍動している。
歌い方を随分と工夫しているな。とは思いますが、
それだけではこんなに声が前に出てこないはずですね。


クランチの効いたギターの音色にドラムも抜けの良い音。
まるでジョンスペンサーの楽曲を聴いているかの様ですね。
テクニカルな部分でも特定の周波数帯が切ってあるかの様な音。
これはとても勉強になりますよ。エンジニアもミュージシャンも
絶対に勉強になる素材だと思う。
僕なんかもロックには声が乗らない人の一人なのですが、
これは初めて聴いた時にびっくりしましたね。
福山雅治が抜けた!すげー、研究されてるなこれ!!
って感じですね。


しばらくは、福山雅治版の「KISSして」を分析して、
歌唱方法、アレンジ能力の改善に役立てたいと思います。


そういえば、シングルの内容を変えて販売する方法が、
最近の流行みたいだけど、止めて欲しいね。
僕は今回のライブは武道館とさいたまスーパーアリーナに
行くつもりなので、タオル付きの初回限定版を買いました。
だけどさ、DVD付きの方もあるし、何よこれ?

こういう商法はアーティスト本人の為になるのかな?
ファンにとってもキツイ商法だと思います。
誰が得をするのでしょうか。疑問に思いますね。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ