B'z「WICKED BEAT」はドライブに最高! - a talk

B'z「WICKED BEAT」はドライブに最高!

| | コメント(2)

B'z「WICKED BEAT」はドライブに最高!
是非、車に一枚積んでおくべきアルバムなのです。



WICKED BEAT


この間、B'zの松本孝弘がグラミー賞を受賞した。
そんな中、「NHKスペシャル メガヒットの秘密 ~20年目のB'z~」
って番組を見て、B'zのストイックさに共感し、感銘を受けたわけです。

どんな世界のプロフェッショナルも自分の仕事にはストイックでしょう。
しかし、稲葉氏のあの健康への取り組みは勉強になります。
簡単に真似できるものではないですけどね。


懐かしい気持ちも湧いてきましてですね。
CDラックから、当時僕が中学生だった頃のアルバムを引っ張り出す。
それが、「WICKED BEAT」ってアルバムなんです。

おそらく、B'zが売れ始めた90年頃の作品だと思います。
当時はバブルでしたし、ダンスミュージックブームでもありました。
ディスコミュージック的なものとかユーロビートも流行ってましたね。
それで、B'zが既存の曲をリミックスしてミニアルバムとして出しました。


この、「WICKED BEAT」は僕個人的にはB'z最高の音源だと思っています。
今聴いてもまったく色褪せないそのビートとダンススタイルは
時代を越えて語りつくされるべきアルバムですが、その存在はわりと
知られていないのかもしれません。


90年当時、「WICKED BEAT」は僕達の青春そのものでした。
友達の家にはSONYのLIBERTYシリーズの重箱式のコンポがありました。
部屋を暗くしたらコンポのグライコが音とともにチカチカと点灯し、
青白い光と音の連動に心躍っていました。とても懐かしい…

そういえば、僕達の年代の田舎者は車の中でB'zを流すっていうのが、
ある種の遊びのスタイルであったことを思い出しました。
WANSとかも車で聴くのが流行ってましたね。


車に「WICKED BEAT」を積んでいざドライブへ。


なんなんでしょう。。。この感覚は…
若い頃の自分と今の自分が交錯して、細胞の一つ一つが
活性化されるような感覚。視界には都会の街並みが流れていく。

「WICKED BEAT」は全編英語の詞です。
4曲しか収録されていませんが、曲の繋ぎ目がありません。
低音はそこそこですが、リズムとギターの融合は90年の作品とは
思えない程のクオリティで出来上がっています。


このアルバムを、知らないかった音楽好きな方、
ドライブ好きな方は是非、購入してみてください。


それにしてもB'zって凄いですね。
今でも90年の作品が新品でアマゾンで売ってるんですね。
そちらの方も驚きました。

コメント(2)

ダンサブルロックってな感じで格好いいですね。

YOUTUBEで見ましたが稲葉氏がカッコいい。

要潤+福山雅治=稲葉氏という感じですね。

まさに同感。同世代でしょうね。免許取り立てで車の中にはこのCDでした。そのころは車でCD聴けることがなんでゼータクなんだろうって思っていました。まさにバブルでしたね。
結婚して子供が出来て、一般的に落ち着いたといわれる年頃ですが、今はカメラとレンズ沼で散財です。
自分が子供の頃に描いた大人はこうじゃなかったような気がします。
いつまでも男は少年ってことかな。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ