a talk : music: 2006年8月アーカイブ

music: 2006年8月アーカイブ

GLAY feat.KYOSUKE HIMUROの感想

|

Answerをだいぶ聞き込んだので、
ちょろっとコメントを。

GLAY feat.KYOSUKE HIMURO
2006年8月2日 発売

ANSWER
ANSWER

これ、同一キーで歌っていることに
若干の無理を感じるけど、
氷室ロックの低めの声もなかなか美しいね。
TERUとのアンサンブルはそれほど美しくない。
でも、TERUの感無量さは伝わってきて良い。
氷室ロックと共演することを叶えてしまった、
GLAYに対しては再評価に値する。


この楽曲の何が気持ち良さに通じるのだろう?
いろいろ考えてみた。
まず、ドラムの音のチューニングがすごく合っている。
TERUと氷室ロックの声の周波数帯とバスドラの音が
すっごい合っていて気持ちが良い。
で、ビート系の曲なのにバスドラの音が若干大きめ。
だからこの曲はボーカルとバスドラで弾む感じが
強調されてカッコ良く仕上がっている。
また、裏で入っているピコピコ音もそれを助けている。

んで、興奮するべきポイントは歌詞にある。
それは何処だよ?と問われたら、あそこです。
"カナリヤ~の~♪"って箇所。
GLAYというかTAKUROの歌詞の世界には、
カナリヤって言葉が出てくる時があり、それが象徴的。

だけど、そのカナリヤって言葉を氷室ロックが
言葉に出して歌ったということがまた感慨深い。

トレモロって言葉を使ったあたりも、
考え抜かれた歌詞だと思った。


とにかく、聴いてみる価値ありの曲です。
僕たち世代の人間ならちょっとは興奮できるはず!

SUMMER SONIC 2006に行ってきた

|

SUMMER SONIC 2006/TOKYO 8.13 SUN
に行ってきました。

SUMMER SONIC 2006

チケットは高いし、
夏フェスを満喫できる程、
もう若くはないけれど…

MUSEが新譜を出してから初来日!
ってこともあり、夕方から会場入り。
案の定、混沌としてるな…
どんなフェスも絶対にトイレの数が少ない。
ウンチ、したいっちゅうねん。

まあいいや、
MUSEとLINKIN PARKだけ観て帰るし。


つうわけで、MUSEが登場!
ギターにKAOSS PADみたいなのが付いてたな、
擦ると宇宙に飛んで行きそうな音がしてた。
それに、自分で弾いた音をサンプリングして
歌ってた曲もあったと思う。
KT Tunstallとかイギリス方面では流行ってるのかね。
んで、Supermassive Black Holeは弾きながら歌ってた。
やっぱマシューは凄すぎる。

MUSEは来日するたびに観に行ってるんだけど、
ライブパフォーマンスがタイトになった気がする。
もちろん良い意味でタイトってこと。
荒削りのパフォーマンスから一皮剥けて安定した感じ。
新譜と同様にすべてにおいて成長しているんだと思った。

それにやっぱオシャレさんだよね。
テーパードなジーンズって世界的に流行ってるんだな。
日本の若者だけかと思ったけど、違った。
MUSEはファッション性も含めて全部がカッコ良い。


んで、次はLINKIN PARKが登場!
といっても僕は一枚も持ってなかったりする。
理由はないけど、たまたま持ってない。
凄い人気あるんだね。
オーディエンスはノリノリだった。

演奏力とかパフォーマンスとか、
めちゃめちゃ完成度が高くてビックリした。
こういうハードな音楽やってる人達って、
何でも繁雑だと思ったら大間違い。
計算された構成や音作り、
見せるってことに妥協は感じられない。

この手のフェスでトリを務めるアーティストって、
皆さん共通点があると思う。
CDで聴いているかのごとく演奏が完璧。
そして、めちゃめちゃゴージャス。

世界を相手に音楽を奏でる人達ってのは、
出音はもちろんのこと、意識が違うんだろうな…
と思ったわけです。


それにしても、
若者が沢山いる空間は新鮮で良い。
やっぱ僕はリーマンにどっぷりだなと思った。
学生だけじゃなく、
リーマンな人も沢山いたかもしれない。
でも音楽が好きな連中ってアンテナが敏感だから、
みんなカッコ良いよな…

音楽と会場の空気感とオーディエンス達を
存分に満喫できた一日でした。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ