a talk : music: 2009年9月アーカイブ

music: 2009年9月アーカイブ

福山雅治「WE’RE BROS.TOUR 2009 道標」代々木に行ってきた。
最終日一つ前の2009年9月26日(土)の代々木第一体育館公演です。

WE’RE BROS.TOUR 2009 道標 代々木第一体育館


WE’RE BROS.TOUR 2009 道標 代々木第一体育館


僕はこれまで「こんなこと」や「あんなこと」で福山雅治の
ライブレポートを書いてきました。

今回、この代々木体育館でのライブ鑑賞が初めてだったことや、
福山雅治のライブで初めてアリーナだったことなどで、
少し緊張していたと思います。


今日の東京はまだ少し夏の香りが残り、軽く汗ばむ陽気。
夏は終わったとはいえ、とても熱く良いライブを経験しました。
諸手を上げて満足というわけではありませんが、素晴らしかったです。
アリーナだったからかもしれませんが、音が良かったです。
反射音が感じられなかったのがビックリでした。

それに、映像が綺麗でしたね。これまで大画面というと、
白い幕なのが常識でしたが、技術革新ですかね。あれは何でしょ…
液晶ではないと思いますが何かわかりません。


序盤、「milktea」で鳥肌が立った。
「ながれ星」や「最愛」を歌ってきた過程があって、
同じ女性目線の曲である「milktea」の表現力が
福山雅治の中で変化したという感じ。びっくりした。


そして、僕は以前にアルバム「残響」が素晴らしい
書きましたが、やはりライブでも素晴らしかった。


「survivor」で更に鳥肌が立った。東京に住んでいる多くの人に
この「survivor」の曲が持つ光景は心に突き刺さると思います。
音色が持つせつなさとアレンジが持つ情感も最高です。

そして、「phantom」は深いですね。ライブ会場を包み込む様な、
福山雅治が持つ心の奥底、闇に触れた気がします。

「ながれ星」ですが、ストーリー仕立ての映像が良かったです。
こういうのが無くても「ながれ星」という曲には、情景が浮かびます。
あえて、具現化しなくても良いのじゃ?とも思いましたが、
映像は皆が浮かべる情景とそんなに遠くはない気がしました。


「稲佐山メドレー」ということで長崎時代を懐古する曲が続きます。
僕は「Good Luck」が聴けて良かったです。
この曲を歌う福山雅治の声が好きなんですよ。。。
キー感が合っているのでしょうか?艶やかで、力強い声で歌います。

そして、今回のライブで印象が変わった曲と言えば、
「旅人」でしょうか。サビは好きですが、
Aメロがサザンのメロディーに似ていて嫌いでした。
でも、こんなにも前向きな曲だったんだ。と改めて知りました。
ライブ会場を包み込む高揚感と合わせて言葉が入りました。

ライブ後半に向けてアップテンポな曲が続きましたが、
アイドルチックな演出が僕は嫌いです。どうにかして欲しい。
でも、「RED×BLUE」は相変わらず踊れますね。
アレンジがこれまでに無い感じでした。


「明日の☆SHOW」「道標 」で本編は一度終了する。
すげー、もう軽く二時間は過ぎてる…

僕はこのライブの凄さを改めて感じていた。
まず、完成度がとても高い。もちろんツアー終了間近なので、
完成度は高くてあたり前なのだけど、福山雅治の楽曲の良さ、
福山雅治の想いみたいなモノがちゃんと伝わるライブだった。


そして、アンコールです。
「KISSして」は本来はもっとロックな感じだけどね。
お客さんも含めて何か、ちょっとライトな感じで嫌だった。
「最愛」は本当に良い曲ですね。好きです。
ただ、この曲を歌っている福山雅治の立ち姿が疲れていた。
簡単に言うと、格好良く無かったです。
もう少し、序盤に毅然とした感じで歌って欲しかったかも。


最後の最後で「東京にもあったんだ」の弾き語り。
何度か演奏が危うい感じでしたし、テンポも揺れていた。
珍しいな…、何かが違っていた。
凄く感情を入れて歌っている。こんなにも感情が入った
「東京にもあったんだ」は滅多に聴けないかもしれない。


さて、この日の代々木第一体育館は、
終始、大きな中断も無くテンポ良く3時間を楽曲の披露に
費やされましたが、やはりこれが良いですよね!
曲を聴くテンションが途切れることもなく、楽しめます。
今後はツアーはしゃべり無し、おちゃらけ無しを希望します。

そして、何よりお客さんが盛り上がっていましたしね。
代々木でご一緒できた皆さんに感謝します。
ライブを皆で参加し、作っているんだな。と実感できました。
ありがとうございました。


WE’RE BROS.TOUR 2009 道標 代々木第一体育館


で、上空から飛んできた銀テープと飛行機をキャッチしました。
こういうの別に欲しくないですけど。テンションは上がります。
良い思い出になりました。


以下、たぶん本日のセットリストだと思います。

01. 群青 ~ultramarine~
02. ON AND ON
03. HELLO
04. それがすべてさ
05. IT'S ONLY LOVE
06. milk tea
07. survivor
08. phantom
09. 幸福論
10. ながれ星
11. 稲佐山メドレー
  Fellow
  蜜柑色の夏休み
  Good Luck
  遠くへ
12. 旅人
13. vs.(Instrumental)
14. Peach!
15. Gang★
16. RED×BLUE
17. 追憶の雨の中
18. 化身
19. 想 -new love new world-
20. 明日の☆SHOW
21. 道標

アンコール
22. KISSして
23. 18 ~eighteen~
24. 最愛

Wアンコール
25. 東京にもあったんだ

BOSE「around-ear headphones」を買った。
いわゆる、TriPortって製品ですね。


BOSE around-ear headphones
BOSE around-ear headphones


BOSEの製品って単純に音楽を楽しめる音作りになっていて、
ある意味、聴き疲れが起こし難い印象があります。
ピュアオーディオ的なフラットな音作りのヘッドフォンだと、
耳が疲れてしまうので、遊びはあって良いと思います。

ずっと前から、聴き専用にこのヘッドフォンが欲しくて、
我慢していたのですが、ポイント使って購入できました。
それにしてもトライポートて商品名から変わったのかな?
コンセプトや形は変わって無いみたいだけどね。


しばらく、エージングした後、このヘッドフォンの特徴である
シッカリとした音の分離と、定位感を楽しみたいと思います。

KORG「nanoKEY」を買ってみた

|

KORG「nanoKEY」を買ってみた。
このキーボードはグットコンセプトですね。

KORG nanoKEY
KORG nanoKEY


結局、僕みたいにステップ入力中心の人間で、
鍵盤はまともに弾けないタイプのDTM好きはこれですよ。
ちょっと頑張って鍵盤買っても弾けないから使わない。

和音の響きとか、音色の確認は鍵盤を押したいので、
こういった小さいキーボードで十分です。
nanoKEYの売りは小さいのにベロシティーに対応なところ。
機能面が充実していて、この小ささは感動ですよ。

一つだけ注意点とすれば、USBケーブルが入ってないので、
予め用意しておく必要がありますね。

と思ったら、箱の反対側に入ってた、見つけ難いじゃないか。


まあ、オモチャです。オモチャ。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ