a talk : musicアーカイブ

musicの最近のブログ記事

植村花菜という孤高の天才

|

慌しく仕事をしている僕の耳に届いた美声。
それはラジオから流れてきた艶やかな歌声だった。
曲はユーミンの"やさしさに包まれたなら"なんだけど、
歌ってる人が明らかに違う。。。

ラジオのHPに即効アクセスして現在流れている曲を
調べてみると、そこには"植村花菜"って書いてあった。
植村花菜のオフィシャルウェブサイトをチェックしたら、
ビジュアル面も良じゃん!!

最近、ガールズポップにどっぷりハマり気味です。
前は女性シンガーは聴かない、聴けない体質だったのに、
若い女性がギター持って歌ってるだけOKになってきた...
ただ、植村花菜は孤高の天才だと思う。

こういう人が世の中に出てくると、嬉しくなるね。
世間も捨てたもんじゃない。

っつうわけで、二枚買ってしもた。

植村花菜
New Single 2006.3.29 発売

やさしさに包まれたなら
やさしさに包まれたなら

とにかく、
"やさしさに包まれたなら"は一度は聴いた方が良い。
録音が良いからだろうか?
空気感がびんびんに伝わってくる。
アコースティックギターの乾いた音に
しっとり湿った植村花菜の声。
スピーカーから聴こえてくる音に僕は酔いしれた。
植村花菜の音楽は本来、
乾いた音質の方向性であるはずなのに、
彼女が歌うと湿ったニュアンスが全体に加算される。
なぜだろう?わからない...

植村花菜が歌う、"やさしさに包まれたなら"は
ユーミンのものではなく、彼女そのものだった。

植村花菜
1st Album 2006.1.4 発売

いつも笑っていられるように
いつも笑っていられるように

ガールズポップと言えば、aikoって感じがしますが。
そんな王道を植村花菜にも歩んで欲しい。
この"いつも笑っていられるように"というアルバムは、
彼女がアーティストとしての完成度が高いことを感じさせれる。
まだ二十代前半なのにこの安定感と安心感。末恐ろしい...
ん~、この感じはなんだろう?って考えていたら、
植村花菜はリサ・ローブと共通する何かがあると思った。

和製、リサ・ローブ。
植村花菜という女性が奏でる音楽に今後も注目です!!

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ