a talk : musicアーカイブ

musicの最近のブログ記事

MP3ファイルをDLしたら、ビットレートが様々だった。
どういうことだろう?気になったので、調べてみました。

広い帯域の周波数を含んだ曲はビットレートが増えて、
狭い帯域の周波数しか含まない曲はビットレートが減ります。
まあ、曲によって最適なビットレートが可変するって感じですかね。


可変ビットレート(VBR)について
MP3における可変ビットレート(VBR)はISOで認められた正式な規格であり、これをサポートしていなければ、正式にMP3に対応していると言うことは出来ない。MP2においてはVBRはオプションであったり、MP3 VBRを再生できない不完全な製品が売られているため、時折誤解されることがある。


この可変ビットレート作成に対応しているソフトで、
評判のモノがLAMEってソフトらしいです。
へー。っと感心しながらも、今は使うことは無いや…
と思っていたんですが、ビックリです。

SONAR6でMP3を作成していましたら、これがLAMEだった。みたいな…
最初からSONAR6のエンコード機能に盛り込まれてました。
無知って恐るべし。今まで気にも留めてなかったのですが、
試しに可変ビットレートで作成してみました。


SONAR6 LAME

SONAR6 LAME

これから、益々、音源配信の時代が進むと思うんだけど、
可変ビットレートで最適化されたMP3の配信が主流になるかもね。

KORG DS-10が話題ですね

|

KORG DS-10が話題ですね。
僕はとあるBlogで知ったんだけど、購入しちゃいそう。

KORG DS-10

■公式サイト
http://www.aqi.co.jp/product/ds10/jp/
■公式Blog
http://www.ds10blog.jp/


サンプル音源を聴く限りでは、遊べそうですな。
操作性とかタッチペンで良いんですけど。
パッチとかちょっと敷居が高いかもしれません。
カオスパッドの機能もあるみたいなので、思っている以上に
エモーショナルな音作りもできるのかな?

もう少し、詳細欲しいなぁ...
セーブした音源データをMP3とかWAVEでエクスポートできるの?
その辺の情報が出てくると嬉しいんですけど。


KORG DS-10


<KORG DS-10>世界初!ニンテンドーDSを本格的音楽ツールに変えるソフトが遂に誕生!
2基のパッチング可能なアナログモデリング・シンセとドラムマシン・パート、6トラッ ク16ステップシーケンサーと3種のエフェクトによる多彩な音作り&曲作りが可能。K AOSSILATOR等でおなじみのタッチコントロール・パッドも搭載し、楽器演奏の スキルに関係なく音楽製作を楽しむことができます。プレイ中の動画をピックアップしましたので、まずはその音と操作感をお楽しみください 。


発売日:2008年7月24日
希望小売価格:4,800円(税込)


発売はまだちょっと先になりますが、値段はお手頃。
KORGのアナログモデリングシンセがDS上で手軽に体験できる。
ってわけですので、買ってみる価値ありかもです。

SOIL&"PIMP"SESSIONSについて

|

「SOIL&"PIMP"SESSIONS」について、
ちょっとだけ語ってみたいと思います。
何故、今更「SOIL&"PIMP"SESSIONS」かというと、
特に理由はないのですが、飲み屋で話題が上ったから、
なんとなく語ってみようかと。

音楽ってのはフリーダムでは無いよね。
完全にリバティの方だと思う。
音楽は一定の決まりごとがあって、
その中で自分を表現する。
バンドとなるとチームワークが重要だ。


んで、色々考えるてたわけ。
仕事でもそうだけど、自分を押し殺している人。
自分勝手で自由な人。上手に周りと調和してやる人。
皆をまとめる人。何となく様子を見てる人。etc...
まあ、色んな人がいるわけです。。。

その色んな人が各自の持ち回りに徹して、
一つの現象を起すべく表現をしているのが、
「SOIL&"PIMP"SESSIONS」だと思うのです。


SOIL&"PIMP"SESSIONS
2004年6月23日 発売
PIMPIN'
PIMPIN'


SOIL&"PIMP"SESSIONS
2005年2月9日 発売
PIMP MASTER
PIMP MASTER


僕が「SOIL&"PIMP"SESSIONS」を観たのは、
4、5年ぐらい前だと思うのですが、渋谷・青山のクラブが
フリーパスイベントを実施した時です。
1店舗目で入場料を払えば、2店舗目からイベント参加店舗は
何処でもフリーパスで入場できるイベントでした。
このイベントで渋谷のクラブをハシゴしまくって、
青山の方まで行ったんだけど、多分青山faiだと思います。
(入っちゃ出てを繰り返してたので、何処かハッキリ覚えてない...)

そこで、まだ無名?の「SOIL&"PIMP"SESSIONS」を観ました。
衝撃でしたね。。。拡声器を持って何やら叫んでいる男がいて、
バックグランドで演奏している音は超ジャジー。
超ジャジーって言葉ってある?(笑)わからんけど、
そんな言葉しか当てはまらないよね。
体は自然に踊らされる上に、時折入るアジに高揚する。


その後、なんとなく気にはしては居たんだけど、
NHKのトップランナーに出演していた時に。
「あ、あの時のバンドだ!」ってビックリしました。
最近は世界でも活躍してるのかな?
演奏者それぞれの個性がぶつかって、
絶妙なグルーブを形成するこのバンドは、
ある意味、奇跡的なバンドと言っても良いかもしれません。

多分、各メンバーの根底にある「目指すべき音像」が、
一致しているんだと思います。

Rodrigo y Gabrielaが来日します!
(ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ)
ギター好きなら一度は聴いて欲しい二人組み。
あ~、来日するのか...
観に行きたいな~、チケット売り切れだぁ。
まさにプレミアチケットですな。

<ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ 初来日公演>
2008年3月30日(日) 開場17時 開演18時
@SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGE


Rodrigo y Gabriela
2007年11月26日 発売
Rodrigo y Gabriela
Rodrigo y Gabriela


日本では昨年、口コミで広がった二人組みなんだけど、
何が凄いってそのギターテクニックと音色なんです。
スパニッシュギターを掻き鳴らすその音色は躍動その物。
CDで聞くも良いですが、付属しているDVDもまた凄い。
その映像を観て驚くのが観客との一体感。
これはロックのライブか?座りながらも全身でギターを弾く二人。
スパニッシュギターの音色一つでこんなにも高揚するものか?

レッド・ゼッペリンやメタリカのカバーを演奏するのも憎い。
何だろう?ちょっと言葉では伝えられないなぁ...
youtubeでも映像が落ちているので、要チェックですよ!
スパニッシュギターを抱えた二人組みがその音色だけで、
こんなにも会場を沸かせる事が出来るだろうか?

元々。メタル好きなギターリストが、
フラメンコやらロックやらフォークを取り入れて、
ギターの音色だけで世界を席巻してしまった。
鳥肌物の作品です。


ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの音楽は、
圧縮音源で聴く音楽じゃないね。
CDかDVDで上質の視聴環境で聴きたい音楽です。

CHATMONCHYの奇妙な魅力

|

チャットモンチーの旋律が耳から離れません。
奇妙な魅力とそのピュアなサウンドで快進撃です。

滅多にガールズバンドなんて聞かない僕が、
チャットモンチーを買ってみました。
シャングリラって曲が頭から離れなくて、困っていたのは最近の話。
僕ら世代のシャングリラと言えば、電気グループなんだけど、
チャットモンチーも素晴らしいシャングリラです。

で、気になっていたのでタワーレコードで視聴。
そしたら、他の曲もとても良いじゃないか!ってことで、
二枚購入してしまった。


チャットモンチー
2006年7月5日 発売
耳鳴り
耳鳴り


まだ、荒々しさが残る1stアルバムです。
ポップスではないですね。
ロックなんだけど、温かく、蒼い。
草原の匂いがします。花の薫りがします。
電車に乗ってちょっと遠くの街へ行く時の感覚がします。
この感覚は何なんでしょう???
この手のバンドって現れては消えて、また現れる。
でもね、チャットモンチーは僕らオッサンにグイグイ来るよ。
聴きながら、青春を回想しちゃうな~。
若かったあの頃にもっていた感覚とか悩みとか思い出す。


チャットモンチー
2007年10月24日 発売
生命力
生命力


1stアルバムからの成長が垣間見える一枚です。
チャットモンチーの代表作となるでしょう。
初期のレミオロメンに似た良さを感じてしまうなぁ。
このままの良さをずっとずっと持ちつづけて欲しいですね。
このアルバムは捨て曲は一切無しです。

疾走感と爽快感の奥に、叙情を盛り込んだ曲の数々は
僕らが日々生きて行く為に必要な力にそっとパワーを足してくれます。
その名の通り"生命力"です。僕がこのアルバムをタワーレコードで
視聴していた時、仕事の悩みや日々の生活の悩みから一瞬だけ解放された。
決して大げさじゃない。一度でも良いから聴いてみて欲しいな。
きっと人生は素晴らしい日々の中にあるってことを感じる作品。


それにしても、このジャケットさ。。。
オマージュってことにしときましょうか。
音楽好きなら誰でも解る意図した感じのデザインです。
でも、普通、二枚も連続でやるかなぁ...
まあいいや、チャットモンチーの赤盤、青盤みたいな感じで、
ずっと語り継がれて行くと良いですね。


総評として最後に書きますけど。
チャットモンチーの曲たちを聴いて一番最初に感じたこと。
それは、これ"カメラ日和"じゃん?って感覚。
ちょっと話はズレますが、会社の写真仲間がですね。
写真の傾向を語る時に"カメラ日和"系とか"アサヒカメラ"系
って言い方をしたんです。僕は目から鱗でしたね。
写真にもジャンルってあるじゃん。その時、何かが晴れた。
写真も音楽の様に自分の好きなジャンルや傾向を分析して、
伸ばすべき方向性を見極めたり、弱い所を補ったりしないと成長しない。
なんだか、音楽も写真も同じですね。結局は自己分析なんです。

ってことで、話が大きくそれたんだけど、
まさに、チャットモンチーは"カメラ日和"系です。
音楽のどのジャンルで語るよりも、写真のジャンルがシックリする。
そんなチャットモンチー聴きながら写真を撮ったら、
"カメラ日和"な写真を撮っちゃいそうだ。逆に、"カメラ日和"が
好きな人は是非、チャットモンチーを聴いてみては如何でしょう?
きっと、シックリくるはずですよ!さあ、チャットモンチーで行こう!!

カイリー・ミノーグに恋をしました。
日本テレビのMusicLoversって番組に
出演していたんだけど、一目惚れです。
もう39歳らしいですが...
なんとも綺麗で可愛くてエロい。

何処かで今日のTVの動画落ちてないかな。

Kylie Minogue
2007年11月21日 発売
Fever
コンプリート・ベスト


このベストアルバムにも入っている。
Can't Get You Out Of My Head
って曲はめちゃめちゃカッコ良い!

そして、
80年代に流行った楽曲はこの人だった。
「I Should Be So Lucky」
「Loco-Motion」
そして、Winkがカバーした、
「愛が止まらない ~Turn It Into Love~」
の原曲もこの人の曲みたいです。


いやー、当時中学生ぐらいだと思うけど、
なんだか懐かしい感じ。

CD買おうと思って、アマゾンを見ていたら、
見覚えのあるジャケットが...
僕、カイリー・ミノ-グのCDを持ってたよ。

Kylie Minogue
2003年11月26日 発売
Kylie Minogue
Kylie Minogue


これ、94年に初盤が出た時に、
視聴コーナーで視聴して買ったと思う。
いわゆる、ピコピコ系のテイストとは違います。
ロックとクラブミュージックのソフトな融合。
そんな感じのアルバムです。

なんだか自分でウケてしまった。
一枚持ってるじゃんって...
随分昔に僕は一度、彼女を選択している。
その後の動向は追ってなかったけど、
今また出会えて最高に嬉しいよ!

Lisa Loebのインディーズ時代の作品。
「The Purple Tape」が復刻します。
2008年1月22日に発売です。


Lisa Loeb
2008年1月22日 発売
The Purple Tape
The Purple Tape


いやー、久々に興奮するリリースですな。
ファンサイトでは以前からその存在が囁かれて、
リリースするかもしれんよ?
みたいな情報があったけど、やっと発売だね。
リサファンは気長なのかもしれません。

この「The Purple Tape」はリサが
デビュー前にカセットテープの音源で、
発表した作品をCD化した物です。


リサ・ローブのこと知らない方は、
「The Way It Really Is」ってアルバムを
聴いてみては如何でしょうか?
軽快なアコースティックポップにリサの
美声が心を癒してくれます。


Lisa Loeb
2004年8月10日 発売
The Way It Really Is
The Way It Really Is


CDはバンドサウンドに仕上がっていますが、
リサ・ローブの本当の良さは、
アコースティックギターの弾き語りです。
その弾き語りの良さは世界一だと思います。
ギター一本で世界を周りファンを増やす。
そんな彼女をずっと応援しています。

2005年の来日で渋谷 CLUB QUATTROに
やって来たリサ・ローブを観に行きました。
ライブが終わった後、皆と握手をしてくれて、
直筆のサインを貰った。
興奮が冷めない夜を過ごしました。


リサと同じ
Taylorのギターが欲しいな...
Cutawayの先端が鋭いタイプは、
もう売ってなさそうだけどね。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ