a talk : pc: 2008年2月アーカイブ

pc: 2008年2月アーカイブ

MT3.21からMT4.1にアップデートしたことで、
カテゴリーが表示されなかった件がやっと解決した。

※以下、表示の関係で<>が全角にしてあります。

</MTTopLevelCategories>ってタグがあるらしく、
以下の様に<MTSubCatIsFirst>と</MTSubCatIsFirst>
の前と後ろで挟んであげれば従来通りうごきます。


<MTTopLevelCategories>
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>

</MTSubCatIsLast></MTSubCategories>
</MTTopLevelCategories>


ただし、MT3.21からMT4.1にアップデートすると、
本来のMT4.x系の構造にならず、MT3.x系を引きずるので、
それぞれ各ページにも同様にタグを挟んで上げる必要があります。

①「デザイン」→「テンプレート」→「インデックステンプレート」にある以下の項目
メインページ
アーカイブページ

②「デザイン」→「テンプレート」→「アーカイブテンプレート」にある以下の項目
エントリー・アーカイブ
カテゴリー・アーカイブ


参考にさせて頂いたサイトはこちらです。
ありがとうございます!
MT4のカテゴリ表示タグ

MT4.xでMTPaginateが使えている

|

この数日、MT3.xからMT4.1へ総入れ替え。
これまでのデザインが飽きたので、テンプレートを入れ替えたいなー。
なんて思ってましたので、とりあえず最初にお勉強。

MT4.xになると、MTPaginateが使えないって記事が多いな...
たまにMT4.xでも使える"みたい"的な非検証サイトもあって、
悩んだあげく、思い切ってMT4.1に上げてみた。

なるほどね。大分、中身が変わってますな。
編集する個所さえ覚えれば後で楽になるのかな?


ってことで、いろいろやってましたが、上手く行かず。
とあるサイトの方がトライして成功している様子なので、
僕も参考にさせて頂き成功しました。ありがとうございます!

「デザイン」→「テンプレート」→「アーカイブテンプレート」→「ブログ記事リスト」
を開いて以下を参考に設定すれば分割されます。
それと、年の為にMTPaginateは最新版に上げた方が良いかもしれません。
2008年2月3日、現在の最新はVer1.28です。
昔のバージョンがpluginsの直下にMTPaginate.plがありましたが、
このバージョンは/plugins/MTPaginateとすればOKです。


以下、表示の関係で<>が全角にしてあります。

MT4でMTPaginateを入れてみた


<MTIf name="datebased_archive">
<MTPaginate>
<MTPaginateContent max_sections="8">
<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPaginateSectionBreak$>
</MTEntries>
</MTPaginateContent>
<MTPaginateIfMultiplePages>
<div class="paginate">
<MTPaginateIfPreviousPage_>
<a href="<$MTPaginatePreviousPageLink$>">«</a>
</MTPaginateIfPreviousPage_>
<$MTPaginateNavigator style="links" format_all="All pages" place_all="after" separator=" | ">
<MTPaginateIfNextPage_>
<a href="<$MTPaginateNextPageLink$>">»</a>
</MTPaginateIfNextPage_>
</div>
</MTPaginateIfMultiplePages>
</MTPaginate>
<MTElse>
<MTPaginate>
<MTPaginateContent max_sections="8">
<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPaginateSectionBreak$>
</MTEntries>
</MTPaginateContent>
<MTPaginateIfMultiplePages>
<div class="paginate">
<MTPaginateIfPreviousPage_>
<a href="<$MTPaginatePreviousPageLink$>">«</a>
</MTPaginateIfPreviousPage_>
<$MTPaginateNavigator style="links" format_all="All pages" place_all="after" separator=" | ">
<MTPaginateIfNextPage_>
<a href="<$MTPaginateNextPageLink$>">»</a>
</MTPaginateIfNextPage_>
</div>
</MTPaginateIfMultiplePages>
</MTPaginate>
</MTIf>


ちなみに、僕は<MTEntries limit="auto">を<MTEntries limit="0">と
設定してデフォルトでは全部表示される様にしています。
あと、指定のCSSにも以下を書きます。

/* ---------- paginate ---------- */

.paginate {
text-align: center;
font-size: 80%;
}

/* ---------- paginate_end ---------- */


それにしても、MT4.1へのバージョンアップはテコずった。
この二、三日の間に劇的にアクセス数と検索ヒット率が減ってしまった...
Yahoo!やGoogleのBOTの訪問間隔が短いので、スタティックなページが
表示できない期間が長いとリスクが高いね。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ