a talk : pc: 2008年5月アーカイブ

pc: 2008年5月アーカイブ

ファイルを落としたら、拡張子が「.torrent」だった。
何が何やら解らずにいまして、調べてみました。
「.torrent」はBitTorrentっていうP2Pのシステムを使って、
ファイルをやりとりする為のモノみたいだね。

Winnyが作者の逮捕や著作権保護の観点で衰退しましたが、
傾向的にはWinny→Share→BitTorrentと流行が移ってきたのかな?
この頃はP2Pなんかは全然してなくて、まったく無知です。

まず「.torrent」を使ってお目当てのファイルをDLするには、
クライアントソフトが必要になります。


「.torrent」を扱えるクライアントソフトは沢山あるらしく、
初心者ということで、「BitComet」というソフトをインストールしました。
日本語に対応しているので、何かと気が楽です。
今回、1Gを越えるファイルをDLしましたが重くありません。
各位のキャッシュから頂戴しているということなのでしょうか。
もう少し仕組みについて熟知したい所です。

ってことで、
このサイト「BitTorrentによるファイル共有」に詳細が載って
いますので参考になるかと思います。
ファイルの配布方法はWinnyとは違うようですね。


様々な「.torrent」を配布している海外サイトもあるみたい。
久しぶりにP2Pを楽しむ事ができました。
ちなみに今回DLをしたファイルはCCライセンスですよ。念の為。

前回、MT4.xの復元を試したと書きましたが…
バックアップと復元にはかなり振り回されました。
現象がいろいろありすぎて、全部挙げられないのですが、
覚えている現象だけでも書いておきます。


・「blog_id=」が連番になっている
・ウィジェットセットが全て外れている
・新規作成でブログ記事を書いたら再構築でエラーが出る
・本来のブログ記事のカテゴリでないカテゴリ名が付いている
・エントリーアーカイブのページに同じブログ記事が重複してしまう


これらの現象に遭遇しながらも、完全に元に戻せたのでその記録を。


まず、以下の二件については、仕様なのかもしれません。

・「blog_id=」が連番になっている
→こちらは「MT4.xの復元で「blog_id=」を変更させない方法」で解決。
・ウィジェットセットが全て外れている
→どうしようもないみたい、もう一度組みなおすしかなさそう。


そして、こちら。

・本来のブログ記事のカテゴリではないカテゴリ名が付いている
→復元する時に内容が変わってしまった様子。

ブログ記事のカテゴリ名を変更すれば直るんだろうけど再構築で、
エラーが出たので正常に復元される条件を探すしかなさそう。


・新規作成でブログ記事を書いたら再構築でエラーが出る
→ブログ記事の概要で「タグ」がどうのこうのってエラーが出たり、
 その他、再構築のエラーが出てブログ記事を書いたり修正できない様子。

根本的に上記の件もあわせてブログ記事を再構築してもエラーしない
方法が発見できれば解決しそう。


バックアップの時か復元時にXMLの内容が書き換わった可能性があるが、
復元後の挙動を見ていると、毎回違う現象が出るのでXMLは正常なのかも?
いろいろ調べていると、復元時に上手く復元できないケースがあるみたいだね。
エントリー数が多かったり、カスタマイズをしている人は、
安全策の為にバックアップは分割した方が良いかもしれません。
このMT4.xの復元機能は復元内容にバラつきが生じることがあります。


で、ここまで来るとやれることが限られている。
そもそも、分割してバックアップを取ってなかったので、
現状のXMLで完全に復元できる方法を模索するしかない。


今度は復元時に「グローバルテンプレートを上書きする 」のチェックを入れてみた。
そしたら、見事に成功。上記二項はまったく問題なくなった。

この「グローバルテンプレートを上書きする 」って機能は情報が少ないね…
機能としては理解してないが、僕の様にMTをカスタマイズしている場合は、
グローバルテンプレートを上書きした方が良いかな?
ってぐらいの感覚でしかありません。何の根拠もなしです。

で、喜びも束の間、最後にこれ。
・エントリーアーカイブのページに同じブログ記事が重複してしまう
→ブログ記事の管理画面では正常に各記事が一つエントリーされているが、
 エントリーアーカイブのページをみると記事が重複表示されている。


復元時にMTソースが重複したのかと、調べてみたが大丈夫だった。
今度ばかりは無理かと諦めかけていましたが、閃いた!!
XMLの中を確認しても該当ファイルの記載個所がなかったので、
ブログのエクスポート機能を使えば内容を確認できるな。と。
で、MT4.xにもエクスポート機能があります。

早速、エクスポートしてみました。
中を確認するとそれらしき重複箇所があります。


【変更前】
PRIMARY CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION

【変更後】
PRIMARY CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION


その他のエントリーも同様に削ってあげればOKです。
エントリー数が多いと結構面倒ですけどね。
重複を修正したファイルをインポートする前に、
「ブログ記事の管理」で全ての記事を削除しておきましょう。
そのままインポートするとブログ記事のエントリーが重複します。

ここまで作業をして、ファイルをインポートすれば正常に復元されます。


■復元時にやることのまとめ
・バックアップは分割した方が良い
・復元前に既存ブログは全て消しておく
・復元は「グローバルテンプレートを上書きする 」のチェックを入れる
・ウィジェットセットを組みなおす
・エントリーアーカイブのページに同じブログ記事が重複してしまう場合は、
 エクスポートして重複箇所を修正後、全ての記事を削除後にインポートする。


こんな感じです…、とても面倒な復元でした。

MT4.xには復元というフルバックアップの機能が備わっています。
別のブログを作成途中に復元を試す機会がありましたが、
これがなんだか面倒な機能なわけです。


オペレーション的には非常に簡単にXMLを吐けて、簡単に復元もできます。
ただ、気を付けたいのは「blog_id=」の件ですね。
安全策を取って、バックアップをとる前にブログを複製しておいたりすると、
「blog_id=」が連番になっていて、数字が続きになってしまいます。

たとえば、「blog_id=1」となるブログを複製すると、
「blog_id=2」となるブログが作成されます。
「blog_id=1」と「blog_id=2」が存在している状態で、
あらかじめ取得しておいてた「blog_id=1」のバックアップを使って復元。
そうすると、「blog_id=3」となります。内容は「blog_id=1」と同じですね。
で、「blog_id=3」になっちゃったと思って、これを消してからまた復元すると、
今度は「blog_id=4」になっちゃうわけです。。。


ようするに、ブログが一つでも残っていると連番になるみたいです。
「blog_id=」なんて別に気にしないや!って人は良いのですが、
MultiBlogの機能を使っている場合は「blog_id=」は放っておけません。
全てのブログを一度全部消してから、復元すると「blog_id=1」から
始まるのでお試しください。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ