a talk : pc: 2009年5月アーカイブ

pc: 2009年5月アーカイブ

MT4で404ページエラーを作成する。

MT4には「新規作成」→「ウェブページ」を選択すると、
ウェブページを作成することができます。
普段はブログ記事が表示される領域にページが表示されるので、
デザインはそのままでページの内容だけ作成できるわけです。

今回、HTTPステータスコード404のエラーページを作成するにあたり、
初めてこの機能を使ってみましたが、とても便利ですね。


404エラーの際はこの様なページを表示します。

404 Not Found


僕のウェブサイトはarikawa.comとarikawa.com/blog/の
二つのブログを連結していますので、個別にエラーが出た方が良いです。
今回はBLOGの404エラーページを作成したいので、
/blog/フォルダの直下にし、ファイル名を「404.php」にしました。


404 Not Found フォルダ


これで、MT4側の設定は完了です。
ページが用意できたら、「.htaccess」で404エラーが出た際の
飛び先を指定してあげればOKです。
「.htaccess」以外にも「httpd.conf」で設定する方法もありますが、
レンタルサーバーは「.htaccess」でやるのが現実的です。

「.htaccess」はフォルダに置くとその配下のみを制御できますので、
今回の様にBLOGだけ404エラーを変えたい場合は/blog/直下に置きます。


記述する内容は以下です。

ErrorDocument 404 /blog/404.php


これで、arikawa.com/blog/で発生した404エラーに関しては、
自分で作ったエラーページを返してくれます。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ