a talk : pcアーカイブ

pcの最近のブログ記事

さくらのレンタルサーバがディスク容量増強。
何?それは聞き捨てならない!

「さくらのレンタルサーバ」および「さくらのメールボックス」
サービス改定のお知らせ


さくらのレンタルサーバ ディスク容量増強


まじっすか?スタンダードプランの場合は、
料金が据え置きで、ディスク容量が3倍増加です。
「リダイレクト」機能が無くなりますけど、別に使ってないし。
実施日が2008年11月19日(水)ってことで、
遅ればせながら、確認してみました。


増えてます…、凄い嬉しい~。


これまで、さくらインターネットで借りたサーバーは、
ディスク容量が足りなくなった場合に容量を増やそうと思うと、
別のアカウントで契約をし直さないとダメだった。
そんな面倒なことしたくねぇーーー!!
ってことで、慎重にディスク容量を確保していたけど、
結構、余裕が出てしまいました。


これまで、ディスク容量とブログの継続性を考えて、
画像の圧縮レベルを少し上げて運用していました。
だから、僕のブログの画像は荒くて美しくないですよね。
今回のディスク容量増加を機に、圧縮率を下げてみます


これまでは、PHOTOSHOPの圧縮率は「画質7」です。

PHOTOSHOP 圧縮率

たとえば、PHOTOSHOPの圧縮率を「画質10」で運用。

PHOTOSHOP 圧縮率


PHOTOSHOPの「画質7」と「画質10」は画質的には、
見た目でも確認できるぐらいに違いがあります。
ファイルサイズは大分、「画質10」が大きくなりますけどね。
画質の差でそのデメリットも払拭できます。

「画質10」と「画質12」はこのサイトでも実験されていますが、
画質的には違いがほぼ確認できません。
そして、ファイルサイズは「画質12」が圧倒的に大きくなり、
画質の差が無いにも関わらず容量的に損をします。
だから、ブログ程度で使用するには「画質10」にメリットが
あるのかもしれません。


これからは、PHOTOSHOPの圧縮率を「画質12」で運用。

PHOTOSHOP 圧縮率


しばらく、悩みましたが、「画質7」と「画質12」の容量差は、
画像によって様々ですけど、2倍~3倍です。
今回、ディスク容量が3倍増えたということなので、
思い切って、「画質12」でやってみることにしましょうかね。

そんなこんなで、我がブログの画像が少し美しくなります。

以前、youtubeの動画を簡単にダウンロードする方法でも紹介した。
vixy.netがより便利な機能を提供しています。

vixy.net

http://vixy.net


vixy.net


画面中央に「Vixy.net Converter Desktop Version (BETA)」と
書かれた場所からアプリケーションをDLすることが出来ます。
高負荷だからでしょうか?
いつの頃からかvixy.netでは全然DLできない状況が続いています。
でも、このアプリケーションをインストールすると自分のPC上で、
youtubeの動画を簡単にダウンロードすることが可能です。


vixy.net


さくっと、AVI for Windows(DivX + MP3)にコンバートしながら、
ダウンロードを開始してくれます。
日々、便利になって行くフリーのサービスって凄いよね。

Endeavor NA801を選んだ理由

|

Endeavor NA801を買いました。
悩みに悩んだ挙句NA801を選んだわけですが、
まあ、そこそこ気に入っています。

エプソン Endeavor NA801

7年だか8年だか忘れてしまったが、PentiamⅢ 600MHzのノートPC。
そう、あの名機だったThink Pad S30を使っていました。
HDDを一回も交換していないので、使用頻度を考えたら強烈です。
I/Oが凄く遅くて、メモリも256M。熱処理が悪くて熱かった…
液晶画面が暗くなり、ブラウジングもままならない状態になったので、
この名機とのお別れを決めました。さようなら…S30。
思い出をありがとう。

ってことで、小さくてハイパワーで、画面解像度が出せる機種。
そう、探しましたけど、僕の条件にあうPCはこれしかなかった。


値段は16万円ぐらいまで
14インチまで
WXGA以上
Expressカードスロット
ステレオスピーカー
EXpressスロット
SDメモリーカード(SDHC対応)


これだけは絶対に外せない条件だった。
そして、もう一つ僕を悩ませたのは液晶だった。
最近のノートPCはテカテカ液晶ばかりだね。グレア液晶は嫌だ。
絶対に嫌だ。。。そうなると、あるのだが20万円を超えて、
予算オーバーになる。

最近のテカテカ液晶は移りこみが抑えられているらしいが、
テカテカ液晶を許容するとなると、予算を考えれば、二択。
DELL XPS 1330かエプソン Endeavor NA801。
秋葉原の駅前にDELLのリアル店舗があり、
石丸電気にはエプソンダイレクトのリアル店舗がある。

秋葉原で両機種を触ってから決めようと思った。
まず。DELL XPS 1330だが、テカテカ液晶がマジテカだ。
マジテカっていうのは、マジでテカってる。
キーボードもなんかショボイし、これは無いわ…
次、エプソンダイレクトでEndeavor NA801を確認した。
お。エプソンのあざやか液晶は写り込みが少ないな。
他社のテカテカ液晶となんとなく質感が違う。
で、キーボードはどうだろうか?まあ、そこそこだった。


初のWindows Vistaに戸惑いながらも、
新しいPCはやっぱり速いね。
PCが速いと作業効率がUPすると聞いたけど、
これはUPしすぎかもしれないな…
CPUがインテル® Core™2 Duo プロセッサ T8100で、
メモリを4G搭載した。HDDは7200rpmで120Gを選んだ。
申し分ない構成だよね。そりゃ、快適だよ。

BLOGを書いていて思うのが、速いPCは作業待ちが少ないので、
直感的な操作を実現できるね。PhotoShopの処理も早いし、
ブラウジングも早い。書こうと思ったエナジーを具現化できる気がする。
作業効率が上がったので、必然的にBLOGを沢山書ける。
良いことだらけじゃないか。これまで我慢していて良かった。


ただ、今回この機種を選定した上で思ったこと。
やっぱ、キーボードはショボイや。僕はめちゃめちゃ打ち辛い。
Think Padはおそらく、キータッチ感が最強でしょ?
それからの乗り換えなので、何を持ってしても辛いだろうね。
ミスタイプが多いし、その点は慣れるのを待つしかないのかも。
そして、もう一つは、HDDは7200rpmだと若干熱を持つ。
音も静かで気に入っているんだけど、ファンがぶん回っても、
HDDの温度が40度前後になってます。
許容範囲内の温度とはいえ、左側のパームレストの下に
HDDが格納されているので、若干熱いです。
5400rpmのHDDを選択していれば、熱量を抑えられたと思う。
今度、HDDを乗せ換える機会があったら、5400rpmで良いかなと思う。


そんなこんなで、Endeavor NA801を愛用して行きます。
スペースキーがもう少し打ち易いと良いんだけど…

あ、Windows Vistaのフォントでブラウジングすると、
なんだかネットの世界が新鮮です。
このBLOGもハイカラな感じがして、良いですね。


2008年8月12日:追記
キーボードの打ち難さとファンの放熱対策になるかな?
ってことで、軽量バッテリから標準バッテリに変更してみた。
標準バッテリは角度が付く分だけ、良い気がする。
軽量バッテリの時は左側のファンから発しられた熱で、
机が温かくなっていたが、今はそうでもない。

で、キーボードの打ち難さはというと、キータッチ感は良くなった。
やっぱ、角度が少し付くので、打ち易いね。
でも、キーを打っても文字が抜ける現象は改善せず。
あたりまえか。。。根本的なキー構造の問題だろうな。

まあ、角度が付いたことで、ノートPCを持ち易くなったので、
その点だけは良かったかも。
結局、標準バッテリが良いか?軽量バッテリが良いか?
みたいな検証でしたが、なんだか明確には言えません。
双方に良い点と悪い点がありますしね。

MT4.xのセキュリティアップデートが公開です。
今回はMT4.12にアップデートしました。

http://www.sixapart.jp/movabletype/news/2008/06/20-1415.html

Movable Type 4.x ユーザーにとって必須のセキュリティアップデートである、Movable Type 4.12 、および Movable Type Enterprise 4.12、Movable Type Community Solution 4.03 をリリースします。このアップデートは、6月15日 (日本時間16日) に報告された、アプリケーションの脆弱性を修正するものです。具体的には、Movable Typeのブログ検索機能におけるクロスサイト・スクリプティング (悪意あるユーザーが許可なしに javascript を実行する) を修正します。シックス・アパートは、この問題の対象となるバージョン向けのアップデートを無償提供いたします。


影響を受けるバージョンが以下です。

Movable Type 4.0を含む以降バージョンすべて。ただし、Movable Type 4.2 RCはのぞく。

アップグレードする際はPerl のバージョンに気をつけましょう!!


今回はMT4.1からMT4.12へのアップデートです。
まったく問題無く、サクっとアップデートを実施することが出来た。
MTはアップデートの度に、デザイン面が受け継がれなかったり、
システム面でも面倒なことが多かったが、今回は楽だね。

以前にも書いた、「MT4.xでmt.cgiのファイル名を変更する方法」も有効です。


あと、別件でMT4.2RC2を使ってアップデートのテストをしているんだけど、
MT4.2系は大分期待できると思います。
MT3.36からMT4.2RC2へのアップデートは殆どの機能が引き継がれます。
もちろん、デザイン面もシステム面も綺麗に移行してくれています。
ただ、やっぱり動かないpluginがあったり、動かないMTタグがあったりで、
四苦八苦はしている訳ですけど、MT4.1へアップデートするよりは簡単かも。

なんか、面白いことが解ったら報告しますね。

ファイルを落としたら、拡張子が「.torrent」だった。
何が何やら解らずにいまして、調べてみました。
「.torrent」はBitTorrentっていうP2Pのシステムを使って、
ファイルをやりとりする為のモノみたいだね。

Winnyが作者の逮捕や著作権保護の観点で衰退しましたが、
傾向的にはWinny→Share→BitTorrentと流行が移ってきたのかな?
この頃はP2Pなんかは全然してなくて、まったく無知です。

まず「.torrent」を使ってお目当てのファイルをDLするには、
クライアントソフトが必要になります。


「.torrent」を扱えるクライアントソフトは沢山あるらしく、
初心者ということで、「BitComet」というソフトをインストールしました。
日本語に対応しているので、何かと気が楽です。
今回、1Gを越えるファイルをDLしましたが重くありません。
各位のキャッシュから頂戴しているということなのでしょうか。
もう少し仕組みについて熟知したい所です。

ってことで、
このサイト「BitTorrentによるファイル共有」に詳細が載って
いますので参考になるかと思います。
ファイルの配布方法はWinnyとは違うようですね。


様々な「.torrent」を配布している海外サイトもあるみたい。
久しぶりにP2Pを楽しむ事ができました。
ちなみに今回DLをしたファイルはCCライセンスですよ。念の為。

前回、MT4.xの復元を試したと書きましたが…
バックアップと復元にはかなり振り回されました。
現象がいろいろありすぎて、全部挙げられないのですが、
覚えている現象だけでも書いておきます。


・「blog_id=」が連番になっている
・ウィジェットセットが全て外れている
・新規作成でブログ記事を書いたら再構築でエラーが出る
・本来のブログ記事のカテゴリでないカテゴリ名が付いている
・エントリーアーカイブのページに同じブログ記事が重複してしまう


これらの現象に遭遇しながらも、完全に元に戻せたのでその記録を。


まず、以下の二件については、仕様なのかもしれません。

・「blog_id=」が連番になっている
→こちらは「MT4.xの復元で「blog_id=」を変更させない方法」で解決。
・ウィジェットセットが全て外れている
→どうしようもないみたい、もう一度組みなおすしかなさそう。


そして、こちら。

・本来のブログ記事のカテゴリではないカテゴリ名が付いている
→復元する時に内容が変わってしまった様子。

ブログ記事のカテゴリ名を変更すれば直るんだろうけど再構築で、
エラーが出たので正常に復元される条件を探すしかなさそう。


・新規作成でブログ記事を書いたら再構築でエラーが出る
→ブログ記事の概要で「タグ」がどうのこうのってエラーが出たり、
 その他、再構築のエラーが出てブログ記事を書いたり修正できない様子。

根本的に上記の件もあわせてブログ記事を再構築してもエラーしない
方法が発見できれば解決しそう。


バックアップの時か復元時にXMLの内容が書き換わった可能性があるが、
復元後の挙動を見ていると、毎回違う現象が出るのでXMLは正常なのかも?
いろいろ調べていると、復元時に上手く復元できないケースがあるみたいだね。
エントリー数が多かったり、カスタマイズをしている人は、
安全策の為にバックアップは分割した方が良いかもしれません。
このMT4.xの復元機能は復元内容にバラつきが生じることがあります。


で、ここまで来るとやれることが限られている。
そもそも、分割してバックアップを取ってなかったので、
現状のXMLで完全に復元できる方法を模索するしかない。


今度は復元時に「グローバルテンプレートを上書きする 」のチェックを入れてみた。
そしたら、見事に成功。上記二項はまったく問題なくなった。

この「グローバルテンプレートを上書きする 」って機能は情報が少ないね…
機能としては理解してないが、僕の様にMTをカスタマイズしている場合は、
グローバルテンプレートを上書きした方が良いかな?
ってぐらいの感覚でしかありません。何の根拠もなしです。

で、喜びも束の間、最後にこれ。
・エントリーアーカイブのページに同じブログ記事が重複してしまう
→ブログ記事の管理画面では正常に各記事が一つエントリーされているが、
 エントリーアーカイブのページをみると記事が重複表示されている。


復元時にMTソースが重複したのかと、調べてみたが大丈夫だった。
今度ばかりは無理かと諦めかけていましたが、閃いた!!
XMLの中を確認しても該当ファイルの記載個所がなかったので、
ブログのエクスポート機能を使えば内容を確認できるな。と。
で、MT4.xにもエクスポート機能があります。

早速、エクスポートしてみました。
中を確認するとそれらしき重複箇所があります。


【変更前】
PRIMARY CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION

【変更後】
PRIMARY CATEGORY: INFORMATION
CATEGORY: INFORMATION


その他のエントリーも同様に削ってあげればOKです。
エントリー数が多いと結構面倒ですけどね。
重複を修正したファイルをインポートする前に、
「ブログ記事の管理」で全ての記事を削除しておきましょう。
そのままインポートするとブログ記事のエントリーが重複します。

ここまで作業をして、ファイルをインポートすれば正常に復元されます。


■復元時にやることのまとめ
・バックアップは分割した方が良い
・復元前に既存ブログは全て消しておく
・復元は「グローバルテンプレートを上書きする 」のチェックを入れる
・ウィジェットセットを組みなおす
・エントリーアーカイブのページに同じブログ記事が重複してしまう場合は、
 エクスポートして重複箇所を修正後、全ての記事を削除後にインポートする。


こんな感じです…、とても面倒な復元でした。

MT4.xには復元というフルバックアップの機能が備わっています。
別のブログを作成途中に復元を試す機会がありましたが、
これがなんだか面倒な機能なわけです。


オペレーション的には非常に簡単にXMLを吐けて、簡単に復元もできます。
ただ、気を付けたいのは「blog_id=」の件ですね。
安全策を取って、バックアップをとる前にブログを複製しておいたりすると、
「blog_id=」が連番になっていて、数字が続きになってしまいます。

たとえば、「blog_id=1」となるブログを複製すると、
「blog_id=2」となるブログが作成されます。
「blog_id=1」と「blog_id=2」が存在している状態で、
あらかじめ取得しておいてた「blog_id=1」のバックアップを使って復元。
そうすると、「blog_id=3」となります。内容は「blog_id=1」と同じですね。
で、「blog_id=3」になっちゃったと思って、これを消してからまた復元すると、
今度は「blog_id=4」になっちゃうわけです。。。


ようするに、ブログが一つでも残っていると連番になるみたいです。
「blog_id=」なんて別に気にしないや!って人は良いのですが、
MultiBlogの機能を使っている場合は「blog_id=」は放っておけません。
全てのブログを一度全部消してから、復元すると「blog_id=1」から
始まるのでお試しください。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ