Xiaostyleを大切に持ち歩く方法 - a talk

Xiaostyleを大切に持ち歩く方法

|

Xiaostyleカバー
■RICOH GR DIGITAL

神経質な僕がデジカメを持ち歩くには
それなりの覚悟と努力がいる。

Xiaostyleを末永く使って行く為に、
必要なアイテムを買い揃えました。

まず、付属しているソフトケースを使うべきか?
いやいや、あれはマズイ!
ケース内側のレンズが収まるあたりに、
表面素材の折り返しが存在します。
気をつけないとレンズに傷が付きそう。

そして、本体レンズ部分だが、剥き出しだね…
液晶部分も含めて保護して使用したいな。


ってわけで、
揃えたアイテムはこんな感じ。

■パーフェクトガードナー SH902is専用 液晶保護シート
→カメラレンズ部の丸いシートのみ使用。

他にももっと良いのがあるかもしれない。
現実的にレンズ部分に貼れる大きさは、
直径10mm~12mmぐらいだと思われる。
本製品は約10mmなので選んだ。


■Kenko 液晶プロテクター 1.5インチ
→液晶画像表示部分にピッタリ貼ることが可能。

液晶部分からTOMYロゴ部分の全部をカバーする
大きさを考えれば30mm×30mmぐらいの大きさは必要。
しかし、市販品では存在せず自分で切ってみたが、
なかなか美しく仕上がらず断念した。
本製品は液晶の画像表示部分だけにピッタリフィットする。


■HAKUBA トリコットスエードポーチ SS
→Xiaostyleを入れてヒモを絞ればジャストサイズ。

メガネ拭きにも使用できそうなぐらいの肌触り。
キルティング素材の物もあったが、
デリケートなカメラのを入れるには本製品が良い。


できるだけ持ち歩いて、
LOMO風の味のある写真を楽しむぞ!
なんだか興奮してきましたぞzzz

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ