ファインダーの向こう側、空は琥珀色 - a talk

ファインダーの向こう側、空は琥珀色

|

α100 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DCをぶら下げ、
琥珀色をした夕焼けを追った。

湖の近くまで車を走らせて、
沈む太陽と僕との競争。

逆光を写すのってとても難しいね。
奇跡的な何かに任せてみるしか無いのかも…
もっともっと写真が上手に成りたいと思う。
素晴らしい世界が目の前に広がったら、
確実にそれを伝えられる力が欲しい。


a100_yuhi-hashi_061008
■SONY α100 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


a100_yuhi-michi_061008
■SONY α100 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


a100_yuhi-ki_061008
■SONY α100 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


空ってとっても広いんだね。忘れていたよ…
夕焼けを追いかける。
西日の強さと優しさを同時に感じながら、
秋の深まりを存分に感じた。

東に住む人はあまり知らないのかもしれない。
西に住む人は西日の日差しと伸びた影を
毎日感じながら生きている。
夕刻間際の太陽は往生際の悪い感じで
山や海や湖に沈んで行く。

その太陽の往生際の悪さが西に住む人の
夕刻を感じる元風景。


東京の空は狭いと言うけれど、
きっとあれは空じゃない。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ