RAW画像の現像について - a talk

RAW画像の現像について

|

最近は真剣に写真作品に向き合っていて、
スナップ感覚ってのが無くなったかもしれない。
これじゃダメだと思うわけです。

スナップってのは練習というか、
鍛錬というのか、スポーツで例えるなら、
筋トレとかランニングの位置付けだと思う。
基礎が備わってこそ、良い写真に繋がるのかな。
スナップもちゃんとやろう。


さて、写真作品に向き合っていると言いましたが、
GRDでRAW撮影したDNGファイルからJPEG現像しています。
現像ソフトは市川ラボラトリーのSILKYPIXです。

SILKYPIX Developer Studio 3.0


Photoshop Elementsと随分悩みましたが、
SILKYPIXに決めました。
決め手はやっぱり、デフォルトで備わっている
パラメーターでしょうね。
割と簡単にノスタルジックな写真や、
ビビットな写真を編集することが出来ます。


ただ、やっぱりPhotoshopに比べると、
細かな操作性は落ちますね。
特にトーンカーブの編集なんかは、
Photoshopの方が直感的です。
それと、変倍が発生する処理は絶対に、
Photoshopのバイキュービック法での演算が良いです。
これは過去の僕の経験ですけど、
Photoshopのバイキュービック法はその他、
各種ソフトウェアの中でも一番良いと思います。

SILKYPIXで等倍のJPEGファイルを作成し、
細かな手仕上げや変倍をPhotoshopでやるのが、
現実的なやり方じゃないでしょうか。


JPEGの縮小変倍で注意したいのは、
シャープネスの問題ですね。
画像は縮小変倍すると眠くなります。
その変を補う処理が、アンシャープマスクです。

SILKYPIXでもこの機能が使えるので、
いろいろ研究してみてください。


僕の場合は例えば、
横3264ピクセル×縦2448ピクセルの画像を
横640ピクセル×縦480ピクセルに変倍した時。
アンシャープマスクを以下の様に設定しています。

量「25%」半径「1.0pixel」しきい値「0」レベル


この辺は好みにもよるし、画面表示と印刷物では
最適な値も変わってくると思います。
もっとこうした方が良いよ!
ってのがあれば是非、教えてください。


あと、これは余談かもしれませんけど、
RAWからJPEGに現像する時に色空間設定も気を付けましょう。
sRGBを使いがちですが、後で印刷するならAdobeRGBとか
色空間の広いカラーマネージメント設定で現像しましょう。
JPEGで撮影する時もカメラ側の設定を変更すると良いです。

カラーマネージメントって何?
色空間って何?
って人はこのサイトが解りやすいです。
色を再現する為に決まっている入れ物の様なモノです。
できるだけ再現性の深い階調が出る色空間で撮影して、
後で必要に応じてsRGBに変更した方が良いです。
ちなみにコンデジの多くがsRGBでしか撮影できないのは、
Windowsの色表現がsRGBに準拠しているからです。
要するにsRGBより深い階調が表せる色空間で撮影しても
PCの画面上で見る時は意味ないじゃん!
みたいな発想だと思います。

印刷物の場合はCMYKに変換処理しますので、
別途、プロファイルが必要です。
このサイトが参考になるかもしれません。

まあ、ガンマ値とか色々あるので一番良い色空間は?
って言われても困りますけど、Windowsはガンマ値2.2なので、
AdobeRGBで良いんじゃないかと。
Macはガンマ値1.8なのでAppleRGBが良いのかな?
OS問わず最近のトレンドはAdobeRGBでの運用が
主流なのかもしれませんけど...

ただ、キャリブレーションがとれてないと意味が無いし、
AdobeRGBが表現できるモニタで確認する必要があります。
結局、僕達はショボイ液晶画面で作業するので、
sRGBで良いんじゃないか?とか思ってしまいます。
最近のプルーファーや現像機器はsRGBからの
変換処理に最適化してありそうですしね。

勉強がてら、帆風東京リスマチック
データーを持ち込んで色々試してみると面白いですよ!


この辺、DTP業界の技術サポートをしていた時に、
そうとう勉強と検証をしたんですけど...
大分忘れてしまいました。。。
TIFFやEPS、PDFの話とかも出来たんですが、
思い出したらいつかお話します。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ