「月刊 酒井若菜」を買ってみた - a talk

「月刊 酒井若菜」を買ってみた

|

「月刊 酒井若菜」を買ってみた。
月刊シリーズって値段上がったのかな?

月刊 酒井若菜


前から1500円もしたっけ?と思いましたが。
興味のある女性が被写体ということで、
何年かぶりに月刊シリーズを買ってみました。

酒井若菜が被写体なんですが、良いです。
日常と非日常の隙間を酒井若菜が持つ淫靡な魅力で、
埋め尽くされています。
カメラマンは「CHIKASHI KASAI」という人です。
初めて知るカメラマンですが、とても好みの写真を撮ります。


酒井若菜という女優の艶やかさと、
彼女自身の芸能スタンスみたいなモノが、
上手く表現されているのでは無いでしょうか。

何処となく、神秘的で何処となく、インディペンデント的な
魅力の中に大衆を惹き付ける輝きを持っている。
そんな酒井若菜の今が引き出されていると思いました。
僕もこんな写真撮れる様になりたいです。

モデルさん募集中。。。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ