a talk : photoアーカイブ

photoの最近のブログ記事

合同写真展「Echo of Light」に行ってきた。
場所はJR日暮里駅から歩いてすぐの所にあった。

Echo of Light 澤村 徹

Echo of Light 和田 高広+澤村 徹 合同写真展


僕がいつもチェックをしているブログの著者。
澤村徹さんが合同個展を開催するとのことで、
まったく面識はありませんでしたが、行ってきました。

澤村徹さんの活動は以下のURLで確認することが可能です。
metalmickey's web
metalmickey's blog
metalmickey's montage


Echo of Light 澤村 徹


ギャラリーには素晴らしい写真が空間を彩り、
観に来て良かったと思わせてくれた。
合同開催されている和田高弘さんの作品も素晴らしい。
展示方法や空間の使い方など、勉強にもなりました。

そして、何より、澤村徹さんとお話が出来ました。
とても優しい口調の物腰の低い方でした。
これからもブログや個展で作品を公開し続けて欲しいです。
GRDのカスタム情報も楽しみにしています。


何故、僕は彼の写真が好きなんだろう?
彼の写真はコントラストが濃くアンダー気味な写真が、
多く見受けられます。
そういった、見映えの部分とか、技術的な部分では、
好みの本筋を突いているとは思えない。

このエントリーを書いて行く過程で、その答えが見つかった。
澤村徹さんは写真について、こう述べています。

写真とは何か、という問いは、撮る人によって様々な答えがあると思います。「記録」という人もいるでしょうし、「表現」と答える人もいるはずです。現在のぼくは、「帰結としての自己投影」だと感じています。何を感じてシャッターを切ったのか。なぜそこで撮ろうと思ったのか。そんなことを考えながら、一枚一枚仕上げています。


とても共感します。シャッターを切る行為はその瞬間に、
理由があったから切ったのだと思う。
その理由や表現したいこと、伝えたいことがあるはず。
何気ない日常の一枚やスナップ写真の中にだって、
きっと隠された自分のカタルシスがあるはずだ。

そういった根源を自己追求することで、人は成長し、
作品は育って行くのだと思います。
芸術っていうのは、その繰り返しなんだとも思います。

僕が彼の作品が好きな理由。納得できました。

カジュアルに使うお洒落なカメラバッグ。
いや、カメラバッグとして”使える”カバンを見つけた。
これ、良くない?おしゃれかも?かなりの主観だけど。

キルティング素材 マザーバッグ


いつもの様に新宿のgreen label relaxingを見ていたら…
これ、これですよ。きっと僕の要求に答えます。
どうやら、このバッグは本来の用途はマザーバッグらしいです。
全然、普段使いのバッグとしても使えそう。

デジタル一眼レフカメラを持ち運ぶ目的のカバンに
求める僕なりの要求事項。


■お洒落(おしゃれ)である
重要ですね…、ネットでも随分探しましたが、
お洒落なカメラバッグって存在しないのかもしれません。
ARTISAN&ARTISTがオシャレと言ってる人もいますけど、
街中を持って歩くにはかなり微妙ですね。
機能面が優れている割り洗練されていますけどね。

僕が一度検討していた。お洒落かもしれない!
と思ったカメラバッグを一つ紹介します。
カバンメーカーのLAGASHAとCarryingcase.netのコラボレート商品。
特に、GUNIA[グニア] for cameraはカッコ良いです。
僕の場合、斜め掛けしないので却下ですが…


■ファスナーが金属製以外を使用
プラスチック製のファスナーならOKですが、
金属製のファスナーはカメラを傷付けるので嫌です。

ファスナーが金属なので、却下しましたが、
PORTERのピースも中々良いかとも思います。


■バッグの開閉口が広い
カメラの出し入れが簡単に出来る方がストレスを感じない。

開放口が広いってことだと、帆布素材のトートバッグが良いな。
と思って一時期、購入を検討していたのは、、、
アーツ&クラフツ 【コレクターズ別注】 帆布トートバッグ。
ぶっちゃけ、帆布バッグにしては値段が高いです。


■肩掛けが出来ること
僕は斜め掛けのバッグは使わないので、肩掛けは必須。
何故、斜め掛けは使わないのか?洋服が傷むし、シルエットが変わる。
そして、何よりも似合わないから。
肩掛けなら、そこそこ大人の雰囲気も演出できるしね。

Laboratory BOSTON for cameraも凄い良いんですけどね。
僕の場合、ファスナーが金属製だとちょっと厳しいと思います。
これも相当悩みましたが、却下です…


■素材がしっかりしていること
デジタル一眼レフを入れて歩くので、バッグが型崩れしないこと。
耐久性に優れていることが、条件となる。


■バッグの中にポケットがあること
デジタル一眼レフを放り込んで、他の物も入れるわけだから、
バッグの中でグチャグチャにぶつかり合うのは良くない。
ポケットがあると、小分けに入れられるから。


■バッグの中に金属部品が使われてないこと
バッグの中に金属部品を使ってるのは意味がないので…
手持ちから肩掛けまで可能なPORTERのペイントも良いです。
ただ、バッグの中に金属ファスナーのポケットが付いています。
カメラバッグ選びは難しいですね…
そして、やっぱりPORTERのバッグは定番すぎて、
僕は持ち歩くことが出来ません。


■バッグのマチ(底幅)が大きいこと
カメラを入れるなら、マチが大きくないとダメです。
マチが大きくないとレンズが圧迫されます。


実はこれらを総合して、今回とは別の良いバッグを見つけていました。
それは、BEAMS+Mt.RAINIER DESIGNに別注した、
「B+60/40Tote08FW」ってバッグです。

B+60/40Tote08FW

『Mt.RAINIER DESIGN』の協力を仰ぎ、BEAMS+のオリジナルバッグに新しいシリーズが誕生。今シーズンは60/40素材を使用し作成いたしました。この素材は日本では『Mt.RAINIER DESIGN』のエクスクルーシブ素材になります。
デザインの特徴は、ご好評いただいているキャンバスシリーズのポケットにマチ付きフラップポケットを採用し、クラシックアウトドアの雰囲気を出しています。ライニングにも贅沢に60/40生地を使い、シェラデザインのマウンテンパーカのような見え方を演出。すべてのアイテムに使い易いオーガナイザー(内側)を付けています。
前面には、マチ付の大型ポケットを装着して使いやすさも抜群。上部には雨よけ用のフラップも配備しているため、中の荷物も守ります。ハンドル部は、手提げにも使えて、肩に掛けても良い絶妙な長さに工夫を凝らしました。


とてもお洒落な感じで、マチも大きく素材も良い。
肩掛けが可能で、開閉口が広いですし、ファスナーはプラスチック。
普通にタウンユースのバッグとしても使えます。
インナークッションを入れてカメラを持ち運ぶ予定なので、
これはとても良いカメラバッグになりそうです。

僕はこれを買うか、今回見つけたマザーバッグを買うか悩みました。
本当ならば、どちらとも欲しい所ですが…
いや、買ってしまうかもしれませんが、どちらも売り切れ間近です。
今ならZOZOTOWNBEAMSで買えるかも。


さて、今回見つけたマザーバッグですが、中身はこんな感じ。

キルティング素材 マザーバッグ


キルティングの内側はフェルト生地になっていて、
ひょっとするとインナーバッグも必要ないかも。
カメラはカメラップに包みますしね!!


キルティング素材 マザーバッグ


ポケットが内側左右に4個所あります。
本来は水筒を入れるのかな?ループ穴も一つ。
それと、サブバッグも付いているので何かと安心。

E-420を入れてみるとこんな感じです。


キルティング素材 マザーバッグ


思ったのですが、マザーバッグをカメラバッグにする。
その考えは良いかもしれません。
何故なら、マザーバッグって、マチが大きい物ばかりだし、
丈夫な作りをしていて、沢山物が入ります。
機能面も肩掛けや斜め掛けが出来るものが多く、
ポケットはもちろん多いですね。

マザーバッグでお洒落なバッグを見つけたら、
それにカメラを入れるのは良いんじゃないでしょうか?
今回買ったキルティング素材のバッグは若干柔らかいので、
カメラを入れた時に底が沈むかな?と思ったけど、
その心配は不要でした。E-420程度の重さなら大丈夫です。


とはいえ、もっと良いバッグを探したいので、まだまだ探します。
カメラ持ちの永遠のテーマですよね。
今度は黒色の帆布トートバッグを探します。
一度、電車の中でカメラバッグとして使えそうな、
帆布のトートバッグを持っていた女性を見掛けました。
底の形はスクエアに近く、深さが浅いトートバッグでした。
今度はそんなバッグを探してみます。
見つけたら、また、ご報告しますね。


それか、良いのあったら教えてください。

銀座三愛DCにリアルなフォトギャラリー「RING CUBE」開設!
だってさ、10月22日(火)にオープンしています。

RICOH RING CUBE

東京・銀座の三愛ドリームセンターの8、9階に気軽に写真を楽しんでいただく
「Candid Photo文化」を育む場として、フォトギャラリー「RING CUBE」を、
「GR DIGITAL」発売3周年となる2008年10月21日(火)に開設いたしました。


フォトカレンダー展やリコーフォトコンテスト展の作品が展示されている。
これまでRICOHはGR BLOGなどを通して、
Webでユーザーとの結びつきを強くしてきたと思うけど、
これは良い企画っていうか場所ですね。
詳細はRING CUBEオープン【フォトレポート】で紹介されています。
是非、今度銀座に行ったら寄ってみたいです。

ユーザーと現実の世界で、如何にコミュニケーションできるか?
結びつきを深められるか?そういった視点を探ってるのかもしれません。
写真だって現実世界で被写体との結びつきですからね。
なんだか、これまで以上にRICOHという企業が好きになりました。


僕も写真ブログを別に始めているので、まずはGR BLOGの
トラックバック企画にでも出して見ましょうかね。

montbell(モンベル)のカメラップです。
これに包めばカメラも安心!

montbell(モンベル) カメラップ

montbell(モンベル) カメラップ

montbell(モンベル) カメラップ


前に、SONYのα100を新宿ヨドバシカメラで購入した時に、
サービスで頂いたカメラップを持っていて、それは、生地が厚く、
メッシュ地なので凄い良いです。
それと同じ商品を探しましたが、もう売って無いのですね。
あれ、良い商品なのになぁ。。。

ってことで、代わりのモノを探してみました。
montbell(モンベル)のカメラップです。
ネット上では、とても評判が良かったので買ってみました。
E-420を包み込んで、バッグ入れるには丁度良いですね。
だけど、若干薄いかもしれません。
傷を防止する為の保護程度に役に立つと思って良いです。

今。カメラバッグも選定中なので、これに包んで、
カメラバッグに入れれば最強かも。
バッグのファスナーとかに擦れても傷が付かないからね。


ってことで、このmontbell(モンベル)のカメラップは大変人気です。
ブラックが欲しかったけど、売り切れていたので、情熱の赤。
ガーネット(GARN)を選択しました。
写りが良くないので、実際の色合いはもう少し濃いですが…
皆さんの参考になれば、幸いです。

写真ブログ「ミラクルファインダー」を始めました。
いや、正確にいうと随分前に始まっています。

miraclefinder ミラクルファインダー

http://miraclefinder.jp


何度かこのブログでも書いていましたが、
コンセプチャルな写真ブログを作っています。
ロゴがしっくり来なかったことと、サイト設計に
時間がかかりました。

どういったカテゴリを作れば、カテゴリ選びに失敗しないか?
URLの構造はどうすれば長く愛着が沸くだろうか?
そんなことばかり考えていたら、前に進めなくなりました。
言葉、物語は写真をみると勝手に出てくるのですが…

サイトの設計でつまづくとは思ってなかたかなぁ。


今回は外部サイトを使って、ディスク容量を節約すること。
写真をコミュニティーに晒してみること。その二つが目標でした。
そこで、価格.comを有する(株)カカクコムが運営している
PHOTOHITO」に画像を置いて、その画像をブログに貼ります。


PHOTOHITO フォトヒト

http://photohito.com


ってことで、
パーマリンクは変更してしまうかもしれません。
現段階では模索中ってことで、お願いします。

オリンパス E-420+ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8を買った。

オリンパス E-420 ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8


ずっと欲しいなぁ…、って思っていたけど、
自分の撮影スタイルと機器の選定に迷いがあって、
なかなか、次の一眼レフを買うまでに至らず…
だけど、グループ写真展をきっかけに、前進したくなった。


丁度、キャッシュバック期間も始まったし、
ヨドバシカメラにでも行ってみた所ですね。
なんと、レンズをセットで買うと18%還元じゃないですか!

その場で即決しましたよ。
現在の価格帯に18%還元+キャッシュバック。
良い値段で買えたと思います。
どうせ、来年後継機が出るんでしょうけどね。。。


今回はあんまり書くこと無いです。
「E-420+パンケーキレンズ」については語り尽くされているし、
特に真新しい情報とか無いですしね。


ってことで、買った物は以下です。


「OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-420 ボディ E-420」

「OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」

「OLYMPUS 本革ボディジャケット ブラック CS-8BBK」

「OLYMPUS ショルダーストラップ 本皮ブラック CSS-S101L」

「Kenko 43S MCプロテクター」

「Kenko 液晶保護フィルム オリンパス E-420用 K-852217」

「エツミ ワンタッチキャップ 43mm E-219」


パンケーキレンズはレンズレンズカバーをどうするか?
みたいなのが、何通りか話題になっていますね。
僕は「Kenko 43S MCプロテクター」を基準に考えました。
やっぱり、レンズを剥き出しで使うのは抵抗が…
そうすると必然的に「エツミ ワンタッチキャップ 43mm E-219」
をチョイスすることになりますね。

他にも43mmのレンズキャップは、
「ユーエヌ UN-5443 レンズキャップ (スナップオンタイプ) 43mm」
が良い感じかなと思います。
43mmのかぶせ式のレンズキャップがあれば、
突起を抑えられて良いのになぁ。


本革ボディジャケットを付けると、
バッテリー交換時やメディア交換時に不便ですね。
だけど、手の大きい男性はこのボディジャケットを
付けると持ち易くなるんじゃないでしょうか?
僕はボディジャケットを付けないと逆に持ち難いです。

ストラップもボディジャケットも黒にしました。
小さなボディなので、少しワイルドに見えるのが狙い。
男性が構えてもキュートになり過ぎないから良いかも。
ブラウンもホワイトもカッコ良いですけどね。


しばらくは、E-420+パンケーキとGRD2で頑張ります!


2008年9月24日:追記
さて、ついこの間の話になりますが、、、
必然的に「エツミ ワンタッチキャップ 43mm E-219」
をチョイスすることになります。と書きましたけど…
完全に間違いでした。実際に装着してみるとですねぇ。
ツマミの部分が何だか固くて脱着感が最高に悪いし、
分厚くて、素材も固い感じがするのです。

文章ではなかなか伝えられないこの感覚。
とにかく、パンケーキにこのレンズキャップは合わない。
ってことで、残り手に入る43mmのレンズキャップを揃えてみた。


まずはこれ。

「HAKUBA ワンタッチレンズキャップ 43mm KA-LC-43」

これは厚みが抑えられているが、ツマミ部分が持ち難い。
バネの感覚も自分が欲しい感じじゃない。
実際に「Kenko 43S MCプロテクター」に付けてみても、
あんまり装着感が良いってわけじゃない。


で、その次はこれ。

「ユーエヌ UN-5443 レンズキャップ (スナップオンタイプ) 43mm」

これも厚みが抑えられているし、ツマミ部分も持ち易い。
バネの感覚も良いなぁ…、あっ、Made in Japanか。
装着感も良いし、何より脱着感に違和感が無いなぁ。
んー、やっぱり、Made in Japanだね。。。
まるで純正品かの様な細やかな感覚を追求している。


ってことで、結論。
パンケーキレンズには以下のスタイルで!

「Kenko 43S MCプロテクター」

「ユーエヌ UN-5443 レンズキャップ (スナップオンタイプ) 43mm」


随分と長文になりましたね。
読んで頂きありがとう御座います。

グループ写真展「SOUND OF PHOTOGRAPH」開催中です!
詳しくはこちらをご覧ください。

グループ写真展「SOUND OF PHOTOGRAPH」


昨夜、カメラBarの一角で僕達は写真展デビューを果しました。
自分の力だけでは出来ないこと、人と人が係わって完成する喜び。
この日を迎えるにあたり、いろんな事を学んだと思う。
大事にしたいな。。。情熱も仲間も。

お時間のある方は是非、写真展へお越し下さい。
僕達の本気を観て欲しいな。
お酒でも飲みながら、他愛もない話でもしながら、
時折、写真に目を向けたりしながらでも…
お時間が合えば一緒に行きますよー。


ご連絡はこちらより!!お待ちしております。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ