a talk : terua: 2011年3月アーカイブ

terua: 2011年3月アーカイブ

街中や旅先で使えるカメラバッグを探そう。
っていうことで、このテーマは随分久しぶりですが、
ナショナルジオグラフィックで、興味深いバッグがありました。



ナショナルジオグラフィック アフリカコレクション NG A8220 中型トートバッグ


天然の高品質な丈夫な素材を使用し、使い込むほどに楽しめるダークブラウンのカラーを使った新しいライン「アフリカ」の中型トートバッグです。パッド入り収納ボックスがついているので、カメラやビデオ、その他デジタルガジェットなどの精密機器も整理して安全に持ち運べます。縦長デザインなので、大きめのノートPCも楽々収納。タウンユースにぴったりです。



ナショナルジオグラフィック ウォークアバウト 中型トートバッグ NG W8120


カメラはパッド入りの収納ボックスに入れて保護し、カメラを家に置いていく場合は収納ボックスごと取り出しておくことができます。また、バッグ内部に小物の収納に便利なイージーアクセスポケットを装備。2つのフロントポケットのうち片方はパッド入りです。


上記、二つはトートバッグタイプのカメラバッグですが、
カジュアルなスタイルに合いそうですね。
トートバッグの中にインナークッションが付いている様です。

僕はトートバッグが結構好きなので、興味あります。
できれば、縦型じゃなくてマチが広い横型のトートが欲しいです。



ナショナルジオグラフィック アフリカコレクション NG A2560 中型サッチェルバッグ


天然の高品質な丈夫な素材を使用し、使い込むほどに楽しめるダークブラウンのカラーを使った新しいライン「アフリカ」の中型サッチェルバッグです。たっぷり収納できるスペースに加え、「フロントオーガナイザー」と呼ばれる前面のポケットに、ガジェットやアクセサリを整理して入れることができます。15インチ程度のノートPCも収納可能です。背面のストラップを使い、スーツケースのハンドルにも取り付けられるので、旅行にも最適です。アフリカモチーフ柄のパッド入り収納ボックスが付属しています。



ナショナルジオグラフィック アフリカコレクション NG A8240 大型トートバッグ


天然の高品質な丈夫な素材を使用し、使い込むほどに楽しめるダークブラウンのカラーを使った新しいライン「アフリカ」の大型トートバッグです。トートではありますが、マチ幅もしっかりしており、日帰り~1泊程度の荷物をコンパクトにまとめることができます。15インチ程度のノートPCを収納できるパッド入りパソコン用ポーチと、一眼レフカメラや小型のカムコーダーを入れるパッド入り収納ボックスが付属しています。


上記、二つはちょっとした旅行とかに良さそうです。
ノートパソコンも入りますし、旅先ではこのバッグ一つで
ホテルから出てゆけば、アクティブに写真撮影旅行ができそう。

この手のカメラバッグって値段が高くて手がでないですが、
値段もそんなに高くないですね。


オールドタイプのカメラを入れて持ち歩くと、
格好良さげなバッグです。

ちょっと実物を見てみようかと思います。

B'z「WICKED BEAT」はドライブに最高!
是非、車に一枚積んでおくべきアルバムなのです。



WICKED BEAT


この間、B'zの松本孝弘がグラミー賞を受賞した。
そんな中、「NHKスペシャル メガヒットの秘密 ~20年目のB'z~」
って番組を見て、B'zのストイックさに共感し、感銘を受けたわけです。

どんな世界のプロフェッショナルも自分の仕事にはストイックでしょう。
しかし、稲葉氏のあの健康への取り組みは勉強になります。
簡単に真似できるものではないですけどね。


懐かしい気持ちも湧いてきましてですね。
CDラックから、当時僕が中学生だった頃のアルバムを引っ張り出す。
それが、「WICKED BEAT」ってアルバムなんです。

おそらく、B'zが売れ始めた90年頃の作品だと思います。
当時はバブルでしたし、ダンスミュージックブームでもありました。
ディスコミュージック的なものとかユーロビートも流行ってましたね。
それで、B'zが既存の曲をリミックスしてミニアルバムとして出しました。


この、「WICKED BEAT」は僕個人的にはB'z最高の音源だと思っています。
今聴いてもまったく色褪せないそのビートとダンススタイルは
時代を越えて語りつくされるべきアルバムですが、その存在はわりと
知られていないのかもしれません。


90年当時、「WICKED BEAT」は僕達の青春そのものでした。
友達の家にはSONYのLIBERTYシリーズの重箱式のコンポがありました。
部屋を暗くしたらコンポのグライコが音とともにチカチカと点灯し、
青白い光と音の連動に心躍っていました。とても懐かしい…

そういえば、僕達の年代の田舎者は車の中でB'zを流すっていうのが、
ある種の遊びのスタイルであったことを思い出しました。
WANSとかも車で聴くのが流行ってましたね。


車に「WICKED BEAT」を積んでいざドライブへ。


なんなんでしょう。。。この感覚は…
若い頃の自分と今の自分が交錯して、細胞の一つ一つが
活性化されるような感覚。視界には都会の街並みが流れていく。

「WICKED BEAT」は全編英語の詞です。
4曲しか収録されていませんが、曲の繋ぎ目がありません。
低音はそこそこですが、リズムとギターの融合は90年の作品とは
思えない程のクオリティで出来上がっています。


このアルバムを、知らないかった音楽好きな方、
ドライブ好きな方は是非、購入してみてください。


それにしてもB'zって凄いですね。
今でも90年の作品が新品でアマゾンで売ってるんですね。
そちらの方も驚きました。

デンタルフロスのすすめ

|

デンタルフロスのすすめ。
ってことで、歯間フロスを使いましょう。



クリニカ フロス&スティック 30本


「クリニカ フロス&スティック 30本」は、3連フロスがプラークを絡め取るデンタルフロスです。フロスがプラークを絡めとり、取れたプラークを目で確認でき、歯間三角部分に挿入しやすい3角断面スティックで食べかすを除去できます。ハンドルは奥歯の歯間にもしっかり届き、グリップしやすいロングハンドル。歯磨きの際やむし歯予防に。30本入り。

●フロス
1.フロスを先端の方から斜めに前後させて歯と歯の間に挿入する。
2.歯の側面をこすりながら上下させ、歯と歯の間のプラーク(歯垢)や食べカスを取り除きます。
●スティック
1.上あごの歯間に使うときはフロスが下向きに、下あごの歯間に使うときは上向きになるようにハンドルを持ち、歯間三角に挿入します。
2.スティックをゆっくりと前後させて、食べカスを取り除きます。


半年に一度、歯医者さんで歯の掃除をして貰っていますが、
歯磨きは朝昼晩と欠かさないとしても、歯間にはプラークが
どうしても溜まってしまう様です。

虫歯を気にするのはもちろんですが、加齢とともに、
歯周病の予防も同時に始めなくてならない年齢になったのかなと。


で、いろいろ試行錯誤した結果、このフロスが最高に良い!
ってことになりました。
デンタルフロスって一本糸だけのだと奥歯がやりにくいし、
他のスティックタイプのデンタルフロスは糸の多重度が多い。
糸の多重度が多いと歯間に出し入れする時に、引っかかる。

その点、このクリニカのデンタルスティックは糸が三重と少なめ。
スティクが長いので奥歯まで届きやすい。
なにより、歯間に引っかかり難いのでストレスなく使える。


使い始めて思ったのですが、やっぱ毎日欠かさずやったほうが、
口の中が凄く気持ち良いってこと。
一ヶ月あまり続けてみましたが、歯茎が健康になった気がします。

一度、ハマるとずっと続ける性分なので続けたいと思います。


歯は失うと回復できませんからね。
「デンタルフロスのすすめ」でした。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ