a talk : terua: 2011年7月アーカイブ

terua: 2011年7月アーカイブ

COMPLEX 2011.7.30sun 東京ドームに行ってきた。

日本一心
コンプレックス、再び。
2011年7月31日(日) 東京ドーム


COMPLEX 20110731


昨夜の「COMPLEX 2011.7.30sat 東京ドームに行ってきた
の興奮が冷めないまま。COMPLEXの二日目の夜です。

二日目も抽選が当たるなんて、軌跡的です。
運を使い果たした気もしますが、再結成の夜と終わりの夜の二日間を
COMPLEXで浸れる夜は最高じゃないですか!


COMPLEX 20110731


COMPLEX 20110731


今夜もワルキューレの騎行がSEで鳴り、映像には21年前の映像と
「COMPLEX」の文字が映し出された。

「BE MY BABY」のイントロが流れ出すと東京ドームが割れんばかりの
完成に包まれて、ステージの両端からそれぞれ吉川晃司と布袋寅泰が現れる。
二人は歓声と歓喜に包まれながら中央へ歩き出した。
ステージ中央でふたりは向かい合い、まずは布袋寅泰が握手を求め、
吉川晃司が一拍置いて手を握った。東京ドームは歓声で沸いた。


それからは怒涛のごとく、二人のパフォーマンスが続く。
銀色の髪の吉川晃司はエナメル質の衣装に身を纏い、踊り狂っている。
布袋寅泰はギターを弾きながら踊っている。

こんな格好良い二人が居ていいのだろうか。


今日の吉川晃司はとてもリラックスしていて伸び伸びとしている。
明らかに昨夜のパフォーマンスよりもキレていた。
布袋寅泰は昨夜以上にこの夜を楽しんでいるように思えた。
昨夜は暴走気味のギターフレーズも今夜はカッチリと抑えながら、
譜割りに忠実だったのではないだろうか。

中盤から後半にかけて、吉川晃司はあまり動かなかった。
疲れていたのだろうか?感極まっている場面が多かった様に思える。
布袋寅泰はそんな吉川晃司を見てフォローしていた。


COMPLEXのパフォーマンスは30日は後半が良くて、31日は前半が良かったです。
お客のノリは30日の方が盛り上がっていたように思います。

氷室京介の「全曲BOOWYの復興支援ライブ」と比べるのはナンセンスだけれども、
ライブパフォーマンスは圧倒的にCOMPLEXの方が興奮しました。
お客のノリは圧倒的に氷室京介の全曲BOOWYの復興支援ライブでしたけどね。

COMPLEXは「恋をとめないで」や「RAMBLING MAN」は東京ドームが
割れんばかりの大合唱だったので、合唱しやすい曲かどうかってのも
あるとは思います。どっちが踊れたかというと、間違いなくCOMPLEXですね。
ちなみに、「恋をとめないで」は日曜日の夜さ~って歌いました。


あと、東京ドームのライブは酒を売るのはやめて欲しいです。
酔っ払って暴れ出したり、ライブ中に酒を買いに行ったり、タバコ吸いに行ったり、
そばで純粋に楽しんでいる人間のテンションを下げます。
特にCOMPLEXのライブはマナーが悪かったです。その点が残念でした。


きっともうCOMPLEXをすることはないのかな?
一緒に楽曲を作って何年かに一度だけライブやってくれるだけで、
僕達は生きる喜びを一つ頂けるのですけどね。

また、期待しないでずっと待ってみます。


■20110731 セットリスト

-SE- ワルキューレの騎行
1.BE MY BABY
2.PRETTY DOLL
3.CRASH COMPLEXION
4.NO MORE LIES
5.路地裏のVENUS
6.LOVE CHARADE
7.二人のANOTHER TWILIGHT
8.MODERN VISION
9.そんな君は欲しくない
10.BLUE
11.CAN'T STOP THE SILENCE
12.CRY FOR LOVE
13.DRAGON CRIME
14.ROMANTICA
15.PROPAGANDA
16.IMAGINE HEROES
17.GOOD SAVAGE
18.恋をとめないで
19.MAJESTIC BABY

--encore1--
20.1990
21.RAMBLING MAN

--encore2--
22.AFTER THE RAIN

COMPLEX 2011.7.30sat 東京ドームに行ってきた。

日本一心
コンプレックス、再び。
2011年7月30日(土) 東京ドーム


COMPLEX 20110730


2011年4月28日にCOMPLEXが21年ぶりに再会するとのニュースが入る。
3.11東日本大震災のチャリティコンサートという名目だった。

僕は世の中のロックミュージック、ロックミュージシャンの中で、
COMPLEXが一番好きです。

BOOWYは歌詞とメロディが幼稚な感じがしますが、
COMPLEXはまさにロックそのものですし、社会情勢を取り入れた歌詞も良いです。
デジタルロックの先駆けとも言うべきアレンジは現在も色褪せることはありません。
吉川晃司と布袋寅泰が踊りながら歌い、弾く。
この二人の複合ユニットがCOMPLEXそのものなのです。そして、復活するのです。


僕達の世代はBOOWYは小学生の頃に解散してしまい、
COMPLEXも中学時代と生でライブを観れる状況ではありませんでした。
その後はBOWWYやCOMPLEXをコピーしバンドを組んだり、
当時、VHSのビデオは擦り切れるほどに何度も観ました。

特に僕は吉川晃司が嫌いだったのですが、COMPLEXの映像を
観た瞬間に全てを持って行かれた様な衝撃を受けました。
それからは、吉川晃司の大ファンです。
COMPLXは二度と観ることはない、ユニットだと思っていたので、
今回の発表は人生を賭してでも絶対に行かねばならないライブです。

そして、抽選が当たった!


COMPLEX 20110730


COMPLEX 20110730


ワルキューレの騎行がSEで鳴り、映像には21年前の映像と
「COMPLEX」の文字が映し出された。
二度と同じステージで見ることの出来ないと思っていた二人が、
これから、目の前に現るという興奮で一杯になった。

「BE MY BABY」のイントロが流れ出すと東京ドームが割れんばかりの
完成に包まれて、ステージの両端からそれぞれ吉川晃司と布袋寅泰が現れる。
二人は歓声と歓喜に包まれながら中央へ歩き出した。
ステージ中央でふたりは向かい合い、まずは布袋寅泰が握手を求め、
吉川晃司が一拍置いて手を握った。東京ドームは歓声で沸いた。


それからは怒涛のごとく、二人のパフォーマンスが続く。
銀色の髪の吉川晃司はエナメル質の衣装に身を纏い、踊り狂っている。
布袋寅泰はギターを弾きながら踊っている。

こんな格好良い二人が居ていいのだろうか。そんなステージだった。


吉川晃司は少し緊張していた様に思えた。表情や動きが少し固い。
でも、布袋寅泰はリラックスしている様に見える。
ギターの音にエッジ効いていて、これまで布袋寅泰のライブに行っても
こんなエッジの効いた音色で弾いていることは無かったと思う。

ギタリストに徹している布袋寅泰は最高なのではないだろうか?
有り余るフレーズとエモーショナルな音色は時に暴走し、
アドリブの枠を超えていた様にも思える。それほど布袋寅泰が自由に
ギタリストとしてプレイしていた証拠だとも思えた。

後半、「恋をとめないで」以降のパフォーマンスがとても良かったです。
サビの繰り返し回数はきっと大枠でしか決まってないんだろうな。
って感じでその場の雰囲気で楽しんでいた様に感じました。


吉川晃司一人でも、布袋寅泰一人でも絶対に出せない魅力が、
この二人が揃った時に出るんだと改めて認識しました。
東京ドームを出たら、雨上がりの街。

「AFTER THE RAIN」 の世界観と震災と今日がシンクロしました。


最高の夜でした。ありがとう御座いました!


■20110730 セットリスト

-SE- ワルキューレの騎行
1.BE MY BABY
2.PRETTY DOLL
3.CRASH COMPLEXION
4.NO MORE LIES
5.路地裏のVENUS
6.LOVE CHARADE
7.二人のANOTHER TWILIGHT
8.MODERN VISION
9.そんな君は欲しくない
10.BLUE
11.CAN'T STOP THE SILENCE
12.CRY FOR LOVE
13.DRAGON CRIME
14.ROMANTICA
15.PROPAGANDA
16.IMAGINE HEROES
17.GOOD SAVAGE
18.恋をとめないで
19.MAJESTIC BABY

--encore1--
20.1990
21.RAMBLING MAN

--encore2--
22.AFTER THE RAIN

Xperia acroでスマフォデビューしました。


Xperia acro


世界共通モデルでもないのに、
箱のデザインが洋物っぽくて、今一です。


Xperia acro


最初からなんやらアプリが沢山はいっていて、
使い方が良くわかりません。


Xperia acro


箱の中にはUSBケーブルと電源コンセントから充電できるアダプタが
同梱されていました。


Xperia acro


事前に買っておいたパンチング仕上げのシェルカバーを装着。
クッション性は低いものの、軽量性と見た目が良いかなと。



ELECOM docomo Xperia acro SO-02C シェルカバー (液晶保護フィルム付) パンチング PD-SOX3PVPシリーズ


Xperia acro

XPERIA acroって美しいですね。
片手で持って操作するには少し大きい気がします。



Xperia arc SO-01C防指紋光沢保護フィルム


ちなみに、自分が納得できる液晶保護フィルムを4回ぐ貼り直しました。
で、ついに巡り会いましたよ。このrayout製の防指紋光沢保護フィルムは
気泡が入り難いだけでなく、光沢なのに指紋が目立たないタイプです。
指紋が目立たないタイプの保護フィルムはどうしても彩度を落としてしまう製品が
多いのですが、この商品は光沢感有りで、指紋も目立ちにくいです。



Xperia acro 光沢液晶保護フィルム


カメラレンズの保護は付いていないものが多いですので、
この商品をかってカメラレンズだけ貼りました。


お財布携帯も使えるスマートフォンライフを満喫したいと思います。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ