a talk: 検索結果

a talkでタグ「カメラ」が付けられているもの

RICOH GR DIGITAL3を購入した

|

RICOH GR DIGITAL3を購入した。
十分、GR DIGITAL3が安くなってきた所で、
どうしても我慢ができなかった。

RICOH GR DIGITAL3


このGRD3は正統な進化を遂げています。
レンズはF1.9と明るく、シャッタースピードを稼げますし、
夜間の撮影にも耐えられます。

従来のGRD2よりもフォーカス速度が速く、マクロモードの
焦点も早いです。良いこと尽くめ。


ボディサイズが少しだけ大きくなっていますが、
僕の手の大きさには丁度良いかもしれません。
そして、重量感もこちらの方が好きです。
カメラを持っているという感覚が付いて回ります。

画質の面では開放域でもシャープな画像を楽しめますし、
若干ボケも期待できます。
昼間の写真は一眼と比べても遜色無い画質となってます。


今回も引き続き、新宿のマップカメラで以下を購入。

ARTISAN&ARTIST「特注GRレザーネックストラップ」
RICOH 「ソフトケース GC-3」
Kenko 「液晶プロテクター リコーGR DIGITAL3用」


こんなにも成長したGRD3を持ち運べるなんて、
写真への意欲がまた湧いてきます!!

Acru(アクリュ)でお洒落なカメラストラップが買える。
「ファッションとカメラの新しいカタチ」とのことです。

Acru(アクリュ)


先日、カメラ関連のブログを色々見ていたら、
お洒落なカメラストラップを発見しました。
調べてみると、このAcru(アクリュ)というお店の品物らしい。

ハンドメイドの手作り感とこだわりの品々が並んでいます。
オンラインショップでも購入できるので、今度買ってみたい。


革のストラップも良いけど、「麻ストラップ」って商品が、
とても良いんじゃないかと思ったり。
実物を見てみたいですね。。。

RICOH GR DIGITAL3に触れてきた

|

RICOH GR DIGITAL3に触れてきた。
銀座のRICOH RING CUBEまで行ったわけです。

RICOH RING CUBE


GRD3の基本情報が発表されています。
金銭的にすぐには買えないで、スルーするつもりでしたが、
サンプル画像の出来が良かったので、実際に触ってきました。


RICOH GR DIGITALⅢ


GRD3の詳細はここに書かれているのを読んでいましたが、
実際に触れてみて感じたことは、これまでのGRDシリーズから
一段ステップアップした印象です。

パッと見はこれまでのGRDと変わらないのですが、
触った感じや剛性感がしっくりきました。
若干、ボディサイズが大きくなり、重量も増えているのかな。
逆に男性の僕の手にはシックリ来ましたし、手に馴染みました。
カメラを持っているという感覚が手から味わえます。

どちらかというと、これまでのGRDは手の中に納まる感じで、
一体感はあるものの、カメラを持つって感覚が少し欠如していた。
そう、感じさせてくれる程、僕は好印象でした。


あと、驚いたのは、フォーカスのスピードですね。
これは明らかに改善されています。
小気味良く合う、フォーカスに見やすい液晶画面。
液晶画面が3.0型になったことは歓迎できるのかな?
と思っていましたが、3.0型になって正解です。
画面が大きくなったことで、解像度が増えていますので、
ファンクション操作のメニュー画面の情報量が多くて見やすいです。

すぐに買うつもりは無かったですが、欲しくなりました。。。


あと、F1.9のレンズ効果っていうのは、
試し撮りしただけでは良くわかりませんでした。
それなりの被写体と環境下で使用しないと、
本当の良さは解らないのかもしれません。


RICOH GR DIGITALⅢが安くなったら買いたい!!


RICOH GR DIGITAL2のセッティングについて、
最適な設定はなんだろう?なんて考えています。

RICHO GRD2


ずっと、GR DIGITAL2を使ってまして、
写真が意図した描写にならないことが多かった。
何度も同じ条件でトライできる状況なら、
撮り直せば良いのかもしれませんが、そうはいかない。

これまでは絞り優先モード中心にISOや露出設定を
マニュアルで合わしていましたが、止めました。
このGR DIGITAL2ってカメラはフルオートでバシバシ
シャッターを切って行くことに意義があるカメラなのかも。
しかも、フルオートの方が自分で設定した画像より良い…
これは瞬時にその瞬間に良い設定をGR DIGITAL2が
選んでくれるからだろう。。。
もっと言えば、GR DIGITAL2に合ったセッティングに
自らを合わせてくれると言っても良いかも知れない。


だから、フルオートで撮るのが良いんです!
「オート撮影モード」
「ISO:AUTO HI」
「ホワイトバランス:AUTO」

そして、好みの問題だが、コントラストを変更。
「画像設定:コントラスト最大」


露出だけはその場で調整しますが、
実際の撮影時はシャッターを軽快に押しまくります。
被写体の動きが大きい場合は「ISO:400」ぐらいで、
固定してしても良いでしょう。

これだけで、かなりGR DIGITAL2のパフォーマンスを
引き出せる様な気がしました。
この1、2年考えていた僕の写真撮影スタイルも
段々確立されて来た様にも思います。


何度もやり直したい”意図”ある写真とか、
一眼レフを使う時は細かく自分で設定して撮影しますけどね。
とにかく、シャッターを押したい瞬間に押せる行動力と、
オート設定があれば楽しい写真が撮れる気がする。

RICOH GR DIGITAL2を購入した

|

RICOH GR DIGITAL2 を購入した。
写真に対するモチベーションが少し上がったかな。

RICOH GR DIGITAL2


これまで、自分のカメラ機器へのスタイルとか、
趣味趣向ってのが固まってなかったと思うんだけど、
そろそろ固めて行こうかなと思うわけです。
これまで使っていたデジタル一眼レフカメラと、
レンズ二本を下取りに入れました。
なんだか、物悲しい気持ちなんですが、
「カメラは多数あれど、体は一つしかない」
みたいな状況は何も生まないな。と思うわけです。

マップカメラに行き、下取りセンターでお見積もりを
頂きましたが、やはりこの程度。
デジタル物の価値の割れ方は恐ろしい。
GR DIGITAL2と合わせて以下を買いました。
初代GR DIGITALの時と同じです。

ARTISAN&ARTIST「特注GRレザーネックストラップ」
RICOH 「ソフトケース GC-1」
Kenko 「液晶プロテクター リコーGR DIGITAL用」


でね。前も書いたと思うんだけど…
ARTISAN&ARTIST「特注GRレザーネックストラップ」は最高ですよ。
ネックストラップとしては使わずに、ハンドストラップとして使います。
GC-1に収納した時もバッチリです。
このハンドストラップは、GR DIGITAL2のグリップ感を損なわず、
ホールド感を増してくれます。絶対にお勧めです。

RICOH GR DIGITAL2

RICOH GR DIGITAL2


GR DIGITAL2を少しだけ触ってみての感想ですが、
一言で、「小気味良い!」って感じましたね。
サクサク動いて、サクサク撮れるってのが印象です。
初代GR DIGITALでは感じられなかった部分かと思います。

RAW画像書き込み速度向上
スクエアタイプの撮影
水平照準機能


これらについても、初代からの正統な進化ですよね。
やっぱ、良いわGR2!って思わせてくれました。
オリンパスのE-420+パンケーキの組み合わせも欲しいし、
良いカメラに出会うと写真への意欲が沸くね。わくわく。

リコー GR DIGITAL II
リコー GR DIGITAL2


さてさて、リコー GR DIGITAL2が発売されますね。
発売日は2007年11月22日です。
機能面の改善や、その賛否については、
いろんな方が書かれているので今更書く必要はなし。

ってことですが、
僕としてはそのスペックに内心ホッとした。
EVFが付いていたら即買いだっただろうね。
今の所、すぐに購入する気はないけど、
やっぱ、1:1画像対応やRAW画像の書き込み
速度のアップはとても魅力的。

6万円台前半になったら、買うかも。
GR DIGITALは僕を写真に向かわせてくれた
とても大事な機種。
後続機もコンプリートしてしまうだろうね。

夜の向こう側、GR-Dと採光

|

夜の撮影にも慣れておきたくて、
GR-Dを片手に高円寺の商店街を撮りに行った。
そうすると、高円寺は阿波踊りの祭りだった。
喧騒が嫌いな僕は青梅街道を引き返し、
家路に向かった。祭りは好きじゃない。

東京の夏の夜は普段でさえ、喧騒が増している。
そのうえ、夏祭りなんてのは馬鹿げている。
ノイズの多い町並みに祭りはノイズを増す。


gr-d_oumekaido_060827
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_bustojitensya_060827
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_yukata_060827
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_kabetokanban_060827
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_kage_060827
■RICOH GR DIGITAL


gr-d_uekibachi_060827
■RICOH GR DIGITAL


夜の撮影は高感度が適しているが、難しいね。
GR-Dは高感度でノイズが多いし、手ぶれ補正がない。
ピンボケが凄まじい…
今は下手糞さを楽しんでみよう。
素人の僕にとっては夜の採光は修行が必要だ。

祭りのノイズは慣れないが、
GR-Dのノイズ感には慣れておきたい。
夜の向こう側にあるその瞬間を採光したいから。

GR DIGITAL 白黒画像でお試し

|

GR DIGITALで白黒画像を撮ってみた。
まあ、当たり前の話かもしれないけれど、
RGBの各データを保持して白黒画像を生成する。
グレースケールでは無いってこと。

GR-D ブタの貯金箱
■RICOH GR DIGITAL


白黒画像も面白いね。
GRレンズってのは被写体の本質を誇張するのかな?
無機質であるはずのブタが主張してくる。

GR DIGITALは恐ろしく素人を楽しませてくれるカメラです。

RICOH GR DIGITALを購入した

|

新宿のマップカメラの週末セールで¥62,000にて購入した。
ついでに、現物を見てから決めようと思っていた、
ARTISAN&ARTIST「特注GRレザーネックストラップ」も購入。
このストラップはハンドストラップ状にも変更できます。
カメラケースに収納時はストラップが邪魔にならずに良いです。

上機嫌でヨドバシカメラに移動して、以下の物を購入。
RICOH 「ソフトケース GC-1」
Kenko 「液晶プロテクター リコーGR DIGITAL用」
ProMax 「SD 1GB」


っていうわけで、
僕の日常に RICOH GR DIGITAL がやって来た。
これからは、GR DIGITALが僕の目にした光を集め、
僕がチョイスする時間を切り取ってくれる。

インターネットのこちら側の世界をむこう側の世界へ
伝える手段の一つとしてGR DIGITALが活躍するだろう。


購入記念に一枚撮ってみました。
設定は何もしていません。


GR-D 初日
■RICOH GR DIGITAL


これからの写真生活がとても楽しみです。

とはいえ、
写真を語って行く上で、ブログ界の掟がわからん…
撮った時の状況とかカメラの設定って書いた方が良いの?
それとデジタル画像は縮小処理をするとボケるので、
シャープネスを足した画像をUPした。
これってデジタル画像業界では常識なんだけど、
写真をUPする時に処理をすると邪道とかってあるのかな?

僕は以前にスキャナやデジタル画像や色域空間について、
カメラマンや印刷業界の人をサポートする仕事をしていました。
その時に現場の色々なご意見を頂きながら学ぶことができ、
デジタル画像の成果物については一定のこだわりがあります。
その辺のこだわりも今後語って行ければ良いと思います。

ちょっとだけ紹介すると、
デジタル画像にいろいろ処理を加える時って、
フォトショップを使う人が多いと思います。
もっと自然に自分が撮影したデータを生かした
写真処理を希望しませんか?

そんな希望を実現できるソフトがあります。
富士フイルムが発売している、PICTUNE21です。

様々な画像データの変換作業はもちろんのこと、
濃度やシャープネスの処理方法について、
ノウハウが沢山詰まったソフトです。

デジタルに移行した沢山のカメラマンに愛用されています。
簡単に買える値段ではないけれど、
こだわりのある写真家の方は一度使用してみてください。
きっと、お望みの画質で画像変換してくれますよ。

RICOH GR DIGITAL
RICOH GR DIGITAL


カメラにだけは手を出しちゃイカンと思っていたが、
ついにカメラを始めることにした。

正確にはまだ”始めたい”から”始める”に
気持ちが変化しただけだが、とにかく始める。

比較的に多趣味である僕はカメラにだけは
手を出しちゃイカンと思い、ぐっと気持ちを
抑えていたのは先日までの話。
何か趣味が始まる時に道具から入るのは、
男の性だろうか?

別のことで検索途中に目に止まったブログから、
RICOHのGR DIGITALのことを知ってしまった。
俺が欲しかったデジカメラはこれじゃん!
って直感的に思った。

長年、いつか出会うべき恋人を待ち焦がれていて、
その恋人にやっと出会えたという感じ。
デジタル画像のことや色域空間の話は以前の仕事の関係で、
かなり詳しい方だと思うけど、カメラ自体の操作については
”あえて”避けて来た所もある。

絞り?シャッタースピード?
そんなの始めちゃったら、またお金と時間が…

しかし、このデジカメに出会ってから、
少しずつ勉強し始めてますよー。
まだ、手にしてないデジカメだけど、買った直後から、
ある程度使いこなせるようにカメラについての予習です。

ついに僕、カメラ始めちゃう宣言です。

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ