a talk: 検索結果

a talkでタグ「人物」が付けられているもの

NHK「佐野元春のザ・ソングライターズ」が凄い。
何が凄いって、とてつもなくマニアックです。

佐野元春のザ・ソングライターズ

「ザ・ソングライターズ」は、シンガーソングライターの佐野元春さんがホスト役を務め、日本のソングライターたちをゲストに招いて、「歌詞」すなわち音楽における言葉をテーマに探求してゆく番組です。会場は、佐野さんの母校である立教大学の教室。音楽・言葉表現を志す学生たちを招き、ゲストのソングライターと学生との対話も番組の中に織り込んでゆきます。NHK教育テレビで、2009年7月から9月にかけての夜11時台に、12回シリーズで放送予定。


小田和正の回を「Vol.1」、「Vol.2」と観て、佐野元春の天然さに驚いた。
ゲストの小田和正が知性の人であるならば、佐野元春は感性の人。
ロマンスの中に生きていて、妄想と現実を行き来している人だと思った。

この「THE SONGWRITERS」という番組は佐野元春が、
アーティストを呼んで、創作に対する具体的なメソッドを解き明かす番組。
もの作りに携わっている全ての人に観て欲しい番組です。


で、佐野元春が天然で面白いなぁ。と思っていたが、、、
恐るべしは、さだまさしです。さだまさしは奥深い。
佐野元春が小物に思える程、文学的且つ、具体的です。
具体的とはどういうことか?

文学的だったり、情緒的なものって、多くは具体性に欠けるんですよね。
たとえば、佐野元春は天然ですが、それは感性を重視しているから、
そういう場合は言葉や曲が生まれた原資っていうのを明らかに出来なかったり、
あやふやなままが良いと片付けたりしがちです。


しかし、さだまさしはまったく違うアプローチなんです。
とてもロマンチックで、古典的且つ、ギミック溢れる日本語を多用しますが、
その言葉を選択した意味や、引用元がとても明快なんですよね…

何故、その言葉を使ったのか?
何故、その言葉に導かれたのか?
その言葉が印象付けるモノは何なのか?
その言葉で伝えたい事の本質は何なのか?

その、何?を全て明快に答える事が出来るのです。


僕はこのブログでも何度も語っていますが、作品の結論や意向を
オーディエンスに預けてしまうアーティストは好きじゃありません。
そう言った意味では、さだまさしは凄いです。
作品の本質を語る事ができて、その本質が聴者に届く為の努力をします。
決して、独り善がりの主張ではないと言う事ですね。

人を知り、人を考え、人に語りかける努力の末に、
さだまさしの作品は生まれいるのでしょう。


佐野元春がこの番組を製作するにあたり、
どれだけの準備をして臨んでいるのだろうか?
この番組を観て感じて欲しいです。

良い番組ですね。佐野元春ありがとう!!

ブログ「Elastic」がファッションをメディアする。
ファッション関連で検索していると踏んでしまうサイト。

Elastic


それが、「Elastic」というファッション系のブログなのです。
この方、ファッション業界の人なのでしょうか?
ニュース記事をより集めているだけじゃなくて、積極的に
意見を発信しています。恐れ知らずというか…
ファッションというのは主観的な部分と流行の部分で、
人それぞれの見方があるので、一般論は難しいですよね。
圧倒的な情報量とセンスがある人じゃないと、
説得力のある意見は出せないと思います。

僕は、Elasticの著者のことが気になっちゃいます。


面白い考察を持った持ち主だと思いますし、
サイトがもっと認知されれば新しい系統のアルファブロガーとして、
ファッションについて影響のある人になるんじゃないでしょうか。

勝間和代「起きていることはすべて正しい」と語る。
何故か、無視ができない言葉だと思った。


勝間 和代(著)
2008年11月29日 発売
起きていることはすべて正しい
起きていることはすべて正しい


最近、勝間和代がグイグイきてますね。
テレビのインタビューや討論番組などを観ていて、
理由は解らないけれど、とても気になる女性です。
客観的なデータを用いて、合理性をとことん追求する。
こうすれば、こうなる。こうだから、こうなるはず。
妥協が感じられない自己追求はとてもストイックです。


「起きていることはすべて正しい」という言葉。
この言葉は聞き流すことが出来ない言葉に感じたので、
読んでみようと思いました。
符号化されたこの言葉の真実が理解したかった。
もっと言えば、「起きていることはすべて正しい」と思いたい。
だから、この本を手にして買ってみたわけです。


この本は彼女が語る生き方のフレームワークが詰まっています。
だけど、読み辛い上に、面白味が全く無かったです。
何故、勝間和代に興味が沸いたのだろうか?という根本的なことを、
もう一度、思い浮かべて見たくなりました。
そうすると、一つ思い浮かぶことがありましたよ。
僕は勝間和代のあの話し方が気になっているのかも…
彼女の語り方が、どことなく苛立ち半分で気になります。
話の内容よりも話し方に興味をを持った気がします。


丁度、この前もテレビでユニクロの社長にインタビューをしている
勝間和代を見ましたが、インタビューが上手くありませんでした。
なんとなく、ユニクロの社長も話しづらそうに見受けられたし…
彼女の話し方は自己満足なんですよね、相手の言葉を誘う話し方、
明らかな誘導尋問。呼吸の繋ぎ方、休符の取り方。
どれを取っても上手ではありません。
職業人として上手くないのではなく、人間力として欠けている感じ。
会話の不器用さが際立つ人です。

だけど、話の内容の密度は濃いわけです。
話が上手じゃないのに内容は濃いという、ギャップが面白い。
そんな彼女の微妙なバランスが受けているのかもしれない。
この本の内容その物はそれほど面白く無いのではなく、
彼女が話し下手であることを象徴する様な文章で、
大分損をしているんだろうな。と思いました。


読み手に伝わらなければ、伝えなくては意味がありません。
自己追求をするのであれば、まず。
話し方や人との接し方も追求してみればどうでしょう。
そんな勝間和代から僕も学びたいと思います。

伊東友香「寂しがりやのひとり好き」をご紹介。
詩人として活動されている彼女の著書です。


伊東友香
2004年11月 発売
寂しがりやのひとり好き
寂しがりやのひとり好き


伊東友香さんには随分前に写真を
提供して頂いたことがあります。

もう、5年近くも前になりますね。
あれから伊東友香さんは着実に実直に
自分の夢を掴んでいるのではないでしょうか。
ラジオのパーソナリティーやテレビに出演したり、
活躍の場が少しづつ増えています。


詩人・エッセイスト・歌手
様々な顔を持つ彼女ですが、才能豊かな
言葉の数々は枯れる事の無い泉の様です。

本書はエッセイであり、詩集です。
大人の女性の弱さや脆さを吐露しています。
せつない恋に想いを馳せたり、
男社会を生きる女性の気持ちを知れたり。
容姿端麗な彼女が放つ言葉の数々は、
”ロマンチック”が染み渡ります。

”メルヘンな日常”と”残酷な日常”を
繰り返す彼女の内心は常に揺らいでいます。
それは彼女だけが持つ感情ではないのでしょう。
ひょっとすると、女性の多くが持っている感情。
普遍的なテーマなのかもしれません。


孤独は人を強くします。
彼女は強い人間なのかもしれませんね。
僕はそう思います。

この間、ご存知NHKのトップランナーを観ていましたら、
アートディレクターの森本千絵って人が出ていました。
放送日は2009年1月26日の深夜だったかな。

アートディレクター 森本千絵


森本千絵、この人のアートセンスは勿論のこと、
人柄と信念に感化されました。
同年代の人間なのですが、凄すぎますね。
彼女が経験してきたことやその環境は、
僕がこれからエンジニアとして仕事をしていては、
何年経っても追いつけない境地にいるな。と思います。

彼女は学生時代に、とあることに気が付くのです。
パソコンの前で作品を作っているだけでは、良い物は生まれない!
もっと沢山の人の意思が入った作品を作らなくては…
そして、コミュニケーション能力が必要だと。。。
人と一緒に作品を作り、人を動かすことを学ばなくては!


森本千絵という人は博報堂のアートディレクターでした。
若くしてディレクターに抜擢され、活躍してきた人なのですが、
人を巻き込む力とか人との対話を最優先にしています。
広告という媒体を介してアートを表現しているのですが、
絶対に一人では出来ない仕事を成し遂げる力に満ち溢れています。


こういう人って、エンジニアには見かけないですね…


人から評価され揉まれて勝ち残ってきた感性と精神力。
人と人との関係性から生まれる仕事の大切さ知っている。


そんな気持ちを持った人はエンジニアには育ち難いのかも。
物作りという分野では同じなのに不思議ですね。
僕達が考え方や仕事のあり方を変えて行かない限りは、
森本千絵には勝てないと思います。悔しいですが…


僕はこの番組を見終わった後、
何となく自分の人生や仕事について考えました。
彼女が経験してきたこと、環境と考え方と結果と将来。
ずっと開いて行く気がします…
僕には圧倒的に機会がありません。


どうにかしなくては、僕も負けてはいられない。
この一週間はそんなことばかり考えていました。

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ