a talk: 検索結果

a talkでタグ「学業」が付けられているもの

2年生を半分終えまして

|

2年生を半分終えまして。
簡単にですが、半年に一度の振り返りをしてみたいと思います。

まず、1年生の前期後期を通してそこそこ良い成績を修めることができました。
給付型の奨学金に申し込める資格を得たので、4つ申請しました。
倍率が10倍程あると聞いていたので、当たればラッキーぐらいに思っていましたが、
やはり世の中そんなに甘くなく、一つも申請が通ることはありませんでした。


2年生になりましたが、本来2年生で取得するはずの授業が昼間にしかなく、
夕方から夜の時間帯のカリキュラムが3年生中心の授業が多かったです。
これは、学部が昼間と夕方夜間の授業カリキュラムを隔年で入れ替える為の様です。

この学部は本当にグループディスカッションやグループワークが多い。
週に3コマはそんな授業があり、新規事業の事業計画を考えてプレゼンしたり、
飲食店を他店舗展開する為の事業計画をプレゼンしたり、博物館経営を
実地調査して発表したりしました。

とにかくグループで同じ目標に向かって成果を出す難しさを感じたと同時に、
経営視点を常に意識した半年でした。


もう一方でキャリアカウンセリングや産業組織心理学など、
「人・モノ・金」の”人”にフューチャーした学問を徹底的に学びました。
組織行動や人の労働心理、キャリアカウンセリングを学ぶことは
これからの時代に働く者として必須の学問だと思います。


そして、会社の夏休みを利用して8月下旬の3日間に集中授業を受けました。
ファシリテーション論ということで、演習中心に朝から夕方までびっちりの内容でした。
NPO日本ファシリテーション協会副会長で学部の先輩でもある先生に
教わることができました。

ファシリテーションとは「促進」するということと、
会議やディスカッションの手法をみっちり教えて頂きました。
仕事における会議の弱点や人と人との関わり方の根本を見つけられた気がします。
ファシリテーション技術を学んだからには、今後に生かしたい。
学んだ内容を再整理して、職場にも役立てるように共有しようと思います。

良いファシリテーターになれるように、意識して自己訓練してみます。


9月中旬からは2年生の後期が始まります。
必修英語がこれで終わるので少し気が楽になるかもしれません。
英語は別途真剣に取り組みたいなと思っています。

下期とか後期とか呼び方はいろいろあれど。


10月に入り、季節も秋になり過ごしやすいんだけど、
なんかセンチメンタルな毎日です。

仕事面では下期に入り今期中にやっておきたいことを
なんとかあと半年でやり遂げなきゃですね。


学業的には後期に入りました。
どう考えても、身体がツライです…
前期は入学の勢いで乗り越えられましたが、
後期は要領良く過ごさないと、身体を壊すかもしれません。

そうすると、仕事にも影響を与えるのでセルフコントロールを
しっかりと考えようと思います。


前期の後半は疲れたら、QPコーワーゴールドαを飲んでしのぎましたが、
後期に入って早くも身体がツライのでQPを飲んでいます。
あんまり効かなくなってしまいました。。。


前期から論文やレポート、口答でのディスカッションを頻繁に
行っているので、後期に入ってみてとても成長していることを認識。
前期より短時間で要領よく書くことが出来ていると思う。
沢山本も読んでいますし、書評の方も時間を見つけて書きたいですな。


後期は講演などの話を聞く機会が多いので、楽しそうです。
インタビューとかも実践的にやってみますので、
ヒアリング能力とか今までの僕に無い力が付くかもしれません。

MOLESKINE モレスキンのストーリーボードを頂いた。
どうしたらいいんだ、これ…

MOLESKINE ストーリーボード


小さ目のノート。


MOLESKINE ストーリーボード


へミングウェイ、ピカソ、チャトウィンが愛用していた伝説的ノートブック。
それがモレスキン。


MOLESKINE ストーリーボード


1ページに二コマ分のページ。


MOLESKINE ストーリーボード


1ページに四コマ分のページ。


コマ分かれしたフレームのノートブック。前半40ページは1ページ2コマ、後半40ページは4コマ。広告やデザイン、映像製作などクリエイティブなストーリースケッチに。高級アート紙を採用しているので、アクリル画、インク画、ペン画にも対応できます。


少し前に入学祝いを兼ねてということで、このノートを渡された。
難題を浴びせられた気分だが、僕は友人に恵まれている。
こんな難題を与えてくれて、その解答までも楽しみにしていてくれる。
なんて嬉しいことでしょう。。。

ってことで、しばらくこのノートに何を記して何を残せばいいか?
そんなこと考えています。人に見せても楽しめるモノにしたいな。
迷走しそうな予感が漂っていますが、楽しみたいと思います。

ごぶさたしています。

この4月から学校に通っているわけなのです。
当初は入試のことや入試の勉強のことなどをBLOGに書いて、
誰かの役に立てる情報をアウトプットしようと考えていました。

そして、僕自身の学習記録の為にも週次で勉強したことの
概要をまとめて、BLOGに書こうと思ってました。


まあ、だけど、、、あれよあれよと一ヶ月が過ぎてしましたね。
胸の内を吐露するなら、仕事しながら学校へ行くのはキツイ…
想像以上にキツイ。ちょっと舐めていたかもしれません。


仕事そのものは主となる社会活動なわけですから、
もちろん手は一切抜けません。
学業の方はとても楽しいですね。だけど、課題が出たら精一杯。
復習はもっぱら電車の中、予習なんて物理的な時間がない。


6時に起床し、8時過ぎには出社。
18時までには退社して、学校へ行く。
学校から出るのがなんだかんだで22時頃。

家に帰ったら23時頃。
そして、軽く晩御飯を食べて風呂に入ると、
だいたい深夜0時を越える。。。


結局、仕事なり勉強なり、もっと時間を確保する必要のある時は、
睡眠時間から捻出する他、割ける時間がないってことですね。

で、週末は土曜日も朝から学校。
日曜日の夜ぐらいですかね、課題や予習に費やせるのは。


もう少し、余裕が出てきたら、日々の学習内容とかを、
BLOGに書いて残して行きたいなと思っています。
現状では無理かもしれませんけどね。


ちなみに、今の悩みどころはノートです。
どんなノートでどんな整理をして行こうかな。
プリントの整理はどうすれば良いのかな。

文房具と学習方法はとても難しい問題ですね。
しばらくは四苦八苦してみます。

今日は入学式に行ってきました。


人生は選択の連続なわけだけど、大抵の場合は、
自分で選択すらしていないことに気がつかされる。


「誰かに言われたからやる」とか、
「誰かがOKと言わないのでやれない」とか。


結局はその誰かの影響範囲の中でしか人は過ごせないわけだ。
逆をいうとその影響範囲内の中で誰かが望む結果を出せば、
必要とされる人間になれるということかもしれない。


僕はその誰かに人生を委ねることはできないと感じている。
自分が見ている世界と他人が見ている世界がニアイコールで
あるならまだいいが、そうではないことがうかがい知れる。

また、誰かに「こうしたい」とか「こうなりたい」と話したところで、
「そうしよう」とか「そうなるための環境を用意しよう」とかいった
前向きな状況に身を置かせてくれる周囲でない場合もある。


では僕達はどうしたらいいのだろうか?
それを知るための学業であるかもしれないし、
それを誰かに教えられることが出来ればもっと良い。


教育や人材マネジメントを主軸に学び、許されるなら、
マーケティングも少しは勉強してみたい。
働くことで社会参画している僕達が、働くことでの喜びを
享受できるように生き方の本質を見定められたらと思う。

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ