a talk: 検索結果

a talkでタグ「映画」が付けられているもの

映画「コクリコ坂から」を観てきた。
スタジオジブリの宮崎吾朗監督の最新作です。
感想でも書いてみます。


コクリコ坂から


1963年、東京オリンピックを前にした横浜が、ストーリーの舞台。
前半から、中盤にかけて、ずっと主人公の海と俊にまつわる学生生活や、
60年代の生活様式に焦点が当てられたシーンが続いた。

事前情報で、団塊の世代の人がとても懐かしく楽しんで観れる作品だと
いうことを聞いていたので、なるほど納得だった。
でも、前半から中盤にかけて、あまりにもそういったシーンばかりだったので、
間延びした感じでこの映画、大丈夫だろうか?と心配になった。


主人公の海や俊がを含めた学生がカルチェラタンの存続を掛けて、
討論し、行動を起こして行く。しっかりした若者像で描かれている為、
始めは大学生か?と思ったが、高校生の設定だった。
昔の人は今と10歳ぐらい精神年齢が違うということを聞くことがあるが、
このアニメで描かれている高校生の討論や言動は今の大学生でも
なかなか居ないかもしれない。

議論をし主張をし、自らの信念や活動を学問と共に展開して行ける
若者が今の時代には居るだろうか?
大きな時代の変化と良き日本像を垣間見たようなシーンが多かった。


中盤以降は海と俊の問題に焦点があたる。
正直、僕はこんな残酷で悲惨な恋愛のシーンがジブリアニメにあってよいのか?
と憤ったほどだ。「コクリコ坂から」はジブリアニメの中で一番嫌いなアニメに
なりそうだった。

ちなみに、僕がジブリアニメで一番嫌いなシーンは「魔女の宅急便」にある。
おばあちゃんが孫が好物だからといって、大切に焼いたニシンのパイを届ける。
それを受け取る孫が、「私このパイ嫌いなのよね」と言うシーン。
このシーンはあまりに残酷だけれど人間そのものを映し出す完璧なシーンだ。


そんな、シーンよりも海と俊の生い立ちと出会いは残酷ではないだろうか?
兄弟であるかもしれないことが分かった俊は海を避けるようになる。
「嫌いになったのなら、はっきりそう言って」と海は俊に言った。
こんなことが言える、海はある意味強い。

兄弟であるかもしれないことを告げられた海が寝込むシーンも、
とても精神的なリアルさがあるのではないだろうか?


この映画の凄さは60年代の情景描写でも時代背景でもない。
海と俊が持っているリアルな人間像。精神像なのかもしれない。


物語は終盤、ハッピーな形へと進んで行く。
ジブリアニメだから、ジブリアニメらしいスピード感と展開で、
観る者の心の変化、希望と共に終わりへと向かう。


僕は良い映画を観たと思った。良い大人のジブリアニメだった。
中盤から終盤のハッピーな展開はひょっとすると、まったく別の
結末があっても良いかもしれない。そんな結末も許せると思えた。

でも、ジブリアニメがジブリアニメらしく終わるなら、本編の通りだろう。


また、いつか「コクリコ坂から」をもう一度観たいな。

映画「ソーシャル・ネットワーク」を観てきた。
世界最大のSNS「Facebook」誕生の物語。
2011年1月15日(土)より全国ロードショー。


ソーシャル・ネットワーク


昨年、2010年の9月頃でしょうか、僕の大好きなアーティストである
Nine Inch NailsのTrent Reznorが「Trent Reznor And Atticus Ross」と
いう名義で自分のレーベルであるThe Null Corporationから音源を出しました。

その音源は「ソーシャル・ネットワーク」という映画のサントラであるということで、
少しづつ全容が見えてきたと思いきや、Facebookの創始者の物語だということが、
判明したわけです。


で、Facebookはやっていないので、あまりピンときてませんでしたが、
やっぱ、Trent Reznorが音楽で関わっているとなると観ないわけに行きません。
ちなみにこの「ソーシャル・ネットワーク」のサントラは5曲無料でDLできます。


ソーシャル・ネットワーク サウンドトラック


この映画が持つストーリーの目新しさというのは、
それほど斬新なモノでも何でもないです。
内容というのは、端的に言って単純なサクセスストーリ。

ただ、この映画がもつテンポ感であったりカルチャーであったりが、
観る者を案外、魅了して行きます。
僕自身がネットサービスに従事する人間であるから、理解できる部分と
ITエンジニアである部分を差し引いても一定の面白さがあったと思います。


というのは、この映画で描いているサクセスストーリーは、
これまでの映画が描いている素材が違うわけです。
素材が違うというのはどういうことか?

それはエンジニアが主導でエンジニア目線で描かれている所です。
ビジネスサイドや資金供給サイド側のお話ではないということ。


また、この映画に出てくるFacebookやナップスターの創業理由と
いうのも時代を象徴する出来事だと思うのです。


 <彼女にフラれた→見返してやりたい>
 <ネットサービスを作って→女にモテたい>
 <創造主になり大金を手にしたい>


どういうことかというと。
その昔であれば、これらの動機って芸能人とか俳優、
ミュージシャンが持っている動機として知られていたので、
これまでは芸術的な物に携わる人間のサクセスストーリーって、
そういった人を主人公にした映画が多く作られてきたと思います。
モテたいからギターを持ってバンドを始めるとかそういうのね。


それが、モテたいからネットサービスを作るとか、
お金が欲しいからネットサービスを作るとか、
特にエンジニアが主体となって創造してサクセスして行く
ストーリーってのがこれまでは無かったんじゃなないでしょうか?
ひょっとしたら、小説などではあったかもしれませんが、
ここまで焦点を当てた作品が成り立つのも、エンジニアが発案した
サービスが世界を席巻するという、現代だからかもしれません。


丁度、今学校で、「クリエイティブクラス」だとか、
「クリエイティブ・インダストリー」だとかの勉強をした所ですので、
余計に感慨深く映画を観ていました。
ちなみに、「クリエイティブ・クラス」という言葉の概念は共感できます。
興味のある人は以下の書籍を読んでみると良いでしょう。


クリエイティブ・クラスの世紀
クリエイティブ・クラスの世紀


[第11回 「クリエイティブ・クラス」~21世紀の企業に求められる人材像]

「クリエイティブ・クラス」とは何か
今年の4月、日本で「クリエイティブ・クラスの世紀」(参考文献*1)という本が出版されて注目されている(米国で2005年に出版された原書の日本語訳である)。著者で米国ジョージ・メイソン大学公共政策大学院のリチャード・フロリダ教授(専門は地域経済開発論)の主張は、以下のように要約できる。


1.建築家、美術専門家、エンジニア、科学者、芸術家、作家、上級管理職、プランナー、アナリスト、医師、金融・法律の専門家など、高度にクリエイティブな職に就いている人を「クリエイティブ・クラス」と呼ぶことにする。「クリエイティブ・クラス」に属する人の数はめざましく増えており、米国では、労働者全体の約30%に達している。他の先進工業国でも同様の傾向である。


2.「クリエイティブ・クラス」は今後の経済成長を牽引するものであり、国家間、都市間、企業間で世界的に「クリエイティブ・クラス」の獲得競争が展開されている。


3.「クリエイティブ・クラス」の概念はエリート主義ではない。すべての人間はクリエイティブであり、労働者のうちの誰が自分の持っているクリエイティビティを利用して報われているのか、あるいは報われていないのかを明らかにするためにふさわしい概念として「クリエイティブ・クラス」を選んだのだ。私たちの社会は、人間のクリエイティビティを部分的にしか活用できていないし、現時点で「クリエイティブ・クラス」を構成する幸運な30%の労働力のやる気を引き出すことにも成功しているとはいえない。これは今後の大きな課題である。


『クリエイティブ・クラスの世紀』が提唱する内容は以下の四つ。
※参考:キャリアデザイン学入門Ⅱ(文化)荒川氏 講義内容

①人が誰しも持っている能力=創造性(自己実現ができる能力)。 学歴や職種ではなく、「何をやっているか」が重要。 仕事に対する喜びや自負を持つ(内発的な報酬)


②新しいアイデアやコンテンツ、技術やビジネスなどの創造に携わる
(科学者、エンジニア、教育者、アーティスト、エンターティナー、ビジネス、法律、金融、医療、等)。
~従来のホワイトカラー/ブルーカラーに代わる職業分類


③三つのT(才能talent、技術technology、寛容tolerance)
→クリエイティブ経済の発展に繋がる。


④クリエイティブ・クラスの特性:クリエイティブな都市や
ライフスタイルを好む(潜在力を活性化)。移動性が大きい、等。


「ソーシャル・ネットワーク」という映画が成立するのも、
それに登場するFacebookというリアルなツールが存在しているのも、
情報産業の更なる成長と経済活動に従事する者のパラダイムの変化を示唆
しているのかなと思うわけです。


ちょっと感慨深くないですか?

映画「サヨナライツカ」を観ました。
中山美穂が12年ぶりの主演ということで話題です。

サヨナライツカ 中山美穂


なんとなく、テレビCMの影響だろうか。
この「サヨナライツカ」が気になって仕方が無かった。
いつもの映画館で一番良い席で鑑賞した。


前半はとても話が強引すぎたので、ハズレかな?
と思ったけど、中盤から後半にかけての話の展開で、
僕は「サヨナライツカ」の世界にドップリ嵌り込んだ。

映画を酷評されている方がとても多い気持ちも分からなくない。
原作を読んでいる人は大事なシーンが抜けていると言い、
まっすぐで誠実な人はこの恋愛に共感はしない。


僕は、この映画をみていて、きっとこのシーンは原作では、
補足されている事実があるのだろうな。とか、登場人物の
説明されていない背景がある程度想像できたので、
感情移入ができたのかもしれない。


男目線で作られている映画である以上、都合が良い話だ。
だけど、良い話だし、良い映画だと思う。
25年経っても会いたいと思える関係ってなんだろう?
今を一緒に生きることだけが愛の形ではない。
違う未来を歩んだその先に交わる想いがあるのなら、
それも愛の形なのではないだろうか?


そんな、とても切ないロマンチック溢れる想い。
時間を越えた愛の世界を感じられます。
ちなみに、中山美穂の濡れ場は大したことが無いです。
むしろ、西島秀俊の肉体美の方が僕はクラクラしました。
筋トレしようかな。そんな感じです。


この映画、是非、観に行って欲しいですね。
僕は二度と観ないと思いますけど。

マイケルジャクソン「THIS IS IT」を観てきた。
映画でマイケルジャクソンの最後の勇姿を確認したい。

マイケルジャクソン THIS IS IT


マイケルジャクソンの音楽は鼓動と何か関係性があるのだろうか?
心拍数とリズムが上手くシンクロして体の芯から踊りたくなる。
こういうの理屈じゃないよ。と思いたいが、きっと理屈なんだろう。
マイケルジャクソンは頭の奥に鳴っている音を忠実に再現しようとし、
体に刻まれているリズムを表現することに情熱を燃やしている。

彼は、「KING OF POP」と呼ばれているが、この映画はその由来を
感じること、確認するのに十分過ぎる程情報が詰まっていた。


僕はマイケルジャクソンを多く語れる程の知識が無い為、
その辺はファンの方にお任せすることにして、素直な感想を
書いてみたいと思います。


エンターテインメントの世界に賭する人間の熱き想いや、
情熱を感じる作品であることはもちろんだけど。
僕は「THIS IS IT」の序盤を観ている時から自分が恥ずかしくなった。
ここまで本気で、物事を作り上げる時に情熱を燃やせているだろうか。
マイケルジャクソンを取り巻く人々は皆、プロフェッショナルで、
とても緊張感ある仕事の中に己を賭している。
僕達だって、日々の暮らしの中で仕事や趣味や恋愛の中で、
これ程までに自己を高めることが出来ているだろうか?


そして、マイケルジャクソン本人はストイックなだけでは無い。
彼ほどセルフプロデュースが完璧な人間も居ないんじゃないか?
と思わせるぐらいに、自分の表現に対する客観性を持っている。
要するにどうすれば、自分を格好良く見せることができるのか、
それを自分自身が一番知っているということ。

だから、他のアーティストとのコミュニケーションがブレない。
ブレないから、周りに納得行くまで説明する。
意識が合わない場合は自分の説明が悪いかの様に、
一生懸命、言葉やしぐさを変えて意識を刷り合わせて行く。


こういう姿勢に僕は仕事上のマネージメント有り方を考えた。
きっとマイケルジャクソンは形の無い物を形にしてきた過程で、
何が伝わり、何が伝わってないのか、即座に判断できるのだろう。
コミュニケーションのあり方としてこの映画は勉強になる。

また、ケニーオルテガ監督は、負けじと素晴らしい人間だと思った。
マイケルを気遣い、マイケルを引き出し、マイケルを守る姿勢。
人をマネージメントし、プロデュースすることは導くことなのでは?
と思えるぐらい、マイケルジャクソンを上手に導いている。


そんなマイケル達の姿勢を観て、思う所が他にもあった。
マイケルジャクソンは死ぬ直前までの彼自身を取り巻く状況、
風評にかなり悩んでいても可笑しくはないよね?
自分を知り、人に自分を見せて行ける人間は人に何かを
言われたりすることが苦痛なはずだ。

マイケルジャクソンはコンプレックスの塊が生きていた様な人。
僕は勝手にそう思っていますが、遠くは外れていないでしょう。
自分を悩み、自分に苦しみ、自分を愛し、人に伝えたかった。
どんなに成功を収めても、満たされなることのないモノを抱えて、
コンプレックスの解消と芸術への取り組みに一生を費やした。

僕達は「THIS IS IT」を観ることで彼の真意を探ることが出来る。
内面の脆さや外見の変化などは忘れてしまうほどの芸術への
取り組み方に平伏するだろう。それが彼の答えなんだ。
是非、DVDとかじゃなくて、映画館で観て欲しい。
大音量で、彼が作り出す世界を堪能して欲しい。
僕はそう思います。


それにしても、バックバンドの女性ギタリストが格好良い。
彼女の名前は「Orianthi(オリアンティ)」という。
この手のギタリストってリードを弾かせれば上手なんだけど、
カッティングを弾いた時に躍動感が無かったりする。
だけど、Orianthiはどちらも上手いのです。

この容姿が抜群で、セクシーな女性ギタリストは注目です。


で、ここからは余談です。
僕がマイケルジャクソンの音楽にちゃんと触れたのは、
1995年だと思う、ジャネットと二人でSCREAMという曲を出した。
このPVがとても近代的なモノで、音楽も時代に合っていた。
初めて買った洋楽のCDはジャネットのRHYTHM NATIONだが、
マイケルジャクソンの曲はちゃんと手にしたことが無かった。
当時、東京の深夜番組は音楽で溢れていて、
音楽バブルの時代とも言える。
そんなテレビ番組からは、マイケルも溢れていた。

僕はこの時、マイケルジャクソンのベストアルバムを買う。


マイケルジャクソン
1995年6月20日 発売
HISTORY
HISTORY


マイケルジャクソンの表面を知るのには十分なアルバムです。
興味のある方は入門としてお薦めしますね。
あと、「We are The World」のメイキングビデオを観て欲しいな。
シンディーローパーが全部美味しい所を持っていった挙句。
最後にマイケルジャクソンが締めるといった傑作です。

映画「GOEMON」がとても面白い

|

映画「GOEMON」がとても面白い。
ガツンと来ました。良い映画ですね!!

感想でも書いてみたいと思います。

GOEMON


「GOEMON」の監督と言えば、あの紀里谷監督の作品です。
前作の「CASSHERN」はその世界観とマニアックさとメッセージ性に、
うな垂れてしまう程に感動し、DVDも買いました。
「CASSHERN」はこれでもかってぐらいにメッセージが盛り込まれていて、
そこまで全部盛り込まなくても、違う作品にしてそれは伝えれば?
って思うこともありましたが…、僕は紀里谷監督のカタルシスが、
とても心に染みる体質みたいです。。。

そんな紀里谷監督が「GOEMON」を完成させたわけです。
前評判など一切の予備知識を入れずに映画館に行った。


「GOEMON」のCGは前作よりもビビッドですね。
目が慣れるまでは、おもちゃの様でした。
演出はアニメ的であり、ゲーム的な映像感だと思います。
ただ、次第にこの作品が持つテーマや人間模様に引き込まれます。
戦うということ、身を守るということ、宿命や友情。嫉妬や謀略。
江口洋介が演じる五右衛門を中心に様々なテーマを描いています。

今回の「GOEMON」も伝えたい事をそんなに全部盛り込むの?
っていう程にメッセージが詰まっていますが、
不思議と押し付けがましい事もなく、さらりと物語が胸に入ります。


あえて、言うなら最後の山場ですかね。
これぞ紀里谷監督の演出!って感じのシーンがあります。
五右衛門がクドく押し付けがましい演出です。
でも、あれはあれ以外には演出方法はないでしょうね。
伝える為にワザとあんな方法を取っているのでしょう。
凄く良いです。グイグイ心に入ってきました。

そして、以外だったのが最後のエンドロールの曲でした。
この映画の余韻を引きづりながら、聴こえて来た曲。
「Violet UK」ってYOSHIKIプロデュースですよね。
この映画の最後に相応しい良い曲でした。


僕は映画館を後にし、考え事ばかりしています。
何が残せるだろうか?、何を伝えられるだろうか?
紀里谷監督の「GOEMON」を是非みなさんも観て欲しい。
もしよければ、まずは「CASSHERN」を観てから、
「GOEMON」を観に行って欲しい。

そこには普遍的なテーマと紀里谷監督のメッセージが、
沢山詰まっています。


CASSHERN
2004年10月23日 発売
みんなアニメが好きだった
CASSHERN

映画「レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐」を観てきた。
ネットで事前予約して映画館に行くのが楽しいです。

レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐


先週テレビで「レッドクリフ PartⅠ」」を観ました。
これから、赤壁の戦い!って所で、終わってるもんだから…
気になって続きを観に行きましたよ。

レッドクリフ PartⅡ ‐未来への最終決戦‐

丁度、赤壁の戦いから始まります。


僕は三国志の予備知識が殆どなかったので、
三国志を知ってる人のこの映画の賛否は良く解りません。
ただ、この映画は二部作で上手く纏まっていると思いました。
戦いのシーンはそれなりにダイナミックですし、
ジョン・ウー監督ならではの映像感というのを感じますね。

三国志に少し興味を持ちました。
少しづつ勉強してみたいなと思います。


なんか、大した感想を書けないでいますが…
その訳を考えていました。
その理由が解った気がします。。。

この映画、「レッドクリフ PartⅠ」「レッドクリフ PartⅡ」共にですね。
リン・チーリンていう、女優の妖艶さに全部持って行かれてます。
どんな迫力のあるシーンも知力溢れる奇策も、リン・チーリンが登場で、
ぐっと、画面がエロスになるっていうか…
こんな女優が出てくるんですね。ビックリです。

ある意味、台無しにしていると言うべきかもしれませんが、
リン・チーリンが演じる小喬を観るだけでも価値があります。


こういう顔、タイプじゃなかったけど、ハマりました。
日本人でいうと、、、葉月里緒菜っぽいですかね。
とにかく、エロスですよ。エロス。

映画「クローズ ZEROII」を観てきた。
大人になってもヤンキー映画ですか?

クローズ ZEROII


少し前ですが、テレビで「クローズ ZERO」を観ました。
文句無しに面白い作品だったので、続編に期待していた。
今日、その続編「クローズ ZEROII」が公開ってことで、
映画館に行きましたよ。

公開初日ってこともあり、座席は満席です。
何故、この時代にヤンキー映画ブームなのだろうか?
クローズ以外にも流行っている気配ありですよね。


こういう風潮って絶対良くないと思うんですけど、
観客を動員できるから、流行るんでしょうね。
観客が動員できる理由の中にも色々あると思いますが、
一つは「置いてきた青春」ってやつですかね。
昔やんちゃしてた世代の人が観て、懐かしむパターン。
もう一つは、「ミーハー気分」ですかね。
小栗旬や山田孝之など役者目当てのパターン。
あと一つ考えられるのは、「感じる熱い想い」ですかね。
この映画に失われた何かを感じるパターン。


僕はこの映画は人生や世の中その物だと感じました。
鈴蘭男子高校が持つ個の性質は会社や地域内にも存在し、
時に、一丸となって目標に向かう事を困難にしていたりもします。
また、小栗旬が演じるそのリーダー像も悩み苦しみながら、
人をまとめることの課題を投げかけている気もします。

一方、「クローズ ZEROII」で登場する鳳仙学園は、
統制の取れた集団で、一枚岩です。
そのリーダー像っていうのも明確に映し出されています。
また、この映画は人の慈悲っていうのもテーマかもしれません。
許したり、受け入れたりすることが強く描かれています。


大人が観て楽しめる映画であることは間違いないですね。
だから、大人には観て欲しいと思いますけど、、、
やっぱり、子供は観るべきじゃないと思います。

子供って影響されやすいですよ。時代は繰り返すと言いますが…
こういう作品に影響されて、人生を変えてします子供も居るでしょう。
子供って表面的な強さとかカッコ良さに憧れますよね。
この作品が持つ本当の良さは裏に隠れているとしたら、
表面にある暴力的な男の威勢って物に憧れてしまうかもしれません。


僕らの世代はこういうの沢山あったから、ダメですね。
できれば、こういうのは流行らない方が良い。
この映画は大人が楽しんでください。


ちなみに、「クローズ ZEROII」はイマイチでした。
やっぱ、初回作のインパクトには敵いませんよ。
岸谷五郎の役回りは「クローズ ZEROII」が良いですけどね。

「容疑者Xの献身」を観てきました。
特に前評判とか聞いてなかったので、
フラットな気持ちで映画を鑑賞しました。

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身


「容疑者Xの献身」は福山雅治ファンの僕しては、
一応、チェックを入れておきたい映画。
公開から随分経ちましたので、空いてるかな?
ってことで、映画館に行きました。

僕は福山雅治ファンだけど、役者をやる福山雅治は、
好きじゃなかったりする。だって、上手じゃないでしょ?
何か表情が固かったり、素人目で見てもちょっと…
だから、「役者:福山雅治」には興味はないのです。


フジテレビで放送していた「ガリレオ」も毎週観ていましたが、
やはり、「役者:福山雅治」はその作品の良さを生かしきれてない。
そして、「ガリレオ」自体も中途半端な立ち位置の作品だなぁ…
シリアスな感じでミステリーっぽい方向性の方が良かったと思う。
どっちかって言うと、少し緩い感じのドラマだったでしょ?
かと言って、古畑任三郎ほど手が込んでいるわけでもないし、
踊る大走査線ほど、感動を呼べる作品でもない。

そんな印象を「ガリレオ」を観て感じていました。
東野圭吾さんの原作を読んでいたわけじゃないので、
余計にドラマ「ガリレオ」の中途半端さだけが残った形だった。


しかし、今回、この「容疑者Xの献身」を観てその思いは消えた。
この「容疑者Xの献身」は物語のアプローチが違うと思う。
音楽で例えるなら、「ガリレオ」は長調(メジャー調)で、
「容疑者Xの献身」は短調(マイナー調)な気がする。

スクリーンを通しての感覚なので、テレビのそれとは、
若干印象も違うのだろうけど、明らかにシリアスな作りになっている。
福山雅治の演技力が増しているのもそうだが、ストーリーが良い。
そして何よりも、堤真一の迫真の演技に引き込まれて行く。
物語は堤真一を中心に進み、松雪泰子と共に展開して広がる。

いわば、福山雅治は堤真一を手助けする脇役の様なものかもしれない。


だからといって、堤真一の映画か?と言えば、
そうでも無い様な気がする。
福山雅治だとか、柴崎コウだとか堤真一だとか、松雪泰子だとか。
そういったキャストの存在を気にしないで、
フラットな気持ちで観て欲しい映画かもしれない。

とても良い、素晴らしい映画だと思いました。

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ