a talk: 検索結果

a talkでタグ「DTM」が付けられているもの

ZOOM「R16」が万能すぎて素敵です。
MTRことマルチトラックレコーダーの正統な進化です。

ZOOM ズーム モバイル スタジオ R16 <br />
ZOOM ズーム モバイル スタジオ R16


DTM市場って裾野は広がってきたと思うのですが、
機器の進化は絶えています。新しい顧客のニーズがあるわけでも、
革新的な技術進化があるわけでもない。
そんな暗黒の時代がここ数年続いているDTM業界ですが、
これは顧客のニーズにバッチリ合うのではないでしょうか?

そもそも、MTR自体がDAWに飲み込まれて、各社ろくな商品を
作ってこなかったのが現実です。そこへこの「R16」が登場です!!
良いですよ、コンセプトも技術も”今”の顧客のニーズにあっています。

まず、以下が注目すべき良い点ですね。


・SD/SDHCカードを採用
・量子化ビット数:24bit
・サンプリング周波数:88.2kHzに対応
・WAVファイルで録音可能
・USB2.0でPCと接続可能
・DAWのコントロール・サーフェス機能を搭載
・コンパクト、軽量。とくに電源が小さい
・電池駆動可能


これだけ、書いてると、ここ数年の技術を寄せ集めただけです。
でもそれが良いんですよ。こんなあたり前の進化を遂げた商品が、
ZOOMからしか出ていないこのDTM市場に問題があります。

ニーズを掘り起こすっていうのはこういうことだと思いました。

僕は10年近く前に買ったKORGのD12を使っていますが、
久々に「R16」なら買い換えてみたい。


商品を買ったわけじゃないので、使用感などわかりません。
これから購入した人のブログなど見て考えたいと思います。

欲を言えば、ケーブル類は前から挿したいかな。
背面にジャック穴があるとケーブル類がかさばって面倒です。
これも、デザイン的なものを考えたら仕方ないですね。
しばらく、お金を貯めて様子見です。

BOSE「around-ear headphones」を買った。
いわゆる、TriPortって製品ですね。


BOSE around-ear headphones
BOSE around-ear headphones


BOSEの製品って単純に音楽を楽しめる音作りになっていて、
ある意味、聴き疲れが起こし難い印象があります。
ピュアオーディオ的なフラットな音作りのヘッドフォンだと、
耳が疲れてしまうので、遊びはあって良いと思います。

ずっと前から、聴き専用にこのヘッドフォンが欲しくて、
我慢していたのですが、ポイント使って購入できました。
それにしてもトライポートて商品名から変わったのかな?
コンセプトや形は変わって無いみたいだけどね。


しばらく、エージングした後、このヘッドフォンの特徴である
シッカリとした音の分離と、定位感を楽しみたいと思います。

KORG「nanoKEY」を買ってみた

|

KORG「nanoKEY」を買ってみた。
このキーボードはグットコンセプトですね。

KORG nanoKEY
KORG nanoKEY


結局、僕みたいにステップ入力中心の人間で、
鍵盤はまともに弾けないタイプのDTM好きはこれですよ。
ちょっと頑張って鍵盤買っても弾けないから使わない。

和音の響きとか、音色の確認は鍵盤を押したいので、
こういった小さいキーボードで十分です。
nanoKEYの売りは小さいのにベロシティーに対応なところ。
機能面が充実していて、この小ささは感動ですよ。

一つだけ注意点とすれば、USBケーブルが入ってないので、
予め用意しておく必要がありますね。

と思ったら、箱の反対側に入ってた、見つけ難いじゃないか。


まあ、オモチャです。オモチャ。

USBマイクプリアンプ「MicPort Pro」が発売!
「MicPort Pro」でコンデンサマイクが直接USBで、
PCに繋ぐ事が出来ます。

CENTRANCE Micport Pro
CENTRANCE Micport Pro


マイクを「MicPort Pro」に差し込んで、
USB経由で直接PCへ接続!!
48Vファンタム電源も供給できるってことで、
コンデンサマイクにも対応することが出来ます。
ヘッドフォン端子も付いていますし、重宝しそうですね。

オーディオインタフェースやマイクプリアンプなど、
持ち運ばなくても良いので便利だなぁ…
値段は¥29,900ですね。。。
現在マイクプリアンプを持って無い人は、
購入を検討するに値するんじゃないでしょうか。


商品の詳細はフジケンこと藤本健さんが
記事を書かれていますので参考になります。

コンデンサマイクを直接USBに接続する

M-AUDIO「ProFire 610」を発表!

|

M-AUDIO「ProFire 610」を発表!
いやー、待ってました。ProFire 610ですかぁ。
FireWire 410の後継機種となる位置付けですかね。

M-AUDIO ProFire 610


まともなオーディオインタフェースを持っていないので、
数ヶ月前にFireWire 410を買おうと思ったら、販売終了とのこと…
何やら怪しい動きだなと思い、M-AUDIOのサポートに電話をしてみた。
その時は、「特に後継機の話は出ていない。」
とのことで、Fast Track Ultraが後継機的な扱いになります。。。
みたいなことを言われてしまった。

USB2.0で一本化?いや、そんなわけねーだろっ。
ってことで、次の動きをずっと待っていましたよ。
そしたら、やっぱ出たじゃん。後継機。
まだ、日本語サイトには載ってないな。


ProFire 610は光接続のOPTICAL端子が無くなったのね…
なぜ、USB2.0製品じゃなくて、FireWire製品を欲しがるのか?
それはですね。一般的にUSB2.0よりCPU負荷が少ないことと、
やっぱり、バスパワーで動くからですかね。
6ピン同士で接続した場合、ACアダプターが不要なのです。
DTP製品に囲まれて、ACアダプターが一つでも減らせたら、
有難いし、スマートな環境を構築できますよね。

それに、FireWire 410は音質の評判が良くロングセラーでした。
確か発表されたのは2003年でしたっけ?
とにかく、長く皆さんに愛された商品ってことになります。


ここらで、その後継機?とも言える。次世代機に興味津々です。
少しお値段が下がった頃。検討したいと思います。

新しい自宅スタジオの環境を強化中。
僕は鍵盤楽器が上手く弾けないので、
32鍵のPCR-300が丁度良いかも。

ROLAND PCR-300


ってことで、
MIDIキーボードにPCR-300を買った。
少しだけパラメーター類を弄ってみたけど、
なんだか難しいなぁ...
マニュアル読めよ!ってことかな。
DAWがSONARだと簡単なはずでしょ?
音を出すのは簡単だったけど、
MIDIコントローラーとしての設定は難しい。

フェーダーを動かすとDAW上のフェーダーも
動いてくれるので、MIXの時とか良いかもね。
このPCR-300のフェーダーやツマミ類は、
ボチボチ重厚な作りで重みもあります。
鍵盤はROLAND特有のあの質感だけどね。


あと、PCR-300を買ったら、
Cakewalk Production Plus Pack
なるモノがおまけで付いてきた。
これからDTMやる人にとっては良いね。
SONAR6 LEとD-PRO LEがあれば、
ロックからテクノまで幅広く対応できそう。


早速だけど、評判の良いD-PROの廉価版
D-PRO LEをインストールしてみた。

なははぁ...

D-PROが欲しくなっちゃったよ。
マルチアウトができないんだけど、
あの値段でこの音なら充分かも。
ソフト音源への投資も考えよう。

今年はDTM環境にお金を使いたい。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Profile


音楽、ファッション、写真、Web、日記など気になることを書いています。

arikawa.com
Twitter

Googleアドセンス

アーカイブ